日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › Archive - 2005年11月
2005-11-21 (Mon)

ローゼンメイデントロイメント #3

ローゼンメイデントロイメント #3

金糸雀が初登場するギャグ回でした。おもしろいお話だとは思うのですが、笑いだけで終わったような印象が強くて、どうしてこんなお話が必要だったのか今ひとつ割り切れない気持ちも残りました。雛苺と翠星石というギャグキャラ2人がいるのに、さらにその上金糸雀を登場させなくてはならない必然性が今ひとつわかりませんでした。(原作があるので、その通りに登場させただけかもしれませんが)そういう印象が強かったせいか、最後...

… 続きを読む

2005-11-21 (Mon)

BLACK CAT #4

BLACK CAT #4

トレインによるイヴ抹殺とスヴェンによるイヴ救出の争いでした。サヤが原作よりも前面に出ているから仕方ないんだけど、トレインが笑わせてくれないキャラになっているのがどうしても気になるんですよね。原作だと、トレイン、スヴェン、イヴの3人の中では、トレインが一番ギャグキャラだった印象があるし。もう1つ気になったのが、イヴのトランス能力。原作では、兵器として生まれたてでトランス能力もそんなに高くなかったので...

… 続きを読む

2005-11-21 (Mon)

絶対少年 #26

絶対少年 #26

すがすがしい最終回でした。マテリアル・フェアリーとは何だったのか、登場人物のその後はどうなってゆくのか、何も描かれることはありませんでしたが、明日も元気に生きてゆこうっていう元気をもらえる作品だったと思います。歩と須河原、希紗と成基、理絵子とまっきー、三者の会話が交錯する脚本・演出が素晴らしかったです。それぞれがそれぞれに自分なりの真実ややりたいことや価値観があって、これこそまさに世界だよねと思い...

… 続きを読む

* by こ~ど
>バラバラだけど1つ。矛盾しているんだけど、そんな感じ。
 ピシっと適確にまとめられて、すごいなぁ……横溝さんは。自分の場合は、うまくまとめられなくて(;´∀`)
 どうしても長くなっちゃう…。
>個々の人間の違いなんてあるけどないから大丈夫。
 そうですね。そんなものなんでしょうね。ううむ、うまい言い回しだ。
>この喪失はどこで埋めたらいいのかなあ
 「絶対少年」と同じ世界観でなくてもいいから、同じスタッフの方で違う作品を見てみたいですね。

* by 横溝ルパン
こんばんは。コメントありがとうございます。
たいへんな誤解です。風邪をひいてて長い記事を書けなかっただけなんです。(^^;
最終回の内容が難解だったので、見終わった後は頭の中で、光は粒子と波と2つの性質を同時に持っているとか、訳のわからない記憶が飛び交ってました。
パンダが回転すると白になるのか、黒になるのかとか、また訳のわからない疑問が浮かんでしまいました。
風邪を引くと、妙にハイテンションな横溝ルパンでした。

Comment-close▲

2005-11-21 (Mon)

シュガシュガルーン #21

シュガシュガルーン #21

性懲りもなく魔界通販で他人の夢に入り込むことができるティーカップを買ったショコラが、ハート集めをするためにいろんな人の夢の中に入り込むお話でした。前半は軽いノリだったので、肩肘張らずに気軽に楽しむことが出来ました。しかし、シュガーとバニラ、前回魔法を使ったところを女の子に見られてさんざん苦労したのに、いきなり学校のど真ん中に魔法でオープンカフェを開いてしまうなんて。(^^; 少しは前回の教訓を生かして...

… 続きを読む

2005-11-21 (Mon)

雪の女王 #26

雪の女王 #26

風邪気味でダウンしてしまい、不覚にも雪の女王の感想を書けませんでした。ようやく見ることができたら、ゲルダもラギも熱を出して倒れていて、自分がいかにこの作品と相性がいいかわかりました。(^^;今回はホルガー伝説ということで、白狼のホルガーの過去が描かれるのかなあと思ったら、ホルガーというのは元はゲルダたちの世界の神話の英雄でした。普段は地面を支えているけれど、地上で戦いが起こると戦いに加勢するのですが、...

… 続きを読む