日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › Archive - 2005年11月
2005-11-03 (Thu)

蟲師 #2

蟲師 #2

前半は光と闇の表現が凄かったです。闇の方は一見手抜きにも見えるんですが、そこで暗さを表現しているので、その後の外の風景や光の明るさが際だっていたと思います。音の演出も良かったです。BGMなしの場面が意外なくらいたくさんあって、静けさが作品の中から漂い出ている感じでした。BGMがあっても、他の作品と比べると抑え気味で雰囲気を盛り上げていたと思います。後半は、ギンコが登場して不思議さや不気味さが目立っていた...

… 続きを読む

* by みやびん
こんにちわ。みやびんです。
>BGMなしの場面が意外なくらいたくさんあって、静けさが作品の中から漂い出ている感じでした。
私もそう思いました!BGMを入れないことで、これほど雰囲気を作れるなんて!と感動しました。この作品は、ホントに演出が上手いです。物語の後ろにちゃんとスタッフの努力が見られる作品は大好きです!

* by 竹花
TBさせてもらいます。私は夜に見て怖さ倍増でした。目が悪かったことがあり、隣に寝ていた人が目の摘出手術をしたりしたのでリアリティがありました。

* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。
わ~。これを夜見たんじゃ本当に怖かっただろうなあと思います。おまけに目の摘出手術に近いところにいたなんて、今回の話はリアリティありすぎですね。(^^;
独特の雰囲気がいい作品なので、あまりグロ路線にいかないといいなあと思います。

Comment-close▲

2005-11-03 (Thu)

IGPX #4

IGPX #4

この作品、まじめに見ていると何だか腹が立つんですが、ネタアニメと割り切ってみればそれなりに見られるかも。今回は、エイミーの誕生日ネタでした。IGPXなんてやっているけど、エイミーはお嬢様で天才少女でした。よく両親がIGPXなんてやることを許したなあ。エイミーの飼い猫ルカですが、エイミーは本当に猫と話をすることができるのでしょうか。家の猫も時々エサが欲しいと寝ている人間を起こしに来ることがありますが、エイミ...

… 続きを読む

2005-11-03 (Thu)

節約生活のススメ/山崎えり子

節約生活のススメ/山崎えり子

辰巳渚さんの「捨てる技術」を読んで以来、節約生活やシンプルライフの本を読むのにはまっています。この本の著者は、ドイツでの生活から生活改善のヒントを得ているようです。女性が作者なので、家事についての記述が多いですが、いろいろと参考になりました。この本で特に印象に残ったのは、酢には本当にいろいろな活用方法があるんだなあでした。私の読んだのは、文庫版ですが巻末に酢を活用したテクニックがたくさん紹介されて...

… 続きを読む

* by さいた
書籍は溜まると重量が凄い事になりますよね。僕も昔は手塚治虫先生の単行本を400冊まで揃えた事もありましたが、それ以降はよほど気に入った作品(又は絵の資料)以外の単行本は買わないようにしています。
映画やアニメのDVDも、100枚を超した段階で頭打ちです。本棚に入らないんですよね。新しい作品を購入するには、横溝ルパンさんと同じように、もう見ないであろう作品を売るしかなさそうです。
僕は不要なものが部屋にあるのが苦手なタイプなので、10年間使用しなかったものは、ガンガン捨てるようにしています。なぜか10年が目安なのです!(笑

* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。
私の場合は、マンガの他にSF、推理小説などもあったので古本屋に売るときにも苦労しました。
後で気がついたのですが、本がよほど重かったのか部屋の扉の立て付けまで悪くなってました。(^^;
アニメのDVDも知らないうちに結構たまりますよね。愛着のある作品以外は、レンタル店で借りられるものは手放そうかと思っています。

Comment-close▲

2005-11-03 (Thu)

アイシールド21 #31

アイシールド21 #31

デスマーチ開始。どんな地獄の特訓が始まるのかと思いきや、意外と地味な練習でした。でも、40日で2000kmを走破するなんて、本当に出来るのかなあ。今回のメインは、王城の進でした。今まで渋いキャラだと思っていたのですが、初めて見せる進のボケに大笑いしてしまいました。王城の監督のGPSネタも良かったし、イノシシと格闘した進がイノシシを食べていて遭難したことに気づいたのかと思ったら、肉ばかりだと栄養バランスが偏る...

… 続きを読む

2005-11-03 (Thu)

ノエイン #4

ノエイン #4

カラスたちに狙われていることを知ったハルカ。倉庫の中で取り囲まれて、このままカラスたちの世界に連れて行かれてしまうのかと思ったら、新たなる勢力が登場しました。カラスたちは、その者をシャングリラ、ノエインと呼んでいました。第3の勢力の登場により、物語が俄然おもしろくなってきました。今回のお話のメインは、ハルカとアイの友情でした。アイが藤原を好きだと知らなかったハルカは、些細なことがきっかけでアイとの...

… 続きを読む

* by さいた
こんにちは。
僕も「ノエイン」を見ています。
カラスの台詞、「お前は俺だ!」にハマってます(笑
日常と非日常を上手く描いている作品だと思います。
難点は作画が統一されてない事ですね。
特に二話目はキャラの区別がし辛かったです。
ではでは~

* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。
私の場合は、作画が安定していなかったことが幸いして視聴を続けています。(^^;
第1話を見たときには、キャラの目が異様に猫目で怖いなあと思ってしまったんです。
4話になってストーリーもおもしろくなってきましたし、見続けていて良かったです。

Comment-close▲