日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


今週は見るつもりがなかったのですが、偶然放送時間にテレビがついていたのでそのまま視聴してしまいました。

前回はドラえもんの声やジャイアン、スネ夫の声に違和感があったのですが、今週見たらもうそれほど声優さんが変わったことが気にならなくなりました。声優さん全体の演技レベルも、先週よりやや向上した感じでした。
お話も、リニューアル前のドラえもんと比べると明るくて元気があって楽しく見られる感じでした。

今日放映されたお話では、のび太のお嫁さんを見に行く話がおもしろかったです。未来で道を聞いたのび太たちに、警察官が腕時計型の情報端末を使って案内していた場面が印象に残りました。
腕時計サイズでは、情報を表示するディスプレイの大きさが小さそうなので、使い勝手が悪そうかも。いまだにCLIEを使い続けている私にはとても気になりました。

この作品を見るには、ものすごい記憶力が必要なようです。前回の第2話で紹介された登場人物名を覚えていなかったので、今回は誰が誰なのかさっぱりわかりませんでした。

でも、お話そのものはバカバカしくておもしろかったです。スクープ写真を狙う新聞部と写真部とパパラッチ部を、極上生徒会の面々が過剰とも思える防衛体制を敷いて迎撃するのが良かったです。ああいう無駄なことに予算を使いたい放題な生徒会って、ちょっとうらやましいかも。(でも、あの生徒会の会計だけは絶対にやりたいと思いませんが)

第1話を見てないのでわからないのですが、りのの母親は死んでしまっているのでしょうか?
今回の最初を見る限り死んでないような気もしますし、最後の会長の思わせぶりなセリフを考えると死んでいるような気もするし。

最後に、今回のお話をみていたら、何となくすき焼きが食べたくなりました。

第3話は、別々の陣営の中で元の世界にもどるためにそれぞれが動き出すお話でした。

今回は作画もかなり微妙でしたが、それ以上にストーリー展開が全然おもしろくありませんでした。RPGゲームに例えると、町に出て装備を整えるのが今回のお話だった感じです。女の子たちは特に深い理由も説明されないまま、次回以降で必要になりそうなアイテムをあっさりと手に入れてしまいました。

状況まきこまれ型のお話なので仕方ないのかもしれませんが、もう少し登場人物達が置かれた状況に対してそれぞれに反応していいんじゃないかと思いました。むやみに女の子キャラをたくさん登場させたのが裏目に出ているような気がします。

今回のお話でどうしても気になったことが1つ。剛が学生服を着たまま戦場に出るのはやめて欲しかったです。ただでさえリアリティのないお話が、さらに嘘くさくなったと思います。

最後に、番組の公式サイトです。この記事を書く時に確認したら、ようやく作成中から脱していました。このまま番組が終わるまで作成中を続けて欲しかったので残念でしたが、やる気が出すぎたのかまだ放映されてないお話のストーリーまで掲載されていました。(笑)
なんだかアニメ本編よりも、公式サイトの更新状況の方が楽しみになってきました。(^^;

絶対にこのアニメの原作を買うことはないだろうと思っていましたが、アニメの進行速度に追いついてしまったら何となく気になって原作を5巻まで買ってしまいました。

原作を読んで驚いたのですが、2-Aは途中から3-Aになっているし、お話の順番もずいぶん違います。今回のお話は原作では修学旅行中のエピソードだったのに、設定を変更してアニメ化されていました。
素朴な疑問。どうしてアニメ・スタッフは、ここまで原作の流れや構成と違った作り方をしているんでしょうか。原作通りにやっても、演出的や作画的にはけっこう見せ場があると思うんですが。修学旅行が放送禁止コードに認定されたのでしょうか。(笑)

さて、今回のお話ですが見終わった後にどこかで見たようなという感覚が残りました。何だったかなぁとあれこれ考えていたら思い出しました。今ではめっきり放送されなくなりましたが、アイドル対抗運動会とか、アイドル対抗水泳大会のノリですね、今回の話は。

前回に引き続き、いいお話でした。

第1話から月日は流れて、アスミは将来どんな道に進むのか進路選択を迫られています。宇宙飛行士になりたい。子供の頃には素直に語れた夢が、現実の問題の前に素直に夢を語れなくなってしまったアスミ。

今回はアスミのお父さんが格好良かったです。娘が小学生の時にくれた宇宙旅行の乗車券を今でも大切に持っていて、その夢を実現してくれることを願っているなんて素敵なことだと思います。見ていてこちらもほろっとしてしまいました。

ライオンさんは、前回のラストで恋人との再会を果たしたので無事昇天したのかと思ったら、まだアスミの側にいたんですね。ライオンさんもアスミから乗車券をもらっていますから、宇宙旅行に連れて行ってもらえるまでアスミにつきまとうつもりなんでしょうか。(笑)