日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


スクールランブル Vol.3
ようやく現在発売されているDVDまで追いつきました。今回も大笑いしながら観ることができました。いい年してアニメで大爆笑できてしまう自分は何なんだろうと思いますが、おもしろいものはおもしろいんだからしょうがないです。(笑)

この巻には、はじめてスクールランブルを知った第8話が収録されていました。このお話を偶然TVで見ることがなかったら、私は今でもきっとスクールランブルを見てなかったんだろうなぁと思います。

今でも第8話は大好きな話なのですが、お嬢様な愛理の意外な一面が見られる「はじめてのお買い物」、カレーをお弁当にすることに何の疑問も持たない天満のぼけっぷりが最高な「はじめのお弁当」、どう見ても決定的に失恋しているのに錯覚だと思いこむ播磨が笑える「はじめての失恋」、この3つをセットにして1つのお話として構成できるのがスクールランブルの魅力かなあと思います。

その他に、第3巻ではプール掃除のはずが一大バトルに展開してしまうお話もバカバカしくて好きですね。

第4巻以降はTVで見たことがある話ばかりになるので、新鮮な笑いは期待できないかもしれませんが、播磨のマンガネタとか好きなお話がいっぱいあるので楽しみです。

LOVERS同じ監督さんの「HERO」が良かったので、DVDをレンタルしてきました。

基本的には、策略で捕虜の女性を助けたつもりが本当に好きになってしまった、というよくある話ですが、踊りの場面や戦いの場面の見せ方がうまくて飽きさせませんでした。
また、説明不足な感じはありましたが、途中から誰が味方で誰が敵なのか虚々実々なやり取りがおもしろかったです。この設定を生かして、ラストにもう1つ大きなどんでん返しがあるともっと良かったのに。

クライマックスは、朝廷側と飛刀門の争いになるのかと思ったのですが、そうはならず男女の三角関係的な争いだけで終わってしまったのは残念でした。

おもしろい映画ではあると思いますが、2度3度と繰り返して見たくなるような作品ではありませんでした。DVDを買おうか迷ったのですが、レンタルして正解でした。