日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


今日からリニューアル版ドラえもんが始まるということで、どんな風になるのかとても楽しみでした。

最初にドラえもんの声を聞いた時は、とても違和感を感じました。でも少し見続けていたら、こういうドラえもんでもいいかもしれないと思いました。前のドラえもんに比べると、ドラえもん自身が積極的に行動するようになった印象を受けました。
演出も前と比べるとオーバーアクションな感じで、以前はまったりした作品というイメージがあったのですが、今度のドラえもんは何となく騒々しい感じでした。

声優さんの演技はまだまだこれからという感じですね。出番が少なかったことがあるかもしれませんが、ジャイアンとスネ夫の演技はとてもぎこちない感じがしました。
一番違和感なく受け入れられたのは、のび太の声でした。声の印象が前と似ているせいかもしれません。しずかちゃんの声は前と印象は変わりましたが、しっかりした女の子という感じは伝わってきました。

ストーリー的には、前にも見たことがあるお話なので結末はわかっているのですが、見せ方を変化させたことによって、意外と見られる感じがしました。今回放映された中では、最初の感動を思い出す話が一番良かったです。

今まで以上に子供向けになった感じなので、来週以降も見続けることはないと思いますが、子供の頃から大好きな作品なのでこれからも時折チェックはしていこうと思います。

第2話は、異世界へ飛ばされてしまってからのお話でした。

なぜか学校の校舎が腐海化していました。主人公とライバル(名前がタケシとタケルなので、2人を区別しづらいです)が別々の場所へ飛ばされてしまったので、そのままお話が展開するのかと思ったら意外とあっけなく再合流したのでした。
しかし、合流したのもつかの間、また何だかわからない力によって2人は、それぞれ女の子と一緒に離ればなれになってしまいました。

設定やストーリー展開に安易さは感じるものの、見かけの安っぽさ以上にはちゃんと異世界物していて、最後まで見続けてしまいました。番組途中のCMを見た感じでは、この作品はゲームがオリジナルなのでしょうか。先週に引き続いて公式サイトを確認してみたのですが、いまだにほとんどのページが作成中で詳しい情報が得られませんでした。(公式サイトのやる気のなさは、春の新作アニメの中で一番ですね。(笑))

異世界物のお約束ですが、この世界でも2つの勢力が争っているようです。主人公達が飛ばされたのは、どうやら死者の魂がやってくる国のようです。そこで人間と悪霊が争っているらしいのですが、詳しいことはわからないまま次回に続くになってしまいました。

ハチミツとクローバーが気になっているので視聴継続しようか少し迷っているのですが、せっかく見始めたのでもう少しこのまま見続けようと思います。

第1話を見なかったので、何が何だかわからない作品でした。でも、仮に第1話を見ていたとしても、第2話は訳がわからない作品だったような気もしています。(笑)

キャラクター設定は微妙に地味な感じがしますが、お話的には突き抜けてしまっているような作品だなぁと思いました。気合いを入れて見る作品ではないかもしれませんが、難しいことを考えずに理屈抜きで楽しむにはいい作品かも。

この春放送が終わってしまったスクールランブルがそうでしたが、こういう何だかわからないけど笑ってしまう作品は、毎日見続けると飽きてしまいそうですがたまに見るにはいいかもしれないと思います。

プラネテス 2今回は、自分の死んだ後について考えさせられるお話でした。

未来になっても生命保険があるのが笑えました。そして外交員の強引な勧誘もちゃんとあるのが、リアリティあるなぁと思いました。社会人になった時に強引な保険勧誘に辟易したことを思い出しました。(笑)

単なるギャグ回かと思ったら、後半に入ったらタナベに感情移入しながらみていました。宇宙葬されたのに、再び地球軌道に戻ってきてしまった遺体をめぐってのタナベの暴走が良かったです。仕事として何かをやっていると、つい何でも仕事として終わらせてしまいがちですが、人間的に考えておかしいものはおかしいと主張できるタナベはすごいと思いました。
本人は死んでしまっているから、本当に本人が望んだことは何なのかわかりません。でも、タナベの「私だったら死んでも戻ってくる」というセリフには説得力がありました。雪野五月さんの演技も良かったです。

お話の中でハチマキの家族について触れられている部分がありましたが、なんだか家族関係がうまくいってない様子。これからのお話で、そのあたりの事情も描かれるのか楽しみです。