アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆
明治東亰恋伽 #12
2019-04-01 Mon 19:05
途中で各話感想は脱落しましたが^^;、視聴は継続してました。

芽衣は明治時代に残るかと思ったら、ちゃんと元の時代に帰って、きちんと前を向いて歩き始めたのがよかったです。
正直、第1話を見た時はチャラチャラした男子が出てくるだけのアニメかと思いましたが^^;、芽衣を中心に鴎外や春草などの思いを丁寧に描いていたのがよかったです。

芽衣と鴎外の別れは切なかったですし、2人が会うことはもう2度とないかもしれませんが、それぞれの心に相手を思う気持ちが残って、それがこれからも2人にとって大切なものであり続けると思えたのがよかったです。

そうそう。視聴している間、ず〜っと月が大きすぎるでしょうと思ってましたが^^;、最後に普通サイズ(?)の月に戻ってましたね。月が巨大に見えたのも、芽衣を過去に飛ばす不思議な力が働いていたからなのかもしれませんね。
別窓 | 明治東亰恋伽 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨| .
明治東亰恋伽 #9
2019-03-09 Sat 21:00
芽衣と鴎外が、それぞれに思い悩むお話でした。

藤田のところで元の時代を思い出した芽衣は、そこに帰るよりも今の方がいいことに気がつきました。いつの間にか、芽衣は鴎外とずっと一緒にいたいと思うようになっていたのです。

ところが、あいにく鴎外は小説の執筆中で、芽衣はなかなか顔を合わせることができません。鴎外は毎晩月を見上げる芽衣の姿をみて、彼女がいつか自分の前からいなくなってしまうのではと悩んでいたのです。

しかし、芽衣の悩みは唐突に現れたチャーリーのおかげで解決しました。次の満月の夜には絶対に帰らなければいけないというわけではなかったのです。一方、「舞姫」の執筆を進める鴎外は、過去に別れた(?)恋人の姿が現れて、執筆の手をとめました。鴎外は過去に、なにかあったようです。

今回は、突然やって来て嵐のように去って行った岡倉天心のぶっ飛びぶりに驚きました。(^^;
別窓 | 明治東亰恋伽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨| .
明治東亰恋伽 #8
2019-02-28 Thu 21:28
芽衣たちが、藤田の家を訪れるお話でした。

鴎外と一緒にダンスの稽古をしていた芽衣ですが、それを見ていた春草が黒猫探しに行くと言い出しました。それは自分の仕事だからと、芽衣も春草に同行することになりました。芽衣と鴎外のラブラブぶりに、ちょっと春草が嫉妬してるのが可愛かったかも。

芽衣たちは、ばったりと八雲や鏡花と出会いました。そうそう。今回は、鏡花の師匠の尾崎紅葉も登場しました。紅葉も、例によってチャラい人でした。それを振り切って、芽衣たちは八雲に連れられて猫が集まってくるカフェに向かいます。

でもカフェらしきものはないと思ったら、カフェとは藤田の家でした。意外にも、藤田は家事が得意でした。料理に掃除、お裁縫と、とってもいいお母さんな雰囲気です。(^^;

最初は芽衣たちを迷惑に思っていた藤田でしたが、いつしか芽衣に心を動かされていました。でもちょっと気になるのは、藤田の手伝いをしていた芽衣が、急にめまいに襲われたことです。これはやはり、元の時代に帰らなければならない前兆なのでしょうか!?
別窓 | 明治東亰恋伽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨| .
明治東亰恋伽 #7
2019-02-22 Fri 20:35
鏡花が執筆中の戯曲から、竜神が外の世界に抜け出してしまうお話でした。

芽衣は、春草の猫探しを続けています。でも雨続きで、なかなか探しに出ることができません。ようやく晴れ間が見たので、猫探しに出かけた芽衣は、不忍池で鏡花と出会いました。鏡花は執筆中の戯曲から抜け出した竜神・白雪を探していたのです。

白雪は、物語の中で離ればなれになってしまった恋人と会いたいと願っていました。そんな白雪を鏡花は説得しようとしますが、白雪はそれを聞き入れません。それを見た芽衣は、鏡花の力になりたいと思いました。しかし、それを鴎外に話すと、危険だからダメだと止められました。

しかし芽衣は、どうしても鏡花のことが気になります。不忍池にやってきた芽衣は、暴れる白雪が藤田に退治されそうになっているのを知りました。そして芽衣は、池へと入り込んでしまいました。芽衣は池の底深くへ、沈んでいきます。それを救ったのは、どこからともなく現れた鴎外でした。

というわけで、芽衣と鴎外のラブラブぶりが深まりつつ、鏡花も芽衣のことが気になりだした様子ですし、春草も芽衣に心引かれています。それなのに、芽衣が現代に帰る日が近づいています。それは同時に、鴎外との別れや鏡花のお芝居を観られなくなることです。その日が来た時、芽衣はどんな決断をするのでしょうか!?
別窓 | 明治東亰恋伽 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨| .
明治東亰恋伽 #6
2019-02-14 Thu 23:54
芽衣が芸者として、音奴のお手伝いをするお話でした。

日本全国から偉い人たちが集まるお座敷に、芽衣も芸者の1人としてお手伝いすることになりました。そして強引に引き込まれた鏡花と共に、芽衣は会場へとやってきました。そこには鴎外の姿もあり、芽衣は鴎外に気づかれないようにできる限り顔を合わせないようにしています。

そして会場に、福沢諭吉と岩崎桃介という青年が現れました。桃介は、日本にエレキテルを普及させようと頑張っていました。しかし資金が集まらず、苦労しているようです。そこで桃介は、会場の出席者に電気の必要性を訴えて、投資してもらおうと考えたのでした。

ところが、この時代はまだ電気に対する理解がすすんでいませんでした。そのため、ガスがあれば電気は必要ないと、出席者たちは桃介に協力してくれません。それを聞いた芽衣は、思わず電気があればどれだけ便利になるかを熱弁したのでした。そのおかげで、福沢諭吉を中心に電気に対する考えが見直されました。

思いがけず力を貸してくれた芽衣に、桃介は心引かれたようです。しかし芽衣を口説いているところで、鴎外に芽衣を連れ去られてしまいました。鴎外が最初から芽衣に気づいていたことを知って、芽衣は慌てます。そんな芽衣に、鴎外は何年でも好きなだけ自分のところにいてくれていいと言ってくれました。

というわけで、一番おいしいところはやっぱり鴎外が持っていきました。(^^;
今回はノリノリな宴会の描写や電気の必要性を訴える小さな芽衣の歌とか、いろいろと盛りだくさんで楽しいお話でした。
別窓 | 明治東亰恋伽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨| .
明治東亰恋伽 #5
2019-02-07 Thu 18:37
芽衣が音奴から、淑女となるための指導を受けるお話でした。

ばったり出会った音奴に連れられて、芽衣は置屋へとやって来ました。でも芽衣は、そこがどういう場所かわかってないようです。(^^;

でも、そんな芽衣から淑女になりたいという願いを聞いた音奴は、芽衣に協力してくれることになりました。とはいえ、一朝一夕に淑女になれるはずもなく、芽衣は毎日音奴の厳しい指導を受けることになるのでした。それでも芽衣は、鴎外に恥をかかせないために必死で努力します。

音奴の正体は、役者の川上音二郎ですが、芽衣は音奴が男性だとは全く気づいていません。そんな中、芽衣は犬に追われた鏡花を助けました。鏡花はかなりの潔癖症のようです。買ってきたあんパンも、火であぶってからでないと食べません。

でも、それが原因で危うく火事になるところでした。その償いとして、音奴は鏡花に女装してお座敷に出ろと命じました。それに芽衣も付き合うことになり、2人は一緒にとあるお座敷に出ることになりました。それはどうやら、鴎外が出席する予定のお座敷みたいです。

というわけで、芽衣の淑女修行のお話でした。鴎外以外にも、音奴に気に入られ、春草にも気にかけられ、鏡花とは芸者仲間になれそうですし^^;、着実に芽衣はハーレムを築いてますね。(笑)
別窓 | 明治東亰恋伽 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨| .
明治東亰恋伽 #4
2019-01-31 Thu 17:52
芽衣が鴎外のフィアンセとして、正式にお披露目されることになってしまうお話でした。

明治時代では、いい感じに暮らしている芽衣ですが、元の世界の夢の中では周囲から浮いた存在でした。芽衣は元の時代に帰ることを望んでいますが、そこで彼女は幸せに暮らすことが出来るのでしょうか。

ある日、鴎外の叔母さんがやって来ました。鴎外が芽衣をフィアンセにしたと聞いて、それを止めに来たのです。しかし鴎外の意思は固く、あくまでも芽衣がフィアンセだと譲りません。そして鴎外は、芽衣を正式にお披露目すると言い出しました。

そんな鴎外と、芽衣は一緒に外出しました。一緒に川上音二郎のお芝居を見物したり、美味しいものを食べたりと、楽しい時間を過ごします。ところが、途中で鴎外の知り合いと出会い、芽衣は深く考え込んでしまいました。その人は、自分の娘の志乃を鴎外の嫁にと考えていました。志乃は芽衣から見ても、清楚で美しい娘でした。

しかし、それを差し置いて鴎外は芽衣こそが自分のフィアンセだと言い続けます。本当にそれでいいのかと、芽衣は思い悩むのでした。そして芽衣は、道端でチャラい男に啖呵を切った芸者に、女にして欲しいとお願いしました。そんな芽衣は、これからどうなることやら。(^^;

なんとなく、キラキラ王子の鴎外よりも、何かと芽衣を気遣ってくれる春草の方が、いいカップルになりそうな気がするなあ。(^^;
別窓 | 明治東亰恋伽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨| .
明治東亰恋伽 #3
2019-01-26 Sat 21:05
芽衣が八雲のために、魂依として力を貸すお話でした。

春草のために黒猫を探そうとしていた芽衣は、その途中で八雲と鏡花と出会いました。八雲が物の怪で苦労していることを知った芽衣は、八雲に力を貸すことにしました。

その物の怪を八雲は、ジェーンと呼んでいました。ジェーンは、八雲の子供の頃の友達でした。幼い頃の八雲は、魂依の力があり、物の怪を見たり話したりすることができたのです。

しかし、ある日ジェーンが自分の素顔を見せると言って、のっぺらぼうの顔を見せました。それを見た八雲は、おびえて叫び声をあげてしまいました。そのことがジェンを傷つけたのではと、八雲はずっと気に病んでいたのです。しかし、その直後に八雲は事故で左目を失い、それから魂依の力を失ってしまいました。

そんな八雲とジェーンの橋渡しを、芽衣がすることになりました。八雲はジェーンが怒って暴れているのかと思っていましたが、そうではなくジェーンは自分がそこにいることを八雲に知らせようとしたけれど、それがうまくいかなかっただけでした。

というわけで、今回もほっこりできるいいお話でした。ちょっと気になったのは、春草の話を聞いている時に芽衣が眠り込んでしまったことかな。人が真剣に話をしてる時に、寝ちゃうのはダメでしょ。(^^;
別窓 | 明治東亰恋伽 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨| .
明治東亰恋伽 #2
2019-01-19 Sat 20:11
元の世界に帰るまでの間、芽衣が魂依としてがんばろうと決意するお話でした。

その場の成り行きで、森鴎外のフィアンセということにされてしまった芽衣。一夜明けても、その状況は変わりありません。そんな中、芽衣は春草が描いている絵に興味を持ちました。その中に1つ、まだ完成してない作品がありました。魂依としての直感なのか、芽衣は何かが欠けていることに気づきました。

春草もまた、絵の才能を見出されて、森鴎外に拾われていました。昔の春草は、黒猫に興味を持ってその絵を描き続けていたのです。春草の作品に欠けていたのは、その猫でした。

そして芽衣は、自分を明治時代に送り込んだ奇術師と再会しました。元の世界に帰りたいという芽衣に、奇術師はそのためには満月を待たなければならないと教えました。満月を待つ間に、その黒猫を探し出すことが、芽衣の目的になりました。果たして芽衣は、黒猫を見つけ出すことが出来るのでしょうか!?

第1話はかなり残念な感じでしたが^^;、第2話で盛り返してきた感じです。とりあえず視聴は継続、感想は余裕があれば続ける感じで。(^^;
別窓 | 明治東亰恋伽 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨| .
明治東亰恋伽 #1
2019-01-10 Thu 20:36
新番組のお試し視聴です。女子高生の綾月芽衣が、怪しい奇術師の力で明治時代に飛ばされてしまうお話でした。

子供の頃から、芽衣はお化けを見ることができました。しかし、他の子はお化けが見えないと気づかなくて、他の子たちを怖がらせてしまいました。それ以来、芽衣は周囲から距離を置いて生きてきました。

そんなある日、学校帰りの芽衣は、怪しい奇術師が箱を使って人でも物でも消してみせる見世物をしているところに遭遇しました。奇術師に声をかけられた芽衣は、箱の中に入って消されてしまいました。

そして芽衣が目を覚ますと、見たこともない場所にいました。そこで芽衣は、森鴎外や菱田春草と出会いました。彼らの乗っていた馬車にひかれそうになった芽衣は、成り行きで彼らと一緒に鹿鳴館に行くことになってしまいました。

鹿鳴館でも、芽衣は小泉八雲や泉鏡花、川上音二郎、藤田五郎といったイケメン男性たちと遭遇しました。右も左もわからない世界で、これから芽衣はどうなってしまうのでしょうか。

大地丙太郎監督作品ということで期待していたのですが、キラキラ男子たちが登場するちょっと苦手系な作品でした。(^^;
1話は主なキャラの顔見せ程度だったので、2話以降を見て継続視聴するか考えます。
別窓 | 明治東亰恋伽 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨| .
| HOME |