日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › Category - 国内推理
2018-07-24 (Tue)

福家警部補の再訪/大倉 崇裕

福家警部補の再訪/大倉 崇裕

大倉崇裕さんの福家警部補シリーズ第2作、「福家警部補の再訪」を読み終えました。今回は4つの事件を福家警部補が解決します。「マックス号事件」は、人気の客船で警備会社の社長が起こした事件です。「失われた灯」は、大人気の脚本家が自作自演の誘拐事件を仕組み、不可能と思える状況で殺人を行います。「相棒」は、落ち目の漫才コンビの解消にまつわる事件。「プロジェクトブルー」は、フィギュアの世界を舞台にしたお話でし...

… 続きを読む

2018-07-18 (Wed)

福家警部補の挨拶/大倉 崇裕

福家警部補の挨拶/大倉 崇裕

大倉崇裕さんの「福家警部補の挨拶」を読み終えました。ミステリー作品としては珍しく、この作品では最初に犯人が事件を実行するところから始まります。読者は犯人をわかった上で、それを主人公の福家警部補がどう立証するのかを楽しむ作品でした。この手の作品だと、「刑事コロンボ」や「古畑任三郎」などが有名ですね。この本には、4つの作品が収録されています。「最後の1冊」は、経営が苦しい図書館にまつわるお話。「オッカ...

… 続きを読む

2017-02-26 (Sun)

ビブリア古書堂の事件手帖 (7)/三上 延

ビブリア古書堂の事件手帖 (7)/三上 延

ビブリア古書堂シリーズの第7巻、「ビブリア古書堂の事件手帖 〜 栞子さんと果てのない舞台 〜」を読み終えました。6巻までと比べると、刊行までに時間がかかった7巻でしたが、この7巻でついに物語が完結しました。今回のメインは、シェイクスピアのファースト・フォリオです。そして、栞子さんと大輔の家系にまつわる問題。栞子さんと母の智恵子との対決。さらに、智恵子の父にあたる久我山尚大の弟子であった、老獪な古物商...

… 続きを読む

2016-09-27 (Tue)

どこかでベートーヴェン/中山 七里

どこかでベートーヴェン/中山 七里

中山七里さんの岬洋介シリーズ第4作、「どこかでベートーヴェン」を読み終えました。今回は今までと趣向を変えて、岬洋介がまだ高校生の頃のお話でした。物語の語り手となるのは、洋介の級友の鷹村亮です。岐阜県にある加茂北高校の音楽科に、岬洋介が転校してきました。しかし洋介の転校をきっかけに、音楽科の抱えている暗部が次第に表面化してきます。そして洋介が、他の生徒にはできない卓越したピアノ演奏をしたことで、洋介...

… 続きを読む

2015-08-23 (Sun)

能面殺人事件/高木 彬光

能面殺人事件/高木 彬光

先日読み終えた「白昼の死角」が面白かったので、高木彬光さんの他の作品も読んでみたくなりました。今回読んだのは、日本探偵作家クラブ賞を受賞した「能面殺人事件」です。探偵の高木彬光の元へ、知人の石狩検事からの手紙が届きます。そこには、事件の解決半ばにして事件から離れた高木に、代わりに探偵役を務めた柳光一の詳細な手記と、石狩検事自身の手紙が同封されていました。物語の舞台となるのは、終戦直後の昭和21年です...

… 続きを読む

* by ユウ
一応忠告しますが高木彬光さんの墨野隴人5部作
「黄金の鍵」「一、二、三、死」「大東京四谷怪談」「現代夜討曽我」
「仮面よさらば」
の五つは名探偵神津恭介シリーズを読んでからの方が楽しめるかもしれません

Re: タイトルなし * by 横溝ルパン
情報どうも。

次は検事霧島三郎あたりを読もうかと思っていたのですが、そういえば高木彬光さんには神津恭介シリーズがありましたね。
神津恭介のシリーズにも興味が出てきましたので、そちらも探してみたいと思います。

Comment-close▲

2015-08-20 (Thu)

白昼の死角/高木 彬光

白昼の死角/高木 彬光

高木彬光さんの「白昼の死角」を読み終えました。この作品は、著者である高木彬光が偶然であった天才的な詐欺師・鶴岡七郎から、その驚くべき犯罪の内容を聞いて書き留め、それを本人との約束の期日を守った上で発表したという形式で語られています。舞台となるのは、終戦直後の日本です。東大の学生だった鶴岡は、金融に関して天才的な頭脳を持っていた隅田光一たちと共に、太陽クラブという金融会社を立ち上げました。会社は隅田...

… 続きを読む

2015-01-12 (Mon)

古書収集十番勝負/紀田 順一郎

古書収集十番勝負/紀田 順一郎

紀田順一郎さんの「古書収集十番勝負」を読み終えました。舞台となっているのは、1980年代後半〜1990年代前半のバブル時代の神保町です。神保町に古くからある村雲書店では、主の源三郎が病に倒れ、その後継者を決めることになりました。長女・富世子の夫の倉島と、侍女・信子の夫の蜷川は、激しくいがみ合っています。そこへ源三郎から、1つの提案がされました。源三郎が指定した10冊の古書を、より多く集めた方がお店の後継者と...

… 続きを読む

2014-12-27 (Sat)

ビブリア古書堂の事件手帖 (6)/三上 延

ビブリア古書堂の事件手帖 (6)/三上 延

三上延さんの「ビブリア古書堂の事件手帖」の第6巻を読み終えました。前巻の終わりで、栞子に重傷を負わせた田中敏雄が保釈されて、栞子が燃やしたと偽った太宰治の「晩年」を再び狙っていることが匂わされました。そして、物語の冒頭では、なぜか物語の語り手である五浦大輔が負傷して病院に入院しています。そこに栞子の母・智恵子が訪れました。ここから物語は、大輔が智恵子にことの経緯を説明する回想へと突入します。田中の...

… 続きを読む

2014-02-23 (Sun)

江神二郎の洞察/有栖川 有栖

江神二郎の洞察/有栖川 有栖

有栖川有栖さんの「江神二郎の洞察」を読み終えました。これまで読んできた学生アリスが登場するシリーズは、全て長編でした。しかし、この「江神二郎の洞察」はアリスが推理小説研究会に入部してからの1年を追った短編集でした。英都大学に入学したアリスは、ふとした偶然から江神と知り合いました。そのままアリスは、江神が部長を務める推理小説研究会に入部することになったのでした。収められた短編の内容は、長編と比べると...

… 続きを読む

2014-01-26 (Sun)

ビブリア古書堂の事件手帖 (5)/三上 延

ビブリア古書堂の事件手帖 (5)/三上 延

三上延さんのビブリア古書堂の事件手帖シリーズ、第5巻「ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~」を読み終えました。今回は、栞子に告白した五浦に、栞子がどう答えるかが軸となって物語が進みました。お話としては、古本の紹介雑誌である「彷書月刊」を扱ったもの、手塚治虫さんの「ブラック・ジャック」を扱ったもの、寺山修司さんの「われに五月を」を扱ったものの3つの物語が収録されていました。基本的にこ...

… 続きを読む

2013-03-20 (Wed)

珈琲店タレーランの事件簿/岡崎 琢磨

珈琲店タレーランの事件簿/岡崎 琢磨

岡崎琢磨さんの「珈琲店タレーランの事件簿」を読み終えました。京都の裏路地にひっそりとお店を構えた珈琲店。それが物語のメインとなる珈琲店タレーランです。偶然そのお店を知った主人公は、そこで理想とするコーヒーをいれてくれるバリスタと出会いました。それが主人公と、バリスタである切間美星との出会いでした。美星は、コーヒーをいれる腕だけでなく、推理力も持っていました。そして美星は、お店に持ち込まれるささやか...

… 続きを読む

2013-02-22 (Fri)

ビブリア古書堂の事件手帖4/三上 延

ビブリア古書堂の事件手帖4/三上 延

三上延さんのビブリア古書堂シリーズ第4弾、「ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~」を読み終えました。第4弾となる今回は、いよいよ栞子さんの母親・篠川智恵子が物語に関わってきました。これまでは連作短編といった形を取っていたこの作品ですが、今回は江戸川乱歩の作品にターゲットを絞った長編になっています。これまでは、古書の蘊蓄があちこちで語られていましたが、今回はそれは減って、謎解きと栞子さんと...

… 続きを読む

2013-02-12 (Tue)

いつまでもショパン/中山 七里

いつまでもショパン/中山 七里

中山七里さんの「いつまでもショパン」を読み終えました。この作品は、「さよならドビュッシー」から始まる岬洋介を探偵役としたシリーズの第3作です。今回の舞台は、ポーランドで行われるショパンコンクールです。物語の語り手となるのは、ポーランドのピアノの名門家庭に育ったヤン・ステファンスです。彼はポーランドの期待の星として、世間からの注目を集めていたのでした。そして、コンクールの予選が始まりました。各演奏者...

… 続きを読む

2012-11-27 (Tue)

午前零時のサンドリヨン/相沢 沙呼

午前零時のサンドリヨン/相沢 沙呼

相沢沙呼さんの「午前零時のサンドリヨン」を読み終えました。相沢さんの作品は、以前若手作家の作品を集めた「放課後探偵団」で読みました。その時の感想を読み返してみると、マジックを使った内容が面白かったものの、ライトすぎると感じていました。それ以来、相沢さんのことは忘れてしまっていたのですが、最近文庫でこの「午前零時のサンドリヨン」が発売されて、久しぶりに作品を手にすることになりました。高校生の須川君は...

… 続きを読む

2012-11-03 (Sat)

フェルメールの仮面/小林 英樹

フェルメールの仮面/小林 英樹

小林英樹さんの「フェルメールの仮面」を読み終えました。著者は大学の教授で、これまではゴッホの作品を解説する本などを書かれていたようですが、本書が初のフィクション作品となるらしいです。この物語では、現在と過去の2つの視点から物語が語られます。現在は、折原祐一郎という青年が主人公となっています。幼い時から画才のあった祐一郎は美大への進学を目指しますが挫折します。その代わり、パリで絵画の塾を開いているシ...

… 続きを読む

2012-10-02 (Tue)

花の下にて春死なむ/北森 鴻

花の下にて春死なむ/北森 鴻

北森鴻さんの香菜里屋というビアバーを舞台にした連作短編集、「花の下にて春死なむ」を読み終えました。三軒茶屋の路地裏にあるビアバー、香菜里屋のマスター工藤は、年齢不詳の不思議な人物です。その上、彼はお客の話を聞いただけで、その裏にある本質を見抜いてしまうという才能もあったのでした。そんなお店に集まってくるお客が持ってきた事件が、次々と語られていく短編集です。この本には、表題作「花の下にて春死なむ」、...

… 続きを読む

2012-07-29 (Sun)

先生と僕/坂木 司

先生と僕/坂木 司

ドラマ化されるらしい坂木司さんの「青空の卵」を読み始めたのですが、第1話に出てきた登場人物の身勝手な論理と主人公コンビの男同士とは思えない関係が気持ち悪くて挫折してしまいました。別の作家の本に手を出そうかと思いましたが、先の作品とは全くつながりがなさそうな本があったので、これを読んでみることにしました。それが、今回読み終えた「先生と僕」でした。伊藤二葉は地方から上京してきた大学生です。そんな彼は、...

… 続きを読む

2012-07-11 (Wed)

和菓子のアン/坂木 司

和菓子のアン/坂木 司

坂木司さんの「和菓子のアン」を読み終えました。もうすぐ高校を卒業する梅本杏子は、将来の進路で迷っていました。大学に進んで勉強したいほどの意欲もなく、学費で家計の負担になりたくありません。かといって、何かやりたい仕事があるわけでもありません。そんな彼女が出会ったのは、デパ地下に出店していた和菓子屋さんでした。もともとちょっと小太りで食べるのが好きな杏子は、そこで働くことを決めたのでした。初めて触れる...

… 続きを読む

2012-06-26 (Tue)

ビブリア古書堂の事件手帖3/三上 延

ビブリア古書堂の事件手帖3/三上 延

三上延さんの「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズの第3弾です。今回は、前巻で明らかになった栞子さんのお母さんがどんな人だったのか、少しずつ見えてくるようなお話でした。第1話では、古本市に参加したビブリア古書堂がトラブルに巻き込まれるお話でした。登場する作品は、ロバート・F・ヤングの「たんぽぽ娘」です。ヤングの作品は、「ジョナサンと宇宙クジラ」くらいしか読んだことがありませんが、「たんぽぽ娘」という...

… 続きを読む

2012-02-17 (Fri)

瑠璃の契り/北森 鴻

瑠璃の契り/北森 鴻

北森鴻さんの旗師・冬狐堂シリーズ第4弾、「瑠璃の契り」を読み終えました。今作では、4本の短編が収録されていました。「倣雛心中」では、何度販売しても売り主の元に戻ってくる人形が、「苦い狐」では陶子が絵画制作に見切りをつけた経緯が、「瑠璃の契り」では陶子の親友・横尾硝子にまつわるお話、「黒髪のクピド」では久々に陶子の元旦那・プロフェッサーDが登場しました。どの作品も古物にまつわる豊富な知識と、その背後...

… 続きを読む

2012-02-07 (Tue)

贖罪/湊 かなえ

贖罪/湊 かなえ

湊かなえさんの「贖罪」を読み終えました。とある田舎町の小学校で、1人の少女が惨たらしく殺害されました。犯人の顔を目撃したはずの少女4人は、全員その顔を思い出せないと言います。そんな彼女たちに、母親はひどい言葉を投げつけました。それが原因で、4人の少女は自分たちの運命を大きく狂わせていくことになるのでした。内容的には、とても陰惨で重いお話でした。4人それぞれに悲惨な運命が待っているので、正直何度も途...

… 続きを読む

2012-02-05 (Sun)

緋友禅/北森 鴻

緋友禅/北森 鴻

北森鴻さんの旗師・冬狐堂シリーズ第3弾、「緋友禅」を読み終えました。前二作は長編でしたが、このシリーズの3作目は短編3本、中編1本からなる作品集でした。「陶鬼」では萩焼、「『永久笑み』の少女」では埴輪、「緋友禅」ではタペストリー、「奇縁円空」では円空仏が扱われています。例によって、冬狐堂は古物に関わるだけでなく、事件に巻き込まれてしまいます。その謎解きも楽しいですが、それ以上にその過程で語られる古...

… 続きを読む

2012-01-31 (Tue)

しらない町/鏑木 蓮

しらない町/鏑木 蓮

鏑木蓮さんの「しらない町」を読み終えました。主人公の門川誠一は、映画監督を夢見て故郷の島根から出てきました。一度は東京に出てがんばったものの、そこでの人間関係がうまくいかず、大阪へと移り住みました。映画監督への夢は失っていないものの、今ではアパート管理のバイトと夜間警備のバイトで食いつないでいます。ある日、門川は自分が管理するアパートの住人・帯屋が亡くなっているのを発見しました。一人暮らしの帯屋は...

… 続きを読む

2012-01-27 (Fri)

狐闇/北森 鴻

狐闇/北森 鴻

先日読み終えた北森鴻さんの冬狐堂を主人公にした作品に続編があると知って、読んでみました。前作でも贋作事件に巻き込まれた陶子でしたが、今回はある事件に関わったことをきっかけに古物商としての鑑札を奪われる事態になってしまいました。全てのことの起こりは、陶子がとある市で青銅鏡を手に入れたことから始まります。その一風変わった青銅鏡に、陶子は魅せられてしまいました。しかし、その青銅鏡がとある屋敷から持ち出さ...

… 続きを読む

2012-01-12 (Thu)

硝子のハンマー/貴志 祐介

硝子のハンマー/貴志 祐介

先に読んだ「悪の教典」が面白かったので、同じ貴志祐介さんの「硝子のハンマー」を読んでみました。物語は2部構成でした。第1部では、監視カメラや暗証番号付きエレベータなどで保護された社長室で、社長の穎原が頭部を撲殺されました。しかし監視カメラには侵入者の映像はなく、唯一の社長室へのルートは専務室からの扉だけでした。弁護士の青砥純子は、警察から犯人と疑われた専務の久永の弁護を引き受けました。しかし、いろ...

… 続きを読む

2012-01-06 (Fri)

狐罠/北森 鴻

狐罠/北森 鴻

北森鴻さんの「狐罠」を読み終えました。このところ「ビブリア古書堂の事件手帖」や「万能鑑定士Qの事件簿」を読んでいるせいで、古物や鑑定について興味が出てきました。そんな時、北森鴻さんのこの小説と出会いました。主人公の宇佐見陶子は、旗師と呼ばれる店舗を持たない骨董商です。そんな陶子は、橘薫堂の目利き殺しにあって偽物の唐様切子紺碧碗をつかまされてしまいました。しかし陶子は、このまま引き下がるつもりはあり...

… 続きを読む

2011-12-24 (Sat)

ビブリア古書堂の事件手帖2/三上 延

ビブリア古書堂の事件手帖2/三上 延

三上延さんの「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズ、第2巻を読み終えました。前巻では、大輔と栞子さんとの出会いが描かれましたが、今回は栞子さんの家庭事情に触れる内容でした。第1話では、栞子さんが小菅奈緒の妹が書いたという感想文の秘密を解き明かします。ここで題材にされているのは、古典SF「時計仕掛けのオレンジ」でした。そういえば、第1巻でも栞子さんは2冊のサンリオSF文庫を読んでいましたし、意外とSF...

… 続きを読む

2011-12-18 (Sun)

ビブリア古書堂の事件手帖/三上 延

ビブリア古書堂の事件手帖/三上 延

本好きにはお勧めという話を聞いて、三上延さんの「ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~」を読んでみました。主人公の五浦大輔は、会社が倒産してしまって現在は無職です。過去のトラウマが原因なのか、彼は本を読むことが苦手です。そんな彼がふとしたことで、北鎌倉にあるビブリア古書堂という古本屋に祖母の残した本を持ち込むことになりました。ところが、そのお店の店主はケガをして病院に入院中でした。病...

… 続きを読む

古書を読みたくさせる筆致のヒミツ * by 富之
古書を読みたくさせる筆致のヒミツ。

ミステリーですけど、いろんな楽しみがある、
するめみたいな本ですね。
純粋に物語を楽しめますし、それだけじゃなくて
取り上げられた古書まで読みたくなりますよ!
(もっとも私も積ん読が多いのですけど・・・)

しかし、作家さんがみんな古書に精通しているとは
思わないし、すごい調べたのかな?
と思って三上さんをググッてみたら、
古書店や中古レコード屋さんでバイトされていたりしたんですね。
そのほかにもイロイロ性格分析してるサイトで
まとめて書いてありました~。
http://www.birthday-energy.co.jp


* by 横溝ルパン
こんばんは。コメントありがとうございます。

この作品、ミステリーとしても楽しいですが、それ以外の部分、古書の蘊蓄とか栞子と大輔の恋物語としても楽しいお話ですよね。つい先ほど、第2巻も読み終わったのですが、ますます本が読みたくなりました。(^^;

それから、性格分析のサイトを紹介していただきありがとうございました。一応、古書店で絶版本を扱ったりしていたこともあるんですね。でもそれも3年程度みたいですし、実際に執筆される時にはいろいろ調べたり、古書店主に取材したりされているんでしょうね。

Comment-close▲

2011-04-15 (Fri)

隻眼の少女/摩耶 雄嵩

隻眼の少女/摩耶 雄嵩

摩耶雄嵩さんの「隻眼の少女」を読み終えました。立て続けに両親を失った種田静馬は、自殺するために寂れた村へとやって来ました。そこで静馬は、まるで陰陽師のような格好をした美少女と出会いました。彼女は、名探偵として警察の中でも知れ渡っている御陵みかげの後継者だったのです。母と同じく御陵みかげと名乗るその少女のツンツンぶりは、推理小説のキャラというよりは、アニメのツンデレ巫女少女といった感じでした。(^^;そ...

… 続きを読む

2011-02-12 (Sat)

46番目の密室/有栖川 有栖

46番目の密室/有栖川 有栖

有栖川有栖さんの「46番目の密室」を読み終えました。この作品は、これまで読んできた有栖川さんのシリーズとは違い、作家であるアリスを主人公とした新たなシリーズでした。大学生のアリスが登場するシリーズは、この作品の作家であるアリスが書いた物語というつながりがあるようです。この作品で探偵役を務めるのは、大学で犯罪社会学を教えている火村英生助教授です。火村とアリスは学生時代からのつきあいらしいです。そんな2...

… 続きを読む