日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


東と西の名人戦挑戦者が決定するお話でした。

西の名人戦予選は、同じ南雲会の新と村尾さんが対決することになりました。しかし大きな勝負を前に、新はお腹の調子が悪いだけでなく、精神的な不調が続いています。そして新は、序盤から村尾さんに大きな差をつけられてしまいました。

そんな新に勝って、どうしても周防名人と対戦した村尾さんですが、相手につけ込んで勝つことはしません。なんと試合中に、村尾さんは新を励ましてくれたのです。

そんな中、試合の途中にも関わらず、新はトイレに行きたくなってしまいました。選手が不在でも、試合は決められた通りに進められます。新がいない間に、村尾さんとの差はさらに広がっています。その上、すでに読まれた空札が何なのかも新は知りません。周囲も、それを教えることは禁止されています。

しかし新は、それでも勝負を諦めていません。必死に試合に勝つイメージを探しながら、村尾さんに対抗します。
意外なことに、村尾さんが序盤に大幅に勝ち越していたことで、普段なら新に送ることのない札を送ることになり、それが村尾さんを苦しい状況に置くことになりました。

そして新は、ジリジリと村尾さんとの差を詰めます。今までに見せたことのない攻めカルタで、新は村尾さんを下して西日本の代表となりました。一方、東日本では千早たちの師匠・原田先生が挑戦者に決定していました!

もしかしたら、次回で原田先生と須藤と戦いが描かれるのかもしれませんが、どんな形で原田先生が須藤に勝ったのか、それを見たいですね。

その頃、千早は修学旅行に集中していました。そんな修学旅行に、途中から太一が参加しました!
太一の姿を見つけた千早は、混乱します。そして太一から、東日本の代表が原田先生に決まったことを教えられました。そして、西日本の代表が新だということも・・・。

今回は、新と村尾さんの関係がよかったです。努力を積み重ねて、圧倒的な才能を持つ周防名人と戦いたい村尾さん。
その願いは、同じ南雲会の新に阻止されました。周防名人が今期での引退を表明しているので、村尾さんは是が非でも名人と戦いたかったでしょうが、勝負の世界は本当に厳しいですね。

そしてもう1つよかったのが、遅れて修学旅行に合流した太一を、机君が静かにねぎらう場面でした。
誰しも勝ちたいと思いながら戦いますが、どんな勝負にも必ず敗れる者がいます。しかし戦いに敗れたからこそ、得られるものもあります。今回の机君を見ていて、それを強く感じました。
東と西で、それぞれ戦う太一と新。そして原田先生の踏ん張り!

周防名人に言われたことが心に引っかかって、新はいつもより荒いかるたをとっていました。それでも、気がつけば3回戦まで勝ち抜いていました。

一方、太一はK大かるた会の小石川秀作とあたって苦戦していました。小石川は攻守に優れた選手で、太一は大きくリードされてしまいます。しかし小石川は強いけれど、ポカも多いという欠点がありました。それに助けられ、自分の本分が守りかるたにあることを思い出した太一は、ついに小石川と並びます。

その頃、修学旅行中の千早は、試合の結果が気になって上の空です。そんな千早を、クラスメートのみちるが叱りました。せっかく千早のために旅行のプランを考えたのに、千早の心がここにないからです。それに気づいた千早は、みちるに謝り、修学旅行に集中しました。先生になりたい千早自身が望んだからこそ、千早は今ここにいるのですから。

とはいえ、千早は競技カルタで強くなることを目指してきたので、百人一首で読まれている歌のバックグラウンドには詳しくありません。しかしそれも、途中で奏と合流できたことで解消されました。そんな奏は、村上天皇が主催した天徳内裏歌合の展示を見て感激して涙していました。奏の解説を聞いて、千早はこの歌合も競技カルタとは違う形の戦いだったことに気づくのでした。

そして太一と小石川の対決は、運命戦に突入していました。そこで読まれた札は、小石川の陣にあるものでした。それを小石川が着実に抑えて、太一は勝負に敗れたのでした。太一を心配した菫は、彼に声をかけようとしますが、それは筑波に止められました。敗れた悔しさは、1人でかみしめるしかないのです。

一方、新は準決勝を勝ち抜いて決勝に進みました。しかし決勝での対戦相手は、同じ南雲会の先輩・村尾さんになりました。同門同士の戦いですが、新は勝ち抜くことができるのでしょうか!?

そして東の準決勝では、原田先生が小石川と対戦していました。原田先生は、左膝の痛みに耐えながらの戦いです。しかし、気合いは全く衰えていません。その様子を観戦した太一は、いつも原田先生が言っていたことを思い出しました。長い間カルタを続けていると、読まれない札がわかるようになると先生は言います。

そして、そんな先生の言葉を証明するように、運命戦に突入した原田先生と小石川の対戦では、先生の陣の札が読まれたのです。こうして原田先生は、決勝へと進みました。しかし決勝の対戦相手は、北央の須藤です。太一との因縁も深い須藤を相手に、原田先生は勝利することができるのでしょうか!?

というわけで、このところ急成長の太一でしたが、名人戦予選の壁は想像以上に厚いものでした。しかし東では原田先生が決勝に進出して、西では新が戦いに挑みます。どちらの試合の行方も気になります!
太一が名人戦予選の東大会に出場したことを、お母さんに知られてしまうお話でした。

修学旅行をさぼって、太一が名人戦予選に出場していると知り、千早は心ここにあらずな状態が続いています。
そして、東と西で名人戦予選が始まりました。西大会では、新は周囲からも注目される選手です。亡くなったお祖父さんと同じく、かるたの取り方に気品が感じられるのだそうです。

そこに、いきなり周防名人と若宮詩暢が現れました。周防名人は、なぜか予選の参加者にお菓子を配っています。やって来た目的はよくわかりませんが^^;、いきなり周防は5連覇を達成した上で、名人を辞任すると宣言しました。それは彼を目標にがんばってきた選手たちの気持ちを、激しくかき乱すものでした。

新が周防名人のことを知ったのは、お祖父さんの存命中に彼が初めて名人になった時でした。テレビで観戦していたお祖父さんは、いずれ新が周防名人と戦うことになると見抜いていました。周防名人がかるたを始めたのは、大学からだそうですが、その時からずば抜けたものを持っていたのでしょうね。

そして新は、名人戦予選に太一がエントリーしていることを知りました。これまで太一は、名人になることに執着はないと思っていた新は、それを知って驚くのでした。

一方、東大会では太一が、吉野会大会でヒョロ君と戦い勝った相手と対戦することになりました。その相手を、太一は簡単に破りました。その試合の後、太一はヒョロ君をつかまえて、どうしてこんな相手に負けたんだと伝えます。その言葉を聞いてヒョロ君は、実力では相手に負けてなかったと思い込もうとした自分の弱さを認めたのでした。

そして東大会の会場に、太一のお母さんがやって来ました。太一が修学旅行を休んで勉強していると思ったのに、かるたの大会に出場していたことを知って、お母さんは怒ります。そんなお母さんに協力する姿勢をみせて、菫は太一とよりお近づきになろうとしますが、最後は会場に入ろうとするお母さんを食い止めました。
太一のことが好きだからこそ、太一が本気でかるたに挑んでいることを、菫は誰より知っていたのです。

そんな菫や周囲の雰囲気にのまれて、お母さんは会場から立ち去りますが、大会が終わった後でひと悶着ありそうですね。
そして、この大会でも太一のくじ運のなさは、いつも通りでした。3回戦で太一は、K大かるた会の注目選手・小石川秀作と対戦することになりました。レベルアップした太一が、この強敵を相手にどう戦うかが気になります。

気になるといえば、千早たちの師匠・原田先生です。50歳を過ぎてなお、本気で名人を目指し続けている姿勢が素晴らしいですね。(^^)
千早VS太一の決勝戦の決着。そして修学旅行のお話でした。

緊迫した戦いを続けていた千早と太一。しかし、その戦いも終わりを迎えようとしていました。ほとんど同時に見えた札の取り合いは、千早の勝利でした。こうして吉野会大会のA級優勝者は、千早に決まりました。戦いを終えた千早は、さっそく寝落ちしてましたが。(^^;

同じ白波会の2人の高校生の健闘に、集まった人たちは驚きと脅威を感じていました。そう感じさせるだけの力が、千早と太一にはあったのです。もう誰も、2人の実力を疑う者はいません。

対戦を終えた太一は、1人で負けた悔しさをかみしめていました。そんな太一を菫は見守りますが、かけられる言葉はありません。そして菫は、あのレベルでの戦いができるようにならなければ、太一と向き合うことさえできないのだと思い知るのでした。

試合が終わったところに、千早のお母さんが駆けつけました。お母さんは、状況がよくわかってないみたいです。
そんな千早に、宮内先生がクイーン戦の予選に参加するなら、修学旅行の欠席は公式に認められるのだと教えました。ところが、千早はなんとしても修学旅行に行きたかったのです!

宮内先生や桜沢先生のような、学校の先生になりたいという千早の気持ちは本物でした。かるたは千早にとって大切なものですが、教師になりたい千早には高校の修学旅行を体験しないという選択肢はなかったのです。そして千早は、修学旅行に行きたいと、お母さんに泣きながら抱きつくのでした。この場面の千早、ちょっと可愛かったかも。(^^;

そして新は、千早と対戦できなかったことを悔いていました。落ち込む太一に声をかけた新は、ようやく自分が千早を好きなんだと気づきました。それまで新は、ずっと千早は太一のことが好きだと思い込んでいたのです。
こうして新は福井に帰りました。しかし吉野会大会の後、新は今までのようにかるたを取れなくなっていました。村尾からは、勝ちをイメージできてないと厳しい言葉をもらいます。

練習を終えて帰宅した新を、幼なじみの由宇が待っていました。名人戦予選に挑む新に、差し入れを持ってきてくれたのです。何かと世話を焼いてくれる由宇の気持ちに、いつになったら新は気づくのでしょうか。(^^;

一方、千早たちは修学旅行に出発しました。楽しくてたまらない千早ですが、途中で太一の姿がないことに気づきました。太一は熱を出して欠席したと、机君が教えてくれました。それを知った千早は、太一に連絡します。そして千早は、太一が修学旅行を欠席して、名人戦予選にエントリーしていることを知りました。

医学部の受験を目指す太一には、千早と違って来年はないと机君は教えてくれました。しかし千早は、そんな太一の行動が納得できません。

千早がモヤモヤする中、現クイーンの若宮詩暢のところに、周防名人がやって来ました。周防名人は、どんな意図があって詩暢を誘いに来たのでしょうか。

というわけで、千早と太一の対決と、それが引き起こしたことが描かれたお話でした。
今回の一番の驚きは、太一の名人戦予選への参加でした。これまでなら、学校の行事をすっぽかしても、かるたの大会に出るのは千早がやりそうなことでしたが^^;、ここにきてそれがひっくり返ったのが面白かったです。
千早VS太一の決勝戦が行われるお話でした!

吉野会大会の決勝は、同じ白波会の千早と太一が対戦することになりました。福井から遠征してきた新は、もう帰る時間になっていました。最初は、みんなと一緒に帰ろうとした新でしたが、千早と太一の対決を見ずに帰ることなんてできないことに気づきました。それは他の人たちも同じでした。富士崎高校の理音たちも、試合の結果を見届けるまでは帰る気がありません。

決勝開始までのわずかな間に、奏のお母さんが太一の着物を直してくれました。着物の帯についての話をしながら、お母さんは太一をリラックスさせてくれました。そんな話の中で、着物を着ていると背筋がしゃんとして肩甲骨の位置も変わってくるという話が心に残りました。衣装が、その人のたたずまいを作り上げるものなんですね。

そして、いよいよ千早と太一の決勝が始まろうしています。ついでに^^;B級のヒョロ君の決勝も行われます。
千早との対戦にあたり、太一は思い切った作戦に出ました。千早のことを知り抜いている太一は、あえて上段に数多くの札を並べる変則的な形にしたのです。

思いがけない配置に、千早は戸惑いを隠せません。そしてついに、対決が始まりました。これまでの戦績では、千早が6〜7割くらいの勝率でしたが、この対戦では太一は千早と対等に戦っています。こうして両者一歩も譲らない、緊迫感のある戦いが始まりました。

それを見ていた奏は、思わず涙ぐんでいました。それは机君との、緊迫した試合のことを思い出したからでした。その時の奏は、相手が机君だったから120%の力を出すことができました。今の千早と太一の試合も、それと同じだと気づいたからです。

試合が進むにつれて、千早と太一はお互いに集中していきます。太一が好きな菫は、あんな風に太一と向かい合いたいと思いました。決勝に進出できなかった新は、どうして今自分があの場にいて千早と対戦できなかったのかと悔やみます。

千早と太一の対決は、緊迫の中にも互いへの思いやりがあるものでした。試合中も太一は、千早の右手を気遣っています。それは千早に、目の前にいるのが太一だと思い出させます。そんな、ほんわかとした場面もありつつも、試合から緊迫感がなくなることはありません。

千早も太一も、心からかるたを楽しんでいます。そして、それぞれが苦しくなった時、それを支えたのは、2人にいろいろと教えてくれた人たちの言葉でした。その中でも、千早が桜沢先生に言われた、姿勢を正しなさいという言葉が一番印象的でした。

2人の対戦を見守る新は、お祖父さんに言われた"かるたが一番楽しかった時"のことを思い出していました。それは間違いなく、千早や太一と一緒にかるたをしている時でした。

今回で2人の対決が決着するかと思いきや、戦いは次回にも続きます。千早と太一の戦い、勝利をつかむのはどちらなのでしょうか!?
準々決勝、決着です!

千早と元クイーンの猪熊さん、太一は因縁のある須藤、新は白波会の坪口さん、原田先生は新の先輩・村尾さんと、互いに一歩も譲らない対戦が続いています。

緊迫した対戦が続く中、猪熊さんの息子が会場に入ってきてしまいました。幼いので、かるたが何なのかよくわかってないようですが、千早を真似して札をとる素振りをしています。それを見た猪熊さんは、かるたの楽しさを息子に伝えたいと思いました。

そして猪熊さんのかるたが、ますます研ぎ澄まされていきます。しかし千早は、それに負けていませんでした。今の千早には、点を狙わなければ勝負にならない若宮詩暢という大きな目標があるからです。それが千早を、元クイーンとの対戦でも落ち着かせていたのです。

やがて勝負に決着がつきはじめます。白波会の坪口さんは、新に勝利しました。しかし原田先生は、南雲会の村尾さんに敗れてしまいました。この後の原田先生の、まだ自分は強くなれるという気持ちが凄かったです。年齢や体力の衰えなど、弱音をはける材料はいくつもあるのに、自分を甘やかすことなく常に上を目指し続ける。その姿勢が素晴らしいですね。

そして千早は、元クイーンの猪熊さんを下して、勝利を勝ち取りました。挨拶を終えた後に、即寝落ちしてたのが笑えましたが、それくらい力を出し切ったということですね。(^^;

千早に敗れた後、猪熊さんは桜沢先生に連絡先を教えて欲しいと頼みました。育児でたいへんな時期ですが、それでも猪熊さんは上を目指す努力を続けたかったのです。それを聞いた桜沢先生は、自分にはその強さがなかったことを思い知るのでした。

そして太一と須藤の戦いは、互いに1枚ずつの札を残した運命戦になっていました。そこで太一は、迷わず須藤の陣の札を狙いました。自陣の札が読まれる幸運を太一は信じず、積極的に攻めに出たのが正解でした。こうして太一もまた、準決勝へと進みました。

次は千早と坪口さん、太一と村尾さんの戦いが行われることになりました。ところが、坪口さんはこの戦いを辞退して、千早の不戦勝が決まりました。これは名人戦では、千早が坪口さんの相手になることはないからでした。もし対戦相手が太一だったらと聞かれた坪口さんは、新と同じように全力で潰しにいったかもしれないと答えました。

そして太一と村尾さんの対戦が行われました。ここで太一は、ついに自分のかるたを見いだしました。太一の持ち味は、攻めかるたではなく、守りかるたにあったのです!

こうして決勝では、千早と太一が戦うことになりました。それぞれに成長した千早と太一、勝つのはどっちなのか楽しみです!(^^)
白熱した準々決勝が繰り広げられるお話でした。

ベスト8には、千早たち白波会から4人が残っていました。しかし千早は、元クイーンの猪熊さん、太一は北央の須藤と、それぞれに強敵との戦いです。そして原田先生は、ここぞとばかりに白波会の結束力をアピールしています。

意外にも、千早は元クイーンの猪熊さんのことを知りませんでした。でも、いい感じに力が抜けていて調子が良さそうです。そしていよいよ、対戦が始まりました。

千早と猪熊さんとの戦いでは、元クイーンの猪熊さんが優位かと思いきや、なんと先制したのは千早でした!
しかし元クイーンも負けてはいません。今の千早は札を読む時の音の高低差を聞き取ることが課題ですが、猪熊さんはそれを越えた経験を武器に逆に千早を圧倒してきます。

さらに猪熊さんは、独特な手札の配置をしていました。自陣の札の位置を、基本的に動かしていないのです。普通は札を外へ外へと並べてゆくものらしいですが、猪熊さんは自陣の札の配置に絶対の自信を持っているようです。

一方、太一は須藤を相手に、やはり苦戦していました。しかし今の太一は、大事なところで肩の力を抜くことを覚えています。そんな成長した太一を、須藤も引き離せずにいました。

白波会の原田先生と坪口さんも、苦しい戦いを強いられていました。特に新と対戦することになった坪口さんは、若手の台頭に脅威を感じました。しかし坪口さんは、高校のかるた部の顧問を務める中で、初心に返って自らのかるたを見直していました。

白熱した戦いが続く中、B級の試合が終了しました。そこで勝利を勝ち取ったのは、ヒョロ君でした。勝ったことを喜ぶヒョロ君をみて、須藤は肩の力が抜けたようです。しかし、それは須藤にだけ有利に働いたのではありません。太一もヒョロ君への対抗心から、それまで以上に勝負に気合いが入りました。

お互いに一歩も譲らない戦いを制して、準決勝に進むのは誰なのでしょうか!? 続きが気になります!(^^)
千早の将来の夢と、白熱する吉野会大会のお話でした。

大会の会場で、太一は新と話をする機会がありました。太一の先をゆく新の話は、太一にとって得るものがありました。
しかし新が個人戦だけでなく、仲間を集めて団体戦に挑戦しようとしていることを知った時、太一は新に嫉妬してしまいました。そんな自分を、太一は情けなく思うのでした。

今回の大会には、桜沢先生のライバルで元クイーンの猪熊さんも出場していました。なんと猪熊さんは、子供に授乳しながらの参戦でした。そんな猪熊さんは、最初のうちこそ本調子でなかったものの、次第に本来の実力を発揮し始めました。

一方、千早はこれまで右手を使わずにきたせいか、少し動きが鈍いように見えました。しかし、それは勘違いでした。
ずっと左手でかるたをしてきたことで、体のバランスが調整されて、無駄な力が抜けたのです。おかげで、千早はこれまでよりも理想的な形で、札をとることができるようになっていました。

そして大会の会場に、かるた部の顧問の宮内先生がやって来ました。先生は千早の将来の夢を知って、桜沢先生にアドバイスを求めました。これまでは進路希望にクイーンと書いていた千早ですが^^;、今回の調査ではかるた部の顧問になりたいと書いていたのです!

しかし残念ながら、宮内先生はかるたには詳しくありません。でも先生なりに、千早の夢を応援したいと思いました。そのために宮内先生は、桜沢先生に相談に来てくれたのです!
生徒のために、ここまで親身になってくれる宮内先生。とても素敵な先生ですね。前回の古文の先生といい、千早の通っている学校には、素敵な先生がたくさんいますね。(^^)

対戦が白熱してくる中、奏は対戦する選手ではなく、札を読み上げる読手に注目していました。選手としての実力はまだまだの奏ですが、歌への思い入れが深い奏は、将来とっても素敵な読手になるかもしれないですね。

そして試合は進み、千早は周防名人に敗れてから低迷していた武村さんと対戦していました。今回の見せ場は、その対戦中に千早の獲った札と猪熊さんが獲った札が空中で衝突したことでした。まだ本調子ではないですが、少なくとも今の千早は元クイーンの猪熊さんに迫る速さで札がとれるということですね!

そして太一は、北央の城山と対戦しています。実力的には太一の方が上ですが、なぜか思うように力が発揮できません。そして焦りが、さらに太一の調子を狂わせます。しかし、原田先生の無言の励ましをきっかけに、がむしゃらに札を取りに行きます。

一方、須藤と対戦中の理音は、「感じ」の良さでは須藤を上回っているものの、体力のなさと須藤の揺さぶりに翻弄されています。必死で踏ん張る理音でしたが、残念ながら須藤に敗れました。でも肉まん君、理音との戦いで、須藤はかなり疲れている様子です。

そして千早、太一、新は勝利して、次の対戦へと進みました。しかし千早の次の対戦相手は、元クイーンの猪熊に決まりました。元クイーンを相手に、千早がどんな戦いをみせてくれるのか楽しみです!(^^)
吉野会大会が始まるお話でした。

千早たちが団体戦で戦っているのを見て、新は自分も1人だけでなく、仲間と一緒にかるたをしたいと思うようになりました。前回の大会で優勝したことを学校で発表された時、新は思い切って一緒にかるたをする仲間を募集しました。しかし、かるた会に参加したい人はいても、新と一緒にかるたをしたい人は簡単には見つかりません。

一方、千早たちの方は修学旅行の話が進んでいます。千早の友人のみちるが修学旅行の実行委員なこともあり、千早も喜べる行き先をチョイスしてくれているようです。

そしてかるた部の練習は、今まで以上に気合いが入っています。富士崎高校での合宿を終えて、千早と太一がラブラブになっていることを期待した奏でしたが、今まで以上にガチで張り合っているのにドン引きします。(^^;

そして、やる気にあふれているのは、千早と太一だけではありませんでした。肉まん君や机君、そして菫までが上を目指してがんばっています。しかし、そこに顧問の宮内先生がやって来て、修学旅行の日程が名人戦&クイーン戦の予選と重なってしまったことを伝えました。

将来のこと、かるたのことで思い悩むことが多い千早ですが、礼儀作法に詳しい奏や古文の先生の言葉には心を動かされました。身の回りを進んできれいにすること、何かを生み出す苦しみを知ること、先人の残した素晴らしい教えを次の世代に伝えること。

そして、ようやく千早の右手の包帯がとれました。これで今までのように、左手でかるたをしなくてもいいのです!
でも2ヶ月右手を使わなかったせいか、以前のような素早さがありません。そしてA級とB級の選手だけが出場できる、吉野会大会が開催されました。

この大会には、千早と太一の他に、肉まん君や机君も出場します。初めてのB級の試合で、机君は敗北しました。それを悔しがる机君を、そっと支えてくれたのは奏でした。奏はずっと机君のがんばりを見ていて、応援してくれていたのです!

その頃、A級の肉まん君は須藤と戦っていました。今の肉まん君の実力では、須藤に勝つことは無理でした。しかし、以前なら簡単に諦めていたところで、肉まん君はしぶとく食い下がりました。それは須藤が勝ち進めば、千早や太一と戦うことになるからです。原田先生が言っていた、「団体戦は個人戦」という言葉は、そういう意味だったんですね。

というわけで、千早の右手も治って、ますます物語が熱くなりそうです!
今回は、千早をたしなめたり、机君を励ましたりと、奏の見せ場が多かったですね。かるたはまだC級の奏ですが、人間的な大きさや温かさは、かるた部でもずば抜けていると思いました。それから、古文の先生が生徒たちに語った内容もよかったですね。(^^)
うちの方ではテレビ放映がなかったので、あやうくネット配信を見逃すところでした。(^^;

2期からかなり時間が経ったので、登場人物は覚えていても、物語は忘れかけている感じでした。冒頭にこれまでの流れを振り返るようなパートがあったことで、千早が新と出会ってかるたの面白さを知り、太一と3人で大会に出場するようになったけれど、新との別れがあり、それでもかるたを続けて、ようやく新との再会するまでのお話を怒濤のように思い出しました。(^^;

そして千早と太一は、今は富士崎高校の合宿に参加しています。そこには千早たち以外にも、他の高校からの参加者がいました。北央のヒョロ君も、その合宿に参加していました。でも彼は、千早たちが参加したのが迷惑みたい。

顧問の桜沢先生は、クイーンにはなれなかったけれど、何度もクイーンと戦ったことがあるほどの実力者でした。先生の指導は厳しいけれど、その言葉には重みと説得力がありました。

そんな富士崎の練習には、基礎体力作りやストレッチなども組み込まれていました。精神力と集中力を支えるのは、やはり体力なんですよね。いくら気持ちで負けないと思っても、体が動かなくては勝負にならないですからね。

合宿に参加したことで、千早は自分が周囲の女子たちとかなりずれていることに気づきました。(^^;
さらに合宿の最後に太一と対戦したことで、身近にいる太一のことさえよくわかっていなかったことに気づきます。

今回の一番の見所は、山城理音と対戦中の千早を、桜沢先生が姿勢が崩れていると指導する場面でした。
早くとるより、自然なフォームで美しくとる。このセリフには、視聴しているこちらも思わず背筋を正してしまいました。(^^;
かるたに限らず、他の競技でもたしかにトップレベルの選手って、姿勢が良くて動きが美しいと感じさせられます。それは、こういうことなんだなあと深く納得しました。

そして千早は、ライバルの理音から「感じ」についてのヒントをもらいました。これがこれからの千早にどんな風に生きるのか、これからが楽しみです!(^^)
「ちはやふる」第2期もいよいよ最終回です。

これまで誰も勝てなかったクイーン・詩暢を負かして、新はA級個人戦に優勝しました。しかし、そんな新を千早は複雑な思いで見つめていたのでした。詩暢とカルタをした時、千早は何とか目の前の強敵に立ち向かうことで精一杯でした。しかし、新は詩暢との戦いの中でさえ笑ってみせたのです。どこからこの違いが生まれるのか、千早の頭はそれでいっぱいになってしまったのでした。

結局、A級は新の優勝ですが、B級〜D級は太一、机君、筑波と瑞沢高校の選手が3人も優勝を決めました。他の高校には、瑞沢高校の強さを見せつけた格好となりました。そして千早たちが帰ろうとした時、富士崎高校の桜沢先生が千早に声をかけてきました。何かと思えば、なんと新と詩暢の対戦ビデオを送ってくれるというのです。どうやらこの大会で千早は、桜沢先生に気に入られたようですね。

帰宅した千早は、指のケガを診察するために病院に行きました。でも、なかなか原因がわからず、とうとう大きな病院にまで行くことになりました。その結果、千早の指は骨の内部が軟骨化する珍しい病気で、カルタを続けるなら手術が必要だということがわかりました。そして手術のために、千早は1週間ほど入院することになってしまったのでした。

入院中の千早は、桜沢先生から送られてきたビデオを何度も見返して、新と詩暢のかるたを研究しました。でも、やはり何かがわからない。そこで千早は、とうとう直接新に電話してしまったのでした。それに応えて新は、カルタをしていて一番楽しかった時を思い出しながらいつもカルタをしていると答えました。それは小学生の時、千早と一緒にボロアパートでカルタをした時だったのでした。それを聞いた千早は、自分も同じくあの時からカルタに夢中になって、そして新を恋していることに気がつくのでした。

千早の心が新に近づく中、かるた部のみんながお見舞いに来てくれました。千早が宿題で作った短歌を見て新への思いに気がついた奏は、太一にはっぱをかけるのでした。そして千早が退院しようという頃、桜沢先生から電話が入りました。なんと富士崎高校の合宿に参加しないかというのです。それを聞いた千早は、まだケガも完治してないのにそれを了承するのでした。

そして、奏ちゃんの采配で千早と太一の2人だけが富士崎高校へと行くことになりました。この合宿に参加することで、千早は何かを得ることができるのでしょうか!? そして、最終的に千早の心をつかむのは、太一なのでしょうか。それとも新なのでしょうか。

・・・と非常に気になるところで今期は終了です。また第3期があるでしょうが、今度は家の地方でも放映して欲しいものです。(^^;
個人戦A級、新と詩暢の激闘についに決着です!

A級への昇級が決まったのに、自分のことを忘れて千早を早く新たちの試合会場へと向かわせようとする太一。しかし、千早から昇級おめでとうと言われて、ようやく喜びがわいてきました。そしてA級までの長い道のりが思い出されるのでした。でも、ふと目を上げると太一を同じA級のライバルとして睨んでいる千早の姿が・・・。(笑)

そして千早と太一は、A級の試合会場へとやって来ました。でも、ここへきて千早は試合を見るのを躊躇ってしまいました。そんな千早の背中を押してくれたのは、富士崎高校の桜沢先生でした。挑戦者には、知っておいて無駄になることは1つもないですからね。

こうして千早は会場へと足を踏み入れました。そこはまるで水の中のような息苦しい場所でした。そして、試合の流れは新優勢で進行していました。そして、本当に久しぶりに千早たちは太一のカルタを見ることになるのでした。それは細かな部分もきちんと押さえた上で、大きな体格を生かした雄大なカルタでした。そして何より、新は自分のペースを作るのが非常にうまいようです。

劣勢になった詩暢は、ようやく自分が新のペースに乗せられていることに気がつきました。そして、新の実力を知って、取る札と捨てる札を分けて考えてしまったことが原因だと気がつきました。そこからは詩暢の本気モードが炸裂しました。とにかく全ての札をとってとって取りまくろうとします。通常でも驚異的な詩暢とカルタのつながりが、ここへきてさらに強くなったように感じられます。

しかし力及ばず、現クイーン・若宮詩暢は、ついに綿谷新の前に敗れたのでした。
試合後にわかったことですが、なんと詩暢は前日に雨に濡れたことが原因で発熱していました。それを首筋にいれた保冷剤で冷やしながらの戦いだったのでした。もし詩暢が完璧な体調だったら、今日の試合はどうなっていたことでしょうか!?

勝った新も最初からこの強さを持っていたわけではありませんでした。小学生の時には、同年代では敵なしでも、まだまだ大人にはかないませんでした。しかし新は、亡くなった祖父に言われたことを守り、そして名人であった祖父をイメージして、理想的な自分のカルタを作り上げたのでした。
こんな新に千早は勝つことができるでしょうか!? そして、太一は!?
個人戦も、とうとう決勝戦です!

A級の決勝は、新と詩暢で行われることになりました。さらにB級の決勝は、ひょろ君との戦いを勝ち抜いた太一と、団体戦で千早を苦しめた富士崎高校の山城理音が出てきました。瑞沢高校では、太一の他に机君がC級の決勝戦を戦うことになりました。B級〜D級は同じ会場で試合が行われますが、A級だけは別の会場で試合が行われます。将来のライバルであるクイーン・若宮詩暢と、常に気にかかる存在・綿谷新。この2人の対戦を見るか、それとも同じ部でがんばってきた太一の試合を見るか。千早は決断を迫られたのでした。

これを知って肉まん君は、当然のように詩暢と新の試合を見ることを選びました。ライバルであり、そして将来倒すべき目標の相手なのですから、上を目指す肉まん君がこちらを観戦することを選ぶのは理解できます。
そして、千早はなんと太一の試合を選びました。このあたり千早の思考パターンがどうもわかりません。(^^;
徹底的に勝ちを目指すかと思えば、妙に友情に厚いところがあったりして。まあ、それが千早のいいところといえば、いえるんですけど。

千早が観戦に来たことで、太一はかえって動揺してしまいました。それまでは、自分はなぜこんなところで試合をしているのかと冷めた目で試合をしていたのが、千早の目を意識してどうしても勝ちを焦ってしまいます。幸い、読手が今ひとつだったために、対戦相手の理音もリズムがつかめず実力を出し切れずにいます。しかし、じょじょに天性の感じの良さを発揮して太一からリードを奪います。

いつもいいところまでいくのに、後1つ勝ちきれない太一の悪いところが出るかと思いきや、今回は冷静に原田先生の教えを思い出して、理音の感じの良さに記憶力の良さと頭の良さで立ち向かいます。それが功を奏して、ついに太一はB級の決勝戦を勝ち抜いたのでした。

試合が終わるなり、太一は千早を新たちの試合会場に連れて行こうとします。しかし、千早はその場にうずくまってしまいました。どうしたのかと思ったら、千早は太一のA級昇級を喜んで泣いていたのでした。そんな千早の様子を見て、ようやく太一も自分が昇級したことを知ったのでした。千早、太一、新、これでこの3人がようやく同じ場所に立つことになりましたね。(;_;)

その頃、新たちはすさまじい戦いを繰り広げていました。序盤は詩暢がその驚くほど精確な手さばきで札を奪います。しかし、新にはまだ余裕がありました。お祖父さん仕込みの手さばきで、詩暢を心理的に追い詰めてみせたのでした。いつもは全ての札を均等に扱う詩暢でしたが、新という強敵を前に取りに行く札とそうでない札を分けて考えることにしたようです。この勝負を勝ち抜くのは、新なのでしょうか。それとも詩暢なのでしょうか。
3回戦に進出した千早の対戦相手は、なんと現クイーン・若宮詩暢でした。

クイーンとの対戦を前に、ついに千早はケガした右手を使うことを決意しました。昨年も個人戦では詩暢と当たっていますから、千早と詩暢の間にはやはり縁があるようですね。

そして、いよいよ対戦が始まりました。右手の包帯を取った千早でしたが、詩暢の正確で素早い動きにはかないませんでした。あっという間に、序盤から札を取られてしまいました。そんな中、ここまで左手で戦ってきた経験を生かして、千早は詩暢の得意札をゲットしました。それは詩暢を驚かせましたが、逆に火をつけることにもなりました。

負け込んでいる千早は、とうとう右人差し指を覆っていたガーゼさえも取ることを決意しました。ガーゼというこのわずかな重ささえも、詩暢との戦いでは重大なハンディとなってしまうのです。そのおかげもあって、また千早は札を取ることができました。しかし、右人差し指への負担は想像以上に大きいようです。

戦いの中、詩暢は昔のことを思い出していました。カルタを始めた時のこと。そこで仲良くなった女の子のこと。その子と仲良くしたいから手加減したこと。それを周囲に知られて、同年代の子供からは引き離されたこと。
そして詩暢は現実に戻ります。もしかしたら、ここで手を抜いてあげたら千早とも仲良くなれるのでは!?

しかし千早の態度は、明らかに詩暢に手を抜かれることを否定していました。それに応えるかのように、詩暢は氷のような鋭さで次々と札を奪い取ります。こうして、昨年の大会に続いて千早は詩暢に負けたのでした。しかし、いつか詩暢に追いつきたいという気持ちは揺るぎません。そして、そんな千早を詩暢もクイーンという場所で待っています。もしかしたら、千早は詩暢が手抜きしないでなれる最初の友達なのかもしれませんね。

千早は敗退しましたが、大会はまだ続いています。
1年生の菫は、D級戦を順調に勝ち進んでいました。もしかしたら自分には才能があるの!?と勘違いしかけたところで、3回戦敗退に終わりました。(^^;
同じく1年の筑波は、準決勝まで勝ち進んだようです。しかし菫が気になるのは、筑波よりも太一のことでした。
そんな太一はひょろ君と激闘を繰り広げていたようです。しかし、ひょろ君の残り札が2枚なのに対して、太一の方はまだたくさんの札を残しています。太一はこの状況を覆して、ひょろ君に勝利することができるのでしょうか!?
いよいよ個人戦が始まりました。右手を負傷して、左手で戦う千早に勝機はあるのでしょうか!?

右手の指を負傷した千早ですが、勝負を諦めません。新と戦う時を目指して、左手で勝負することにしたのでした。
そんな千早の1回戦での対戦相手は、団体戦でもあたった明石第一女子の夕部です。夕部はパワフルなかるたで序盤から千早を圧倒するのでした。そんな中、千早は左手での勝負のコツをつかみはじめました。左手で戦うということは、右利きの時には気がつかなかったことに気づかせてくれたのです。

そして千早は、じょじょに相手との差を縮めます。しかし相手陣の札を取ることはできるのに、自陣の札を取ることができません。あれこれ考えた千早は、思い切って札の配置を右手でやっていた時の左右対称にしてみました。すると、自然に札を取ることができるようになったのでした。

こうして千早は苦戦しながらも、なんとか2回戦へと進みました。しかし、対戦相手の夕部もこのまま終わるつもりはないようです。次に対戦することがあったら、どれだけ進歩しているか楽しみですね。

その頃新は、相手に大差をつけて勝負を終えていました。新は、今回の戦いで優勝を目指していました。それを両親にも宣言して、その上でこの戦いに挑んでいたのでした。その代わりに、東京の大学に進学させて欲しいと両親にお願いしていました。両親にしてみれば、県内の国立大学に進学してくれれば安上がりなのに、東京の大学に進学されたら経済的なピンチです。・・・その結果、両親は対戦相手を応援することに。(^^;

そして、2回戦が始まりました。新の2回戦の対戦相手は、なんと肉まん君でした。できるだけ楽して勝ち上がりたい肉まん君にとっては、最も当たりたくない相手です。試合開始早々、新は驚異的な札さばきで肉まん君を驚かせるのでした。しかし、肉まん君もただ黙ってやられてはいません。苦しい団体戦を勝ち抜いてきたことは、肉まん君にとっても力になっていました。

死力を尽くして戦いましたが、残念ながら肉まん君は新に敗れてしまいました。そして次は、3回戦です。そこでの千早の対戦相手は、なんと現クイーンの若宮詩暢です!!!
それを知った千早は、負傷した右手の包帯をはずすのでした。詩暢が相手では、容易には勝つことができません。負傷した指をさらに痛めることになっても勝利を目指す。千早の心意気が見えました!
団体戦が終わり、個人戦の始まりです。

団体戦は、千早たち瑞沢高校かるた部の優勝で幕を閉じました。表彰式で優勝旗を受け取った千早は、あらためてその重さをかみしめるのでした。そんな中、気になるのは千早のケガの状態です。顧問の宮内先生に連れられて、救急病院へ行ったものの、今ひとつどういう状態なのかわかりません。完全な骨折ではなく、剥離骨折なのではないかということでした。

そんな千早は、翌日の試合は欠場かと思いきや、現クイーン・若宮詩暢の姿を目にした千早はある方法を思いついたのでした。それは詩暢のように、左手でかるたをすることです。確かにこれなら、ケガをした右手には負担はかかりませんが、いきなりの左手での戦いがうまく行くのでしょうか?

そして千早の対戦相手は、団体戦で肉まん君をくだした明石第一女子の夕部慶子です。パワフルなそのかるたに、千早はいきなり苦戦するのでした。こんな状態で、本当に勝負になるのでしょうか!?

今回は、団体戦が終了したこともあり、宿に帰った千早がその流れを振り返ったりして、ちょっとした総集編みたいな雰囲気でした。そんな中で注目すべきは、千早に刺激された新がついに東京に出てくることを決めたことです。太一にとっては、最大の恋のライバルが大学進学と同時にやってくることになります。千早の気持ちをつかむのは、太一なのでしょうか。それとも新なのでしょうか!?
瑞沢高校と富士崎高校の団体戦決勝、ついに決着です!

机君に続いて筑波が敗れて、瑞沢高校は2敗してしまいました。しかし、この状況になっても、太一の心は折れていませんでした。これまでA級まであと少しというところまでいきながら、運がないと言われて昇級を逃してきた太一でしたが、今回は気合いが違いました。5枚の差をじょじょにつめはじめたのでした。

そんな中、瑞沢最初の一勝をあげたのは、千早でした。千早の感じのよさは、理音を上回っていました。その鋭さに、ついに理音は勝つことができなかったのでした。試合を終えた千早は、例によってその場で爆睡してしまいました。指を負傷していましたが、それはどうなっちゃったんでしょうね。(^^;

そして太一と肉まん君は、2人揃って運命戦に突入していました。しかも、太一と肉まん君の手元に残った1枚は同じ札でした。東京での予選からこの決勝まで、多くの戦いを勝ち抜いてきた瑞沢高校は、いつの間にか団体戦の戦い方を心得ていたのでした。格下の相手と侮っていた富士崎高校は、完全に意表を突かれたかっこうになりました。

そして、運命の札が読まれます。それは、瑞沢高校の自陣札でした。太一と肉まん君がそれをしっかりと守って、2敗からのまさかの瑞沢高校の団体戦優勝です!!!
ここまでの道のりは本当に長かったですが、ついに瑞沢高校は勝利を勝ち取ったのです。新や詩暢は、団体戦には価値がないといいます。しかし、高校生という時代にここで優勝できるのは、今しかないのです。その勝利を、部員たちはみんなで深くかみしめるのでした。

そんな千早の前に、ついに新が顔を見せました。そんな新に、千早は団体戦で勝ったと告げるのでした。それはある意味、クイーンになることよりも難しいことです。そんな千早に、新はうなずいてみせるのでした。
全国大会の決勝。瑞沢高校と富士崎高校の熱戦が続いています。

対戦中に負傷してしまった千早でしたが、それを隠して試合を続行します。しかし、それは太一たちが気づいていて、千早や奏ちゃんがケガまでしてがんばっているのに自分は何をやっているのかと、男子部員に気合いを入れたのでした。そうして気合いを入れて、瑞沢高校は再び富士崎高校に挑みます。

しかし、いくら気合いが入っても実力の差は埋められません。データは豊富にあるのに、どうしても机君は真琴を上回ることができません。がんばったものの、ついに机君は富士崎高校に1勝を許してしまったのでした。それでも千早たちは、勝利を目指して戦い続けるのでした。

そんな中、千早の試合を見つめていた詩暢は、昔のことを思い出していました。詩暢は子供時代からカルタが強かったようです。しかし、友人と対戦すると手を抜くことを覚えないようにと、同世代の子供からは引き離されて育てられてきました。なので詩暢は、仲間と一緒に上を目指す喜びを知らずにきたんですね。

そしてまた新も、団体戦の魅力に気がついていました。新も個人戦でしか戦ってきませんでした。しかし、そんな個人戦という戦いの場を豊かに育ててきてくれたのは、団体戦にも出場している多くの選手だったのでした。

奏ちゃんのためにも絶対勝ちたい筑波でしたが、思いだけでは勝利を得ることはできませんでした。アニヲタの市村に、筑波は残念ながら負けたのでした。これで瑞沢高校は2敗と後がなくなりました。千早たちは、ここから逆転して勝利をつかみ取ることができるのでしょうか!?
いよいよ富士崎高校との決勝戦です!

団体戦も、いよいよ決勝戦です。千早たちは気合いを入れて試合に挑みます。そんな試合の読手は、専任読手の山城さんでした。その素晴らしい読み方に、会場全体が聞き惚れてしまうのでした。そして、この山城さんは千早が対戦する理音の祖母だったのでした。

序盤は圧倒的に富士崎高校が有利に試合を進めました。理音は、お祖母さんの読みだと驚異的な感じの良さを発揮する選手でした。その素早い動きに、あっという間に千早は札を奪われてしまうのでした。しかし、この感じの良さはお祖母さんが読手をする時に限定されていました。そのせいで理音は、潜在力がありながらもB級に甘んじていたのでした。桜沢先生が、あえてこの決勝戦で理音を投入したのは、優勝することを経験させるためなのでしょうか!?

理音だけでなく、富士崎高校の他の選手も強敵でした。彼らの強さは、桜沢先生の指導によって身についたものでした。なんと文化部なのに、ストレッチに筋トレ、ランニングと運動部のような練習を組み込んだのです。そのおかげで、選手たちは耐久力がついて、何試合もこなしても平気な体力がついたのでした。

瑞沢高校全員がおされる中、千早は奏ちゃんとの練習から身につけた、歌を情景として見るトレーニングが効果を現し始めました。そしてついに千早は、素早い理音を上回り札をゲットしたのでした。ここから千早の連取が始まるかと思いきや、なんと対戦中に千早は右手人差し指を痛めてしまいました。しかし、千早はそれを隠して試合を続行します。

そんな千早のがんばりに、他の部員たちも気合いが入るのでした。瑞沢高校は、ここから巻き返すことができるのでしょうか!?

そうそう。ちょっとだけ様子を見に来た詩暢でしたが、退屈しながら観戦していました。もう帰ろうかと思ったら、大会関係者に見つかって一番前の席に座らされてしまいました。そこで千早のカルタを見た詩暢は、以前に千早と対戦した時のことを思い出しました。今まで眼中になかった千早が、これから詩暢のライバルになるのでしょうか!?
今回は総集編だったので、感想を書くのをやめちゃおうかな〜と思いましたが、簡単に書いておきます。(^^;

新入部員の勧誘〜東京予選での北央との決勝戦〜全国大会予選から決勝進出までの流れがコンパクトにまとめられていました。で、その合間にギャグをちりばめた構成でした。なんか、肉まん君のお姉さんの出番が多かったですね。

このところ、面白いんだけれど少し息苦しさも感じていたので、今回の総集編で息抜きをすることができました。お話の展開上しかたないのですが、今の「ちはやふる」って何だか少年ジャンプのマンガを読んでいるみたいだなあと思う時があるんですよね。強敵そうな相手校を倒すと、さらに強い相手が千早たちの前に立ちふさがるというあたりが・・・。(^^;
いよいよ団体戦、決勝戦の始まりです!

決勝戦には奏ちゃんに代わって自分が出ると言い出した筑波。最初はその言葉を否定した奏ちゃんでしたが、ついにその言葉を受け入れたのでした。なんと奏ちゃんは、先の対戦で突き指していたのでした。筑波は突き指のことまでわかっていたわけではありませんが、奏ちゃんの体力が落ちているのに気づいたのはナイスフォローですね。

そして、決勝戦のオーダーが発表されました。瑞沢高校は、奏ちゃんが抜けて筑波が入ります。3年生全員がA級選手の富士崎高校は、オーダー変更なしかと思ったら、3年生を1人抜いて2年生を入れてきました。部員から鬼と恐れられる顧問の桜沢先生の指示でしたが、抜けることになった3年生は膝を痛めているみたいですし、翌日の個人戦への出場も控えているので、それを考慮しての采配でしょうね。

その代わりに試合に出ることになったのは、山城理音です。これまでの試合に出ていなかったので、どんな選手かデータはありませんが、簡単に勝たせてくれる相手ではないでしょうね。そんな理音と対戦することになったのは、千早でした。机君は、このオーダーを読んでいて、あえて千早を理音にぶつけてきました。千早はその期待に応えることができるのでしょうか!?

そして、富士崎高校の他の選手も一癖ありそうです。主将の江室は、見た目がどことなく新に似ています。彼は太一と対戦することになりましたが、さっそく太一がいまだにB級にとどまっていることで動揺を誘ってきます。
そして序歌が詠み上げられて、いよいよ試合が始まろうとしています。この決勝戦、どちらが勝って高校日本一の座をつかむことができるのでしょうか!?
明石第一女子との試合も、いよいよ決着です!

瑞沢高校と明石第一女子との白熱した試合が続いています。試合の中で、これまでどこかカルタに対して冷めていた恵夢は、千早に刺激されて情熱を感じさせるようになっていきました。千早の目指す先、そして恵夢の目指す先には、クイーンがいます。

最初に戦いを決めたのは、明石第一女子でした。肉まん君との勝負に勝って、1勝を勝ち取りました。しかし、すかさず瑞沢高校も奏ちゃんが1勝して、試合を五分へと持ち込んだのでした。さらに、太一が2勝を決めて瑞沢高校が有利な展開になりました。

ところが、この大事な場面で千早は恵夢に勝ち越すことができませんでした。敗因はいろいろとあるのでしょうが、力が入りすぎてしまったことがまずかったようです。そして勝負は、机君の試合で決定されることになりました。しかも、残り札は共に1枚という運命戦です。

この勝負では、机君が今まで積み重ねてきたものがものをいいました。運命戦で読まれる札を研究していた机君は、相手の陣地にある札が読まれる確率が高いと読んでいました。その読みが見事にあたって、瑞沢高校は決勝戦へと駒を進めることになったのでした。

1期の机君はちょっと頼りない感じでしたが、2期になって先輩になったら、とっても頼もしくなりましたね。
これまでに積み重ねたデータを着実に自分の味方にしているあたりが、とっても机君らしいと思いました。
明石第一女子との戦いが続いています。

逢坂恵夢にペースを握られて、自分のペースをつかむことができなかった千早でしたが、奏にアドバイスされてようやく札を取ることができました。これで千早のペースになるかと思いきや、恵夢は簡単には崩れませんでした。札を取られた後も、恵夢は自分のペースで攻めてきます。

なんとか自分のペースを作ろうと、あれこれ試行錯誤する千早でしたが、相手に言いがかりをつけるのは苦手だったりして、どうもうまくいきません。対する恵夢は、相変わらずのマイペースです。しかし恵夢の本当の思いは、クイーンになることよりも、みんなで楽しくかるたをすることでした。

それぞれの思いが交錯する中、ようやく千早がペースをつかみ始めました。これまでにみんなが練習相手になってくれて、いろいろと研究してきた成果が出てきたのです。まるで詩暢のような正確な手つきで、千早は札をとってみせたのでした。そんな千早をみて、恵夢の様子が変わりました。恵夢はクイーンは特に目指していないですが、それでも千早には負けたくないと思わせたのです。

こうして瑞沢高校と明石第一女子の試合は、ますます白熱していきます。この熱戦を制して勝ち上がるのは、どちらのチームなのでしょうか!?
団体戦の準決勝。千早たちはクイーン候補の逢坂恵夢がいる明石第一女子と対決することになりました。

ここまで、明石第一女子はずっと同じオーダーで戦ってきています。それは、今回の千早たちとの戦いでも変わりませんでした。そんな中太一は、あえて強敵の恵夢に千早をぶつけるのでした。東京予選の時に北央があえて互角の戦いを挑んできたように、今度は千早たちが互角の戦いを挑むのです。

逢坂恵夢には熱心なファンがいました。近所の男子校の写真部の生徒ですが、文化祭で明石女子を訪れた時に恵夢に優しくされて以来熱烈なファンになったようです。これから準決勝が始まるという緊迫した場面で、この男子生徒たちの回想シーンが入ったのには笑ってしまいました。(^^;

そして、いよいよ準決勝が始まりました。以前にも千早は恵夢の戦いを見たことがありましたが、それから時間が経って恵夢はさらに進化していました。これまでにはなかったスピードが、恵夢に加わっていたのです。送り札でも攻撃的な恵夢のかるたに、千早は翻弄されてしまうのでした。

しかし、途中で狙っていた札を取ることができて、ようやく千早はペースをつかみました。そんな千早に声をかけたのは奏ちゃんでした。機械的に札を取るだけでなく、それぞれの歌にはそこに込められた思いがあることを奏は思い出させてくれました。

奏も連戦で疲れがたまっていないはずはないのに、歌を歌として味わう気持ちが残っているのは凄いですね!
全国大会、団体戦決勝トーナメントの開始です。

決勝トーナメントを前に、瑞沢高校は揺れています。なんと肉まん君が、机君は決勝トーナメントにも出なくていいと言い始めたのです。しかし、これは肉まん君なりの思いやりが言わせたセリフでした。本当に出なくていいのではなく、情報収集にかまけるあまり、何が何でも試合に出場するという強い気持ちを肉まん君は忘れて欲しくなかったのでした。

この問題の最終的な決着は、キャプテンの千早が決めました。決勝トーナメント第1回戦のオーダーは、予選と同じく机君を抜いて筑波君を入れるということで落ち着きました。これは千早が原田先生から言われていたことを思い出したからでした。情報収集には、予想外に体力をつかいます。それをずっとしてきた机君は、きっと疲れ切っているはずという千早の判断だったのでした。

こうして瑞沢高校は、第1回戦の相手・京都代表の翔耀高校と対戦することになりました。序盤は相手にペースを握られて、瑞沢高校は苦しい試合運びを強いられました。しかし、中盤から机君の偵察のメモが大きな意味を持ってきました。それぞれに対戦相手の癖を知り抜いていた千早たちは、落ち着いて相手に対することができました。そのおかげで、千早たちは1回戦を突破することができたのでした。

その頃、疲れ切った机君は眠り込んでいました。千早の読み通り、情報種集は予想外に体力を使うものだったようです。今後の対戦相手の情報をつかむため、机君はその学校と戦って負けた相手からも情報を集めていました。全ては、瑞沢高校が全国大会で1位になるための努力でした。

続く第2回戦では、明石第一女子との対戦です。この高校には、昨年クイーン戦で詩暢と戦った強豪選手が控えていました。戦いを前に、肉まん君は再度机君の意思を確認しました。みんなで苦労してきた千早たちは、やはり固い絆で結ばれていました。こうして第2回戦では、机君が登場することになったのでした。

いつもなら、強い選手と当たりたいと望む千早でしたが、今回はチームの勝利を最優先に考えて、あえて弱い選手と当たることも辞さない覚悟でした。しかし、太一が最終的に決定したオーダーでは、千早は強豪選手と当たるように組まれていました。策を弄して勝つのではなく、互角の勝負で勝ち抜いてこそ本当の強さ。それを瑞沢高校は、東京予選の北央との戦いで知ったのでした。

団体戦の終わりが見えてきた中、瑞沢高校がどこまで勝ち上がることができるのか楽しみです。
瑞沢高校の2回戦の相手は、山口県の美丘高校です。秀才揃いで本来はクイズをやっている美丘高校に、千早たちは思わぬ苦戦を強いられるのでした。

団体戦の予選第2試合が始まろうとしていました。次の千早たちの相手は、山口県の美丘高校でした。この学校は、進学校として全国的に名を知られていました。その上、千早たちと対戦することになった生徒は、クイズ大会への出場でも知られている有名人だったのでした。

美丘高校の札の配置は独特でした。シャッフルしたカードを、単に中央に並べています。そして、頻繁に札の位置を移動させるのでした。この競技かるたのセオリーから外れたやり方に、千早は激しく混乱するのでした。千早の持ち味は攻めカルタなのに、この対戦相手には自陣を守るかるたになってしまっていました。

その頃、新もまた審判の時を迎えていました。審査委員で協議した結果、不正をした新は個人戦への出場を取り消す決定が下されようとしていました。新に代理を頼んだ同級生は、必死で新を弁護しようとしますが、新はあくまでも厳しい処分を希望するのでした。

そんな時、鳥人間コンテストが中止されて落ち込んだ詩暢が現れました。詩暢は、新が個人戦への出場を取り消されそうだと知ると、新が出ないなら自分も出場しないと審査委員にごね始めるのでした。

一方、千早は混乱しつつも、ようやく自分のかるたを取り戻してきました。相手はクイズで鍛えた予測の技術を使って対抗してきましたが、千早の耳の良さはそれを上回っていました。こうして千早、太一、肉まん君が勝利して、瑞沢高校は次の対戦へと駒を進めたのでした。

このあたりで、そろそろ机君の出番かと思いきや、肉まん君は3回戦も机君ではなく筑波で行こうと提案しました。肉まん君が机君ではなく、筑波を出場させるようにと主張した理由は何なのでしょうか!?
新が、福井代表の替え玉として団体戦に出場するお話でした。

千早たちの試合を見るために、1日早く新は近江神宮へとやって来ました。そこで新は、若宮詩暢と出会ったのでした。しかし詩暢は、お参りに来ただけで、団体戦には全く興味がないようです。詩暢に言わせれば、団体戦はかるたを本当に好きではない人間がするものらしいです。新自身も、個人戦にしか参加していませんし、福井の高校ではみんなかるた会に入会してしまうため、団体戦のレベルは高くないようです。

その頃、1回戦の情報が太一のところに届いていました。強豪校として知られる富士崎高校を偵察した机君は、その圧倒的な力に驚いていました。なんと富士崎高校は、5人のA級選手をそろえてきたのです。なんかおねえキャラがいたりしましたが、千早たちが勝ち抜いていった時、この富士崎高校が強敵になるのは間違いなさそうです。

会場へやって来た新は、中学の時の同級生と出会いました。彼らは仲間が交通渋滞に巻き込まれて試合までこられずに困っていました。新を見つけた同級生は、新を身代わりにして出場させるのでした。といっても、新が加わっても選手は3人しかいません。1人でも負ければ、その時点で試合には負けてしまいます。

眼鏡を外して初心者のようなかるたをしていた新でしたが、同級生の負けを確認したところで気持ちに火がつきました。対戦相手にきちんと応えるために、そしてがんばっているチームの仲間を励ますために、新は本気でかるたに立ち向かうのでした。ところが、身代わりで参加していたことが大会の運営委員にばれてしまいました。事態を重く見た運営委員は、個人戦への新の出場停止さえ考えています。新はこのまま個人戦に参加できなくなってしまうのでしょうか!?

今回は、新が団体戦の面白さに目覚めるお話でした。とはいえ、いくら困っているとはいえ不正はよくないですよね。安易に出場を引き受けてしまったのは、やはりどこかで新が団体戦を軽く見ていたということではないでしょうか。
いよいよ全国大会が始まりました。千早たちの最初の対戦相手は、なんと外人さんでした。

昨年と同じく、千早たちは全国大会が行われる近江神宮へとやって来ました。昨年の反省を踏まえて、今年は団体戦の勝利を勝ち取ろうと千早たちは燃えています。そんな中、机君が思いきった作戦を立ててきました。なんと自分の代わりに筑波を試合に出すことにしたのです。その間に、机君と菫はこの先の対戦相手の情報を集めることに専念するのです。

そして千早たちの最初の対戦相手が発表されました。千葉情報国際高校。その高校の選手たちは、なんと外人さんばかりだったのでした。日本の競技かるたが外人さんに受け入れられていることを知って、千早は感涙しています。そして他のメンバーも、外人さんが相手ということで妙に緊張しているのでした。

みんなの緊張を解くために、太一は英語で相手の高校の選手たちに話しかけました。その結果わかったのは、彼らは見た目は外国人ですが、日本で生まれて日本で育った生粋の日本人だということでした。これで少し緊張は解けましたが、試合の序盤は千葉情報国際高校の優位で試合が始まりました。

しかし試合が進むにつれて、千早たちは相手の選手たちも自分たちと同じく、かるたが好きで仕方がないのだとわかってきました。そして、ここから瑞沢高校はその本領を発揮しました。全員が磨き抜かれた技で、鮮やかに札をとってみせたのでした。相手の選手たちは、その凄さにただただ圧倒されるだけでした。

こうして試合は瑞沢高校の勝利で終わりました。千葉情報国際高校の選手たちは気落ちしていましたが、千早からのまた一緒にかるたをしようというメッセージを見て、もっと強くなってこの場所に帰ってくることを誓うのでした。

そんな会場に、一足遅れて新がやって来ました。個人戦はまだ先ですが、千早たちの様子が見たくて早くやって来たようです。そんな新の肩をつかんだのは、若宮詩暢でした。2人はどういう関わりがあるのでしょうね。
全国大会開始前の日常が描かれました。

決勝戦で北央学園に敗れたことで千早は落ち込んでいます。そんな時、姉の千歳も新たに始めた女優の仕事がうまくいかなくて落ち込んでいたのでした。弱気になった千歳は、モデル業だけでなく、大学に進学することも考えていたのでした。

全国大会の前に、千早たちには試験を突破しなければなりません。現代国語と古典、その両方で70点以上を取らなければ、夏休みに短歌を20首作ってくるという課題が与えられることになりました。それを回避するため、千早たちは勉強にも精を出さなければなりません。

そんな時、千早は吹奏楽部が部室が狭くて困っていることを知りました。そこでかるた部の部室の空いている2階を、吹奏楽部に提供すると宮内先生に申し出たのでした。先生は、千早がまともな行動に出たことに感動しますが、先日の運命戦で運の大切さを知った千早は、"かるたのために"売れる恩は売っておこうと考えただけでした。(^^;

千早の落ち込みが続いているのを見たお母さんは、千早を買い物に誘いました。どこへ連れて行くのかと思いきや、奏ちゃんの呉服屋さんでした。そこでお母さんは、千早のために袴を一揃え買うと言ってくれたのでした。これから先、千早が全国で戦うようになれば、袴で戦う機会も増えてくるでしょう。いつも奏ちゃんのお母さんに袴を借りているのを、お母さんは心苦しく思っていたのでした。

お姉さんの千歳とは違い、千早はどちらかといえば親から放任されていますが、それは千早がかるたに熱中しているのを見て、お母さんはこれなら千早は大丈夫だと信頼してくれたからでした。そんなお母さんの気持ちを知った千早は、全国大会に向けて新たな力を得たのでした。そして、そんな千早に励まされて、お姉さんの千歳も仕事をもう少しがんばってみようと思ったようです。

そんなある日、千早たちが試験勉強をしていると、突然吹奏楽部が現れました。何かと思えば、全国大会に出場することになったかるた部のために、応援の演奏をしてくれたのでした。部室が狭くて困っている時に助けてくれて、本当に吹奏楽部は感謝していました。その気持ちを演奏にして伝えてくれたのでした。

そして、とうとう千早たちは全国大会へとやって来ました。千早と同室になった菫は、千早に恋の悩みはないのかと尋ねます。しかし、千早の頭の中にはかるたのことしかないようです。そして千早は、新に電話をかけました。新は団体戦での出場はなく、個人戦だけで勝負しているのでした。そんな千早の様子を太一が見つめています。千早、太一、新の3人の関係はこれからどうなっていくんでしょうね。
北央学園との決勝戦。ついに決着です!

高校選手権の東京予選、決勝戦は昨年も対戦した北央学園です。全国大会には2校が出場することが決定していますが、東京で一番強い高校はどこかを賭けて2校が激しく激突します。

ひょろ君の特殊能力で、瑞沢高校と北央学園はそれぞれの大将と大将、副将と副将という形で互角の相手と対戦することになりました。3勝をあげた方が勝ちというこの大事な場面で、精神的に動揺した肉まん君がまさかの敗北。瑞沢高校は窮地に立たされるのでした。

そんな中、千早のもう1つの能力が発揮されました。これまでは若宮詩暢を意識した札取りの正確さで勝負していましたが、今度は周防名人ばりの感覚の鋭さで勝負してきたのでした。そんな千早に圧倒されて、北央学園の大将・甘糟は動揺するのでした。しかし、これまでの部活を思い起こして、甘糟は死力を振り絞ります。これまで甘糟はチビだからという理由で、他の部活では活躍することができませんでした。しかし、かるたでは体の大きさは関係ないのです。

そして試合は進み、対戦は残り札2枚となりました。ここで北央学園は、団体戦慣れしているところを見せつけました。運命戦と呼ばれるその試合で、すでに1勝している北央学園は、確実に2勝を得る作戦をとってきたのでした。千早や奏ちゃんは、自分のことに夢中でその意味に気がついていません。しかし、太一と机君は今がいかに不利な状況かを悟ったのでした。

しかし、このままおめおめと負けるわけにはいきません。相手の作戦を知った上で、太一は気合いでひょろ君の札を取りに行きます。そんな太一の迫力に押されて、ひょろ君はまさかのお手つきをしてしまうのでした。これで試合は五分と五分になりました。緊迫した状況の中、それでも千早はよけいなことを考えずに札に向かっています。こういう時に無心でいられる集中力が千早の持ち味ですね。

そして最後の札が読まれました。千早は果敢に敵陣である甘糟の札を狙います。そんな千早に押されるように甘糟は自陣の札をおさえました。それが運良くあたり札でした。こうして白熱した東京予選の決勝は、北央学園の勝利に終わったのでした。しかし、甘糟は須藤先輩に聞かれて、これが実力での勝利だとは言えませんでした。思わず取った札がたまたまあたり札だっただけで、実力で勝ったとは言いがたかったからです。

こうして試合は終わり、いつものように疲れ切った千早はそのまま寝込んでしまいました。でも目を覚ました千早は、楽しかったと笑顔を浮かべたのでした。しかし、楽しい試合ではありましたが、負けてうれしいはずがありません。みんなと別れた後、新からメールをもらった千早は、負けた悔しさに涙を流すのでした。

決勝戦には敗れましたが、1年生にとってはそれが刺激となりました。筑波と菫は、共に白波会への入会を決めました。もちろん、より強くなるためです!
これからの1年生の成長と活躍も楽しみですね。