日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › Category - カペタ
2006-02-21 (Tue)

カペタ #21

カペタ #21

桃太郎がレースで8位に入賞したのを祝ってパーティが開催されました。カペタたちは、なぜかそのパーティにお呼ばれすることになりました。前々からわかっていたことではありましたが、桃太郎の家ってとんでもない大金持ちでした。屋敷の入り口から本邸まで5分以上かかるって、どんな家なんだか。(笑)桃太郎、お金持ちのイヤなヤツかと思っていましたが、最近元気がないカペタを気遣ってパーティに招いてくれたのでした。意外とい...

… 続きを読む

* by ハトはは
こんにちは~♪
今回は確かに中休み的な雰囲気でしたね。
でもモータースポーツ100年の歴史はとっても面白かったし、
カペタとノブに、何気にカートの先のF1を意識させるような内容だと思いました。
奈臣を追う先には、F1があると・・
竜に火を吐く茂波は迫力ありましたネ♪

* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。
OPではF-1に乗っているカペタが登場しますが、いつかはカペタと奈臣がF-1で戦う場面を見られるのかもしれませんね。
モナミが竜の生け贄にされていたのには笑ってしまいました。竜に負けてないモナミも凄かったですけど。(^^;

Comment-close▲

2006-02-15 (Wed)

カペタ #20

カペタ #20

ノブの風邪、奈臣の耐久レース出場、そしてお父さんが倒れてしまったカペタ。カペタとモナミは、レースをノブにまかせて源母の車で病院に駆けつけました。どんな重態なのかと思ったら、なんとお父さんは足首をねんざしただけ。一緒に働いていた同僚が、倒れたお父さんを見て重病かと勘違いしただけでした。まずはめでたしめでたしでした。一方、カペタ&モナミのいない間、ノブは1人で大苦戦。よくよく考えてみれば、カペタはとも...

… 続きを読む

2006-02-08 (Wed)

カペタ #19

カペタ #19

前回スポンサー獲得に成功したので、遠征資金はOKかと思いきや、まだ資金不足でした。カートって、本当に金食い虫なんですね。今回の主役はノブでした。友達のためにあそこまでがんばれるノブって、凄いと思います。学生時代って、それでなくても欲しいものやらしたいことがいっぱいあるじゃないですか。その全てをなげうってでもカペタにいいレースをさせてやりたいというノブの気持ちにほろっとさせられました。以前の感想でも少...

… 続きを読む

2006-01-31 (Tue)

カペタ #18

カペタ #18

前回の予告でカペタとノブがケンカしてしまうと知っていたので、今回はどろどろした展開になっちゃうのかなあと心配していたのですが、カペタはやっぱりカペタでした。チームのマネージャ的な役割でがんばるノブ。カペタのがんばりに、ノブも奮起して資金獲得のためスポンサー探しをするのでした。しかし、最初に考えていたよりスポンサー獲得の壁は厚く、カートというスポーツが世間的にはほとんど知られていないという厳しい現実...

… 続きを読む

2006-01-24 (Tue)

カペタ #17

カペタ #17

いよいよ中間試験です。カペタは常盤先生、渋谷先生との約束どおり5教科300点以上を取ることが出来るのでしょうか。試験前の超過密スケジュールも乗り越えて、カート、バイト、勉強にがんばるカペタでした。さらにカペタは、もし約束を果たせたらレースを見に来てくださいと常磐先生にお願いするのでした。そして、試験の結果発表。先生たちとの約束どおり、見事カペタは300点以上を取ることに成功したのでした。おまけに、前回バ...

… 続きを読む

2006-01-17 (Tue)

カペタ #16

カペタ #16

カートと勉強の両立なお話でした。カートのフレームって消耗品みたいですね。あれだけ激しいレースをしているんだから無理ないと思いますが、資金に余裕のないカペタには厳しい現実ですね。さらに追い打ちをかけるように、授業中に居眠りしていたカペタは、次回の中間テストで5教科合計300点以上をとらないと土日は補習授業を受けなくてはならなくなってしまいました。学生の本分は勉強とはいえ、奈臣と1日も早く対等なレースを...

… 続きを読む

* by みやびん
こんにちわ、みやびんです。
それにしてもカペタくん、可哀想なほど試練続きですね。中三の設定みたいですが、カペタくん、高校進学とかどう考えてるんでしょうね。レースで資金難な上に高校まで入っちゃったらお父さん、それこそ寝る間もなく働かなくちゃいけませんよね。
カートで食べていけるようになるとは思えないし、中卒で就職って道を選ぶのかな~?

* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。
そういえば、そうですね。カペタは中学卒業したらどうするつもりなんでしょうね。バイトしているカート場にそのまま就職!?
でもカペタ以外のモナミやノブは進学考えているような気がするし、そうするとチームカペタは解散しちゃうんですかねえ。う~ん、現実って厳しいですね。

Comment-close▲

2006-01-10 (Tue)

カペタ #15

カペタ #15

成長したカペタの新たなる戦いが見られました。今回は声優さんが変わった違和感は感じませんでした。わずか数年の間にカペタはとんでもなく成長したみたいです。本当にそんなことができるのかわかりませんが、カートの片輪走行には驚かされました。カートを操るバランス感覚に優れているということなんですね。ステップアップして、ようやく源奈臣と同じレースで戦えるかと思ったカペタ。そんなカペタの前に立ちはだかってくるのは...

… 続きを読む

2006-01-02 (Mon)

カペタ #14

カペタ #14

長かったカペタの初レースも、いよいよ今回で決着です。オートハウスレーシングのチームオーダーにより、どうしてもタケシとイサムを抜くことが出来ないカペタ。今回の見所は、そんな2人をどうやってカペタが抜くかでした。前回のラストで勝ち方は何となく見えていたのですが、カペタの走りが2位のイサムをどんどん押し上げていきました。そして、タケシとイサムが並んだ時がカペタのチャンスでした。2台のマシンの間をすり抜け...

… 続きを読む

2005-12-27 (Tue)

カペタ #13

カペタ #13

今回も燃え展開でした。本来の実力を発揮し始めたカペタ。次々と前のカートを追い越して、源親子が率いるオートハウスレーシングの2台に迫ります。この調子で1位だあと思ったら、カートの管理人さんからカペタは3位だと思うという意外な発言が。そんなこと言われたら、モナミちゃんじゃなくたって怒るよ。視聴者だってカペタが1位になるのを期待して見てるんだからあ。と思ったら、管理人さんから説明がありました。確かに源さ...

… 続きを読む

2005-12-20 (Tue)

カペタ #12

カペタ #12

大勢で走るレースは、格闘戦だということを学んだカペタ。今回は、それを踏まえての燃え燃えのカペタの追い上げでした。部屋のエアコンを入れ忘れていたのですが、思わず寒さを忘れてました。(^^;何のかんの言ってた奈臣ですが、やはりカペタのレースは気になっているようです。珍しくレース見物をしている息子をからかうお母さんに、頬を染める奈臣がかわいかったのでした。カペタのところも変わった親子関係だと思いますが、源さ...

… 続きを読む

* by ハトはは
こんばんは~♪
カートの追い抜き、「よおし!」とリキ入りました!
父さんが泣き出してしまったときは、私もうるうる・・
音楽の入れ方とかも上手いんですよね~コレがまた。
一般人がはまると大変って、経済的な事かなぁ?
でも、皆がオートレースみたいなチームのわけではないでしょうし、
一体どういうことなんでしょうね?
来週は結果が出るのでしょうか。
毎週わくわくします☆

* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。
今回のお父さんウルウルは良かったですよね。カペタは、視聴者を作品に引き込むのがとても上手いですね。
最初は声優さんの演技が拙いのが気になってたんですが、今はそれもあまり気にならなくなりましたし。(^^;
それから、カートはやはりお金がかかるんでしょうかねえ。そういえば最初の頃に、部品の雑誌を見てこんなに高いのって驚いてましたね。
誰か強力なスポンサーが登場するということなのでしょうか。次回も楽しみです。(^^)

Comment-close▲

2005-12-13 (Tue)

カペタ #11

カペタ #11

前回、ドライバーは熱くなってはダメだという教訓を得たカペタ。それをいかして、本戦にがんばれるかが見所なお話でした。カペタのお父さん萌えなモナミちゃんがいい味だしてました。せっかく奈臣のお母さんからアドバイスをもらえそうだったのに、モナミの嫉妬で失敗。これが後の戦いに響かないといいのですけど。(^^;そして、いよいよ本戦スタート。予選と違って最初にフォーメーションを崩さないように何回か走って、ある程度隊...

… 続きを読む

* by みやびん
こんにちわ。みやびんです。
最近、感想も書いてないのに、面白くてしょうがないカペタですが、毎回、何かしら悩んで、ちゃんと一つずつ克服していくので、観ていて気持ちいいです。
今回はパパが責任感じてますね。もともと根が優しい子だと思うので、全部が全部、パパの責任じゃないとは思いますが。
来週、カペタが前を走るカートをどんな風に抜かしまくってくれるのか、楽しみです。
しかし、カートの世界って、案外難しいんですね。知らないことだらけですよ!

* by ハトはは
こんばんは~♪
>何だか不思議なスタート方式なのでした。
やり方はF1とかと同じと言ってたと思うので初耳でした。
安全面を考えると、慣らし運転をしながらのスタートの方がいいという事なんでしょうか?
苦戦しそうですが、このままじゃ終わらないだろうと期待しています☆

* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。
みやびんさん。本当にカートって知らないことだらけですね。私は昔、カートって遊園地とかにある小銭を入れると動く乗り物かと思っていました。(^^;
それとはまた違った本格的なものだったんですね。カペタと奈臣が競い合うところを見てみたいです。
ハトははさん。そういえば、F-1もレース前にみんな並んで走っているのを見たことあります。
今回のカペタを見ていると、1位と2位のカートがスタート地点を通り過ぎてから旗が振られていたじゃないですか。私は今ひとつあれが納得できないのでした。旗を振るなら、1位の車が通過する前じゃないと不公平な気がするんですけどね。

* by ハトはは
また、お邪魔しま~す☆
F-1レースというとスタート前に皆並んで、
物凄くエンジンをふかすイメージがあったのでダンナに聞いてみたら、
スタート前に一周ウォーミングアップランというのをやって、
それから並んで一斉にスタートすると言ってました。
アメリカのインディーズレース(だったかな?)というのではローリングスタート方式だとか・・
カートではポールポジションを取ったものに特権が与えられるということなんでしょうかね・・?
以前ちょこっと見た競艇のアニメ『モンキーターン』では、
ローリングスタートみたいなんだけどスタートラインは揃えなければみたいな感じで、
もっと大変だなぁと思いました。
いろんなスタート方式があるもんですね。

* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。
わざわざダンナさんに確認していただいてありがとうございます。(^^)
そういえば、サイバーフォーミュラを見ていた時にもそんな感じのやり取りがあったような・・・。
キャラ萌えで見ていたので、詳しいレース展開はあまり記憶が確かじゃなくて恥ずかしいです。(^^;
今回のカペタは、バトンリレー方式の走りっこみたいなものだと解釈しておくことにしました。
カペタには何とか奈臣をあっといわせて欲しいです。がんばれ、カペタ~!

Comment-close▲

2005-12-06 (Tue)

カペタ #10

カペタ #10

前回の走りでコースレコードを出したカペタ。これで奈臣に100年早いと言われたことを見返せると思ったのですが。上げて落とす。毎回、本当にこの作品は、それが上手いなあと思います。カペタの勝利を祝福するかのように、お父さんの会社の社長さん(一瞬、お金持ちなお坊ちゃんのお父さんかと思ってしまいましたが。^^;)、クラスメートとさまざまな人々がカペタの周りに集まってきます。奈臣のチームの子供たちは、カペタに負けた...

… 続きを読む

2005-11-29 (Tue)

カペタ #9

カペタ #9

気持ちいい~っ!!! 落とされて上がる! 熱血物の醍醐味だよね~!前日の予選では、カートをクラッシュさせてしまったカペタ。前回はカペタが精神的に立ち直るまでのお話でしたが、今回は試合前の最後の練習でとうとうカペタがやってくれました!いけ、いけ! カペタ~っ! そういう感じのお話でした。奈臣のチームの選手たちに、20秒の差を付けられていたカペタ。1周ごとに1秒ずつタイムを縮めています。なんとブレーキち...

… 続きを読む

2005-11-24 (Thu)

カペタ #8

カペタ #8

初めて本格的なカート用エンジンを乗せてコースに出たカペタ。しかし、奈臣に追いつくには100年早いと言われたことばかり気にしているカペタは、本来の力を発揮することができません。結局、2週目にクラッシュ。カペタは、何が起こったのかすらわからない。呆然としたカペタは、しばらく誰の言葉も耳に届きません。モナミは、源母にだまされたんだと抗議にゆく始末。でも、カペタのタイムを見た対戦相手は、カペタなんて問題にも...

… 続きを読む

2005-11-15 (Tue)

カペタ #7

カペタ #7

レース参加を決めて燃えるチームカペタ。でも意気込みは凄いのですが、実力が全然伴っていないのが弱小チームの悲しさです。今回は、ほのぼの展開でした。カートを始めたことでカペタがクラスで注目されたり、ヘルメットのデザインを考えたり、お金のやりくりに苦労しながら練習したり、カペタたちは真剣なんですが、どこか笑ってしまうような感じでした。おまけに、初登場のお金持ちのボンボン。お猿やレースクイーン風な女性まで...

… 続きを読む

* by みやびん
こんにちわ。みやびんですー。
感想は書いてませんが、ハマってしっかり毎週観てる「カペタ」。
いつのまにかライセンス持っててビックリしたんですが、SLライセンスは講習会に出れば取得できるものらしいので、すっとばされたんだなと。
あと、今回、奈臣クンが言った「どアホゥ!」で、思わず「スラムダンク」の流川クンを連想。だって言い方が似てたんだもーん!
来週はサブタイからして、早速なんかやらかしてくれそうですね。では!

Comment-close▲

2005-11-08 (Tue)

カペタ #6

カペタ #6

前回まででカートの戦いは終わり、今回は次の戦いまでのつなぎ的な話になるのかなと思ったら、予想外に熱い話でほろっときてしまいました。カペタたちは、カートについてもっと知るために図書館でお勉強。何と子供のくせに、自らの手でエンジンをチューニングしようというのです。無謀と言ってしまうのは簡単ですが、こういう情熱が大切なんだなあと感激しました。源ファミリーは、けっこうなお金持ちのようです。お母さんは派手だ...

… 続きを読む

* by みやびん
こんにちわ。みやびんです。
『カペタ』、感想書いてないんですが、結構ハマって毎回観てしまいます。SEがすごく丁寧で、エンジンの音も、実物から拾ってきてるようなリアル感があるし、展開が早くて、とても観やすいなと思います。
ナオミくんが、とても小学生には見えなくて、またソコがツボ!カペタくんの成長ぶりも見物ですね。先が楽しみです。

* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。
原作つきということで、アニメ的にはそんなに期待していた作品ではなかったのですが、予想外におもしろくて驚いています。
なんかみんな格好いいんですよね。

Comment-close▲

2005-11-01 (Tue)

カペタ #5

カペタ #5

今回も熱い展開でした。エンジン性能の劣るマシンで、どこまで高性能エンジンに食い下がれるかがおもしろく描かれていたと思います。カート場にいた多くの人達が、みんなカペタを応援していました。その気持ちわかるなあ。勝って当たり前のものが勝っても、何の感動もありませんから。不利な条件を克服して、勝利をつかむ。やはりそれが快感なんだと思いました。カペタの乗っていたマシンは、一度ブレーキをかけると再びスピードが...

… 続きを読む

2005-10-25 (Tue)

カペタ #4

カペタ #4

お父さんの手作りカート、フレームがゆがんでいてまっすぐに走ることができません。普通ならそれで諦めてしまいそうですが、カペタはどうしても諦めません。次々といろいろな工夫を考えて出して、カートの潜在能力を極限まで引き出してゆきます。良い環境でレースできるのが一番いいですが、現実には最高のエンジンと最高のマシンを手に入れるのは難しい。本当のレーシングドライバーには、与えられたマシンでそのマシンの最高の能...

… 続きを読む

2005-10-18 (Tue)

カペタ #3

カペタ #3

いよいよ手作りカートがサーキットへデビューです。廃棄された部品からカートを作り上げたカペタのお父さんですが、エンジンだけは高くて手が出ません。一度は制作を諦めかけるお父さんでしたが、カペタのいつものセリフから今までカペタが我慢ばかりしてきたことに気がつくのでした。この後の社長さんとのやり取りがいい話でした。苦労して会社を立ち上げた社長さんだけに、カペタが本気でカートに乗りたがっているという思いが伝...

… 続きを読む

2005-10-11 (Tue)

カペタ #2

カペタ #2

第1話はカペタの住んでいる環境がよく描かれていたと思いますが、お話としては今ひとつ動きが乏しくておもしろみに欠けるところがありました。第2話では、カペタがカートを手に入れて、俄然おもしろくなってきました。カートを目にした途端、それまで消極的だったカペタが驚くほど積極的になるのが良かったです。自分を熱くさせてくれるものにようやく出会えたといったところでしょうか。その後の、坂道をノブと一緒にカートで下...

… 続きを読む

2005-10-04 (Tue)

カペタ #1

カペタ #1

エレメンタルジェレイドが終了して始まったこの番組ですが、第1回にしては何となく地味な感じでした。原作どおりといえばその通りなのですが、作品の出だしとしてはつかみが弱いような感じがしました。カペタのお父さんはいつも働いてばかりであまり構ってくれません。それが原因なのか、カペタはいつも本気を出さずに手を抜いてしまうところがあるようです。でも、車好きでスピード好きというのは今後の伏線としてちゃんと描かれ...

… 続きを読む