時々の記録

コンピュータとアニメ感想etc.のブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › Category - 輪るピングドラム
2011-12-29 (Thu)

輪るピングドラム #24

輪るピングドラム #24

ついに「輪るピングドラム」も最終回です。最終回なんですが、このところいろいろと忙しくて流して見ていたせいか、すっかりお話に置き去りにされてしまった感じでした。(;_;) 作中で流れる発車ベルを聞くと、目の前から作品という列車が遠ざかってしまう感じでした。冠葉に陽毬が救われて、運命を乗り換えて呪いを受けるはずだった苹果は晶馬に救われました。しかし2人を救ったことで、冠葉と晶馬が消えてしまったのは切なかった...

… 続きを読む

2011-12-22 (Thu)

輪るピングドラム #23

輪るピングドラム #23

いよいよクライマックスです!冒頭は16年前の事件から。眞利が主導して、組織のメンバーは世界を破壊しようとしていました。それを阻止したのは、日記を持っていた桃果でした。桃果は日記に書かれた呪文を読み上げて、眞利の企みを消そうとします。しかし、眞利の呪いによって、呪文は半分しか読まれませんでした。そのため眞利だけでなく、桃果も命を落としてしまったのでした。命がつきてしまったかと心配した陽毬でしたが、まだ...

… 続きを読む

2011-12-15 (Thu)

輪るピングドラム #22

輪るピングドラム #22

高倉家はバラバラになってしまいました。そんな中、冠葉は陽毬を救うためにプロジェクトを強行しようとするのでした。陽毬を訪ねて、ダブルHの2人がこっそり高倉家にやって来ました。しかし、もうそこに陽毬の姿はありません。2人は陽毬からマフラーをもらった感謝の気持ちを伝えたかったようです。2人の格好があまりに怪しげなので、不審者かと思って苹果が怒ります。しかし事情を知った苹果は、2人から新作のCDを預かるので...

… 続きを読む

2011-12-08 (Thu)

輪るピングドラム #21

輪るピングドラム #21

高倉家の秘密が明らかになり、家族がバラバラになってしまうお話でした。電車の中で、週刊誌の記者が苹果に接触してきました。その記者は、冠葉が組織の人間から金をもらっている証拠をつかんでスクープしようとしていたのです。しかし、苹果はあの家族をそっとしておいて欲しいと記者に怒るのでした。冠葉は夜中に出かけています。両親と会い、組織から陽毬の治療のための金を受け取るためです。そんな冠葉のあとを、陽毬はこっそ...

… 続きを読む

2011-12-01 (Thu)

輪るピングドラム #20

輪るピングドラム #20

晶馬と陽毬の過去が明かされるお話でした。真砂子の指摘で、陽毬たちは忘れていた過去を思い出しました。晶馬の両親が、まだアパート暮らしをしていた頃、そこで晶馬と陽毬は出会いました。その時、陽毬は独りぼっちでした。子猫を見つけた2人は、その子猫を飼い主が見つかるまで育ててあげようとしました。しかし、アパートの管理人によって、あっさり子猫は命を奪われてしまったのでした。そして陽毬もまた同じように命を奪われ...

… 続きを読む

2011-11-24 (Thu)

輪るピングドラム #19

輪るピングドラム #19

陽毬に真実を思い出させるために、真砂子が高倉家を訪れるお話でした。前回、多蕗に脅されても両親の居場所は知らないと答えた冠葉でしたが、なんと時折両親と会って連絡を取り合っていました。両親の行方は、陽毬の命を盾に脅されても守り抜かなければならないものなのでしょうか!?そして、その両親はいまだに何らかの計画を実行しようとしているようです。そんな両親から、冠葉は大金を受け取っていました。高倉家の謎の収入の出...

… 続きを読む

2011-11-17 (Thu)

輪るピングドラム #18

輪るピングドラム #18

工事中のビルに陽毬たちを連れ出した多蕗は、陽毬を人質にして父親を連れてこいと冠葉に迫るのでした。ゆりの前では平静を装っていた多蕗でしたが、心の奥底では桃果を失った苦しみを抱えていました。そして、ついに多蕗は陽毬の命を餌に、冠葉から父親の潜伏場所を聞き出そうとするのでした。そんな多蕗の過去が明かされました。多蕗の母親は、才能を愛する人でした。音楽家の父と結婚して多蕗が生まれましたが、父に才能がないこ...

… 続きを読む

2011-11-10 (Thu)

輪るピングドラム #17

輪るピングドラム #17

ゆりと多蕗が、陽毬の命を狙ってくるお話でした。陽毬の病状も安定して、表面的には穏やかな日々が流れています。そんな中、冠葉と晶馬は陽毬を喜ばせるために病室でたこ焼きを作ってくれるのでした。(^^; これ、本当にやったら匂いですぐにばれそう。(笑)元気になった陽毬は、何やら男の人のために編み物をしています。冠葉はそれを眞悧先生のものだと思ったようですが、本当は冠葉と晶馬を喜ばせたくて陽毬はがんばっていたので...

… 続きを読む

2011-11-03 (Thu)

輪るピングドラム #16

輪るピングドラム #16

夏芽家の事情が明らかになるお話でした。ゆりから日記の半分を奪い取った真砂子でしたが、それは巧妙に作られた偽物でした。しかし真砂子は、マリオのために、どうしても残りの半分を手に入れようと誓うのでした。今回は、そんな真砂子の家庭事情が明かされました。真砂子の家は、亡くなった祖父・左兵衛が興した巨大企業・夏芽ホールディングスを経営しています。左兵衛は天才的な経営者でした。しかし、家庭では徹底した独裁者で...

… 続きを読む

2011-10-26 (Wed)

輪るピングドラム #15

輪るピングドラム #15

ゆりと桃果の過去が明かされるお話でした。苹果はゆりに緊縛されて、絶体絶命です。そんな時、たまたま同じ旅館の隣の部屋には、福引きで旅行が当たった友人に連れられて、晶馬もやって来ていたのでした。晶馬は、苹果に酷いことを言い過ぎたと後悔していました。そんな時、晶馬は苹果からのボイスメールが来ていることに気がつきました。自暴自棄になった苹果の言葉を聞いて驚く晶馬。運良く隣の部屋にいた晶馬は、ギリギリで苹果...

… 続きを読む

2011-10-19 (Wed)

輪るピングドラム #14

輪るピングドラム #14

時籠ゆりの秘密が明らかになるお話でした。このところ16年前の事件がメインとなって影が薄かった、ゆりが久しぶりに登場です。相変わらず宝塚のような舞台で活躍しています。ところが、ゆりは相手役の男装した女性と肉体関係にあったのでした!しかし、その女性ではゆりを満足させることはできませんでした。ゆりは、過去にどうしても忘れられない人がいたのでした。陽毬の命は、その後も渡瀬眞悧に握られています。陽毬を生かし続...

… 続きを読む

2011-10-12 (Wed)

輪るピングドラム #13

輪るピングドラム #13

ペンギン帽子の力も尽きて、陽毬は再び死にました。そんな陽毬を救ったのは、病院の医師として現れた眞悧だったのでした。あくまで陽毬が死んだことを認めない冠葉。その前に現れたのは、渡瀬眞悧でした。彼は怪しげなアンプルを持ってきて、これを使えば陽毬の命は救われると教えます。しかし、そのためには代償が必要でした。どんな方法でお金を得ているのかわかりませんが、冠葉は陽毬を救うためにどんな代償でも払う決意をする...

… 続きを読む

2011-10-05 (Wed)

輪るピングドラム #12

輪るピングドラム #12

高倉家と苹果には、思わぬつながりがありました。そして16年前の過去が明かされます。なんと冠葉たちの両親は、ある犯罪組織の主導的幹部だったのでした。苹果の姉・桃果が死んだ地下鉄での事件、それは冠葉たちの両親が引き起こしたものだったのです。晶馬がそれを苹果に語った時、変身していた陽毬が倒れました。陽毬はすぐに救急車で病院に運ばれたのでした。その頃、冠葉のところには謎の男から電話が入っていました。さらに冠...

… 続きを読む

2011-09-28 (Wed)

輪るピングドラム #11

輪るピングドラム #11

いろいろな謎が明かされ、また新たな謎が生まれました。真砂子から日記を取り戻すため、冠葉は真砂子の屋敷へと向かいました。真砂子は冠葉を愛していますが、その愛はどこかゆがんでいる感じです。冠葉は真砂子に、苹果から奪った日記の半分を返すように迫ります。しかし、真砂子はそれに応じようとはしません。真砂子にもマリオという弟がいて、その弟のために日記が必要なのだと明かしたのでした。一方、苹果と晶馬はちょっとぎ...

… 続きを読む

2011-09-21 (Wed)

輪るピングドラム #10

輪るピングドラム #10

前々回、事故に遭った晶馬は、軽傷で済みました。かなり派手に車にはね飛ばされていましたが、晶馬は奇跡的に軽傷でした。しかし晶馬にケガをさせてしまったことで、苹果は責任を感じるのでした。その病室に、何やら怪しげな看護婦がやって来ました。彼女は晶馬の食事に薬を混ぜて眠らせると、晶馬を拉致したのでした。その看護婦の正体は、真砂子でした。どうやら日記の半分を奪い取ったのも彼女のようです。真砂子は冠葉に連絡を...

… 続きを読む

2011-09-14 (Wed)

輪るピングドラム #9

輪るピングドラム #9

陽毬の過去が明かされるお話でした。前回、晶馬が事故に遭い、どうなった!?と思わせつつ、今回は全く別の物語が進行しました。スポットが当たったのは、今まで影が薄かった陽毬でした。水族館に出かけた陽毬は、そこでペンギンを追いかけるうちに不思議なエレベーターに乗りました。ペンギンに導かれるままエレベーターは、地下61階まで到着しました。そこにはなぜか図書館があったのでした。そこで本を探すうちに、陽毬は図書館の...

… 続きを読む

2011-09-07 (Wed)

輪るピングドラム #8

輪るピングドラム #8

苹果の努力もむなしく、多蕗先生はゆりと結婚することになってしまいました。それでも多蕗のことを諦めきれない苹果は、思い切った作戦に出るのでした。ゆりと多蕗の婚約が発表されて、さすがの苹果もこれで諦めるかと思いきや、あくまで苹果は運命日記に書かれたとおりに状況を進めようとします。そんな中、苹果は母親以外の女性と一緒にいる父を目撃しました。その女性には子供までいて、お父さんになって欲しいと言っています。...

… 続きを読む

2011-08-31 (Wed)

輪るピングドラム #7

輪るピングドラム #7

プロジェクトM、進行中!相変わらず苹果は、多蕗のアパートの床下で仮想同居生活を続けています。そんな時、多蕗が苹果にお芝居を見に行かないかと誘ってくれました。喜んで出かけた苹果でしたが、そのお芝居はなんとゆりが出演しているものだったのでした。なんとかゆりを出し抜きたい苹果ですが、ことごとくゆりは苹果の一歩先を行きます。そんな中、パーティを主催したゆりは、そこで多蕗との婚約を発表したのでした。衝撃を受...

… 続きを読む

2011-08-24 (Wed)

輪るピングドラム #6

輪るピングドラム #6

冠葉の周囲では、元彼女が記憶を奪われています。一方、苹果に付き合う晶馬は、苹果の家庭事情を知ることになるのでした。冠葉が元彼女のお見舞いに出かけると、彼女から冠葉の記憶は完全に消えていました。そして、病室には不審なペンギンマークの残骸が・・・。不審に思う冠葉でしたが、さらに他の冠葉の元彼女も冠葉の目の前で記憶を奪われたのでした。夏芽真砂子は、何のために冠葉の元彼女たちから記憶を奪ったのでしょうか!?...

… 続きを読む

2011-08-10 (Wed)

輪るピングドラム #5

輪るピングドラム #5

冠葉たちの過去が少し明らかになりました。そして、またしても苹果はゆりに出し抜かれるのでした。冠葉たちの両親が健在だった頃、台風が来ている時に陽毬は容態が悪くなってしまいました。救急車は全て出払っていて、陽毬を助けてはくれません。そこでお父さんが、陽毬をかついで病院まで連れて行ったのでした。そんなお父さんに、冠葉もついていってしまいました。その時、強風でガラス戸が飛んできました。お父さんは、身を挺し...

… 続きを読む

2011-08-03 (Wed)

輪るピングドラム #4

輪るピングドラム #4

苹果は日記に書かれたとおりに、多蕗先生をデートに誘います。しかし、そこには時籠ゆりの姿も・・・。朝から苹果はお弁当作りに精を出しています。何かと思ったら、今日は日記に多蕗先生と書かれた日だったのでした。その予定を現実のものとするため、苹果はがんばっていたのでした。ピングドラムを手に入れるため、そんな苹果に晶馬も同行することになりました。そこで苹果を待っていたのは、数々の試練だったのでした。冒頭に登...

… 続きを読む

2011-07-27 (Wed)

輪るピングドラム #3

輪るピングドラム #3

冠葉と晶馬は、ペンギン帽子に言われるままピングドラムを探します。一方、苹果は日記に書かれていることを現実にするため、カレーを作るのでした。冠葉と晶馬は、ペンギン帽子のことを夢だと思いたいようです。しかし、ペンギン帽子がその気になれば、あっさりと陽毬は死んでしまうのです。この脅迫の前に、今日も冠葉と晶馬は学校をさぼってピングドラムを探すのでした。今回は、少しだけ苹果の過去が明らかになりました。苹果は...

… 続きを読む

2011-07-20 (Wed)

輪るピングドラム #2

輪るピングドラム #2

一度は死んだはずの陽毬は、謎のペンギン帽子の力で蘇りました。ペンギン帽子は、生存戦略のために冠葉と晶馬にピングドラムを探せというのでした。陽毬の命を人質に取られて、冠葉と晶馬はペンギン帽子に従うしかありません。ピングドラムがなんなのかわからないまま、2人は荻野目苹果という女の子を捜し出すのでした。ペンギン帽子が言うには、苹果がピングドラムを持っているらしいのですが、ピングドラムとはいったい何なので...

… 続きを読む

2011-07-13 (Wed)

輪るピングドラム #1

輪るピングドラム #1

幾原邦彦さんが監督ということで視聴しました。これは凄い作品ですね!冠葉、晶馬、陽毬の3人は両親に先立たれて、3人だけで暮らしているようです。それだけでも不幸そうなのに、なんと陽毬が不治の病に冒されていて、余命は後わずかです。それでも3人は楽しそうに生きています。・・・と思ったら、水族館に出かけた途端に陽毬があっけなく亡くなってしまいました。しかし陽毬は、水族館で手に入れた不思議なペンギンの帽子の力...

… 続きを読む