日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › Category - 夢色パティシエール
2010-04-21 (Wed)

夢色パティシエール #28

夢色パティシエール #28

久しぶりに実家に帰省したいちご。ところが、家に帰ってみるとなつめがピアノをやめると言い出していたのでした。各自のスキルアップのために、いちごたちは個別に帰宅して腕を磨くことになりました。そんないちごを待っていたのは、なつめがピアノをやめると言って部屋に閉じこもっていたのでした。いちごがいくら声をかけても、なつめは部屋から出てきてくれません。そこでいちごは、なつめのためにケーキを焼くのでした。ケーキ...

… 続きを読む

2010-04-14 (Wed)

夢色パティシエール #27

夢色パティシエール #27

バニラたちが、追試を受けるためにスイーツ王国に帰ることになるお話でした。試験に合格しなければ、バニラたちはいちごたちのところに帰ってくることができません。4人は団結して、女王様の戴冠を祝うサプライズスイーツを作り出すのでした。今回は、とにかくショコラが可愛かったです。バニラ、キャラメル、カフェはそれぞれパートナーに見送られて出発したのに、ショコラだけは樫野に追試を受けることを言い出すことができませ...

… 続きを読む

* by ピッコロ
こんばんは、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。いつもお世話になっております。記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。


まず最初に、お忙しい中、当ブログの企画に参加して頂きありがとうございました。現在アニメ評価企画7の最終集計結果をブログにアップしておりますので見て頂けると嬉しいです。

そして、今回も「今期終了アニメ(3月終了アニメ)を評価してみないかい?8」と題しまして、評価企画を立ち上げましたので、参加のお誘いに参りました。また、この企画に賛同して頂けるのであれば是非参加していただければと思います。

なお、投票方法等についての詳しい事は以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51531933.html


今回はお礼とお誘いのご挨拶が遅くなり申しわけございませんでした。どうか今後とも末永いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。宣伝大変失礼いたしました。


* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

前回の企画の集計、そして新たな企画へのお誘いありがとうございます。集計結果の方は、先日参照させていただきました。いろいろな方の意見が紹介されていて、毎回とても参考になります。
それから、3月終了アニメの評価も参加させていただく予定です。ただ、このところ公私ともにバタバタしているものですから、締め切りまでに間に合わなかった時はごめんなさいです。

それでは、今後とも末永くよろしくお願いします。

Comment-close▲

2010-04-07 (Wed)

夢色パティシエール #26

夢色パティシエール #26

チーム小城との勝負に敗れたことで、樫野は約束通り美夜のチームに入ることになってしまいました。樫野がいなくなったことで、いちごは寂しそうです。3位決定戦に向けて練習に励むものの、心のどこかでは樫野のことを考えてしまうのでした。そんな時、いちごは同じように次の対戦に向けてがんばっている鮎川さんの姿を目にしました。ところが、樫野がチームに入ったことで、鮎川さんはチームの中で補欠扱いになってしまったのでし...

… 続きを読む

2010-03-31 (Wed)

夢色パティシエール #25

夢色パティシエール #25

小城美夜のチームと対戦することになったいちごたち。しかし、美夜は次々と卑怯な手段を使ってくるのでした。いよいよいちごたちと美夜との対決が始まりました。美夜のチームには、いちごがケーキのデザインを教えてしまった鮎川さんがいました。事前にいちごたちのケーキのデザインを知った美夜は、さらにそれを進化させたものに改良していたのでした。その上、鮎川さんの陰謀で、チームいちごの調理スペースにだけ温風が降り注ぐ...

… 続きを読む

2010-03-21 (Sun)

夢色パティシエール #24

夢色パティシエール #24

ケーキ・グランプリでは、いちごたちはついに小城美夜の率いるチームと対決することになりました。今回の課題は、チョコレートでテーマはLOVE。チョコ作りが得意な樫野がいることで有利かと思ったら、樫野は愛だのLOVEだの言うのが大の苦手だったのでした。それは、樫野の生い立ちと関係がありました。小さな頃から可愛くイケメンだった樫野は、女の子にまとわりつかれてうんざりしていたのでした。今回のグランプリでは、樫野はデ...

… 続きを読む

2010-03-16 (Tue)

夢色パティシエール #23

夢色パティシエール #23

いちごたちの住んでいる街に、サーカスがやって来ました。安堂の弟の一太とサーカスを見物に出かけたいちごは、サーカスの少女アメリと仲良くなったのでした。街にサーカスがやって来ました。一太は、サーカスの少女アメリの可愛さに一目惚れしてしまったようです。いちごたちは、一太を連れてサーカス見物に出かけました。しかし、途中でいちごと一太がはぐれてしまいました。でも、そのおかげで2人はサーカスの少女アメリと仲良...

… 続きを読む

2010-03-09 (Tue)

夢色パティシエール #22

夢色パティシエール #22

寮長さん夫妻にまつわるお話でした。今日も寝坊したいちごは、朝ご飯を食べ損ねてしまいました。そんないちごに、寮長さんがスイーツをくれました。それは寮長さん手作りのバームクーヘンでした。ちょうどいちごたちは、授業でバームクーヘン作りをしていました。しかし、授業ではバームクーヘンを焼くのに、専用のオーブンを使っていました。専用のオーブンを使わずに、どうやって寮長さんがバームクーヘンを作ったのか知りたくて...

… 続きを読む

2010-03-01 (Mon)

夢色パティシエール #21

夢色パティシエール #21

ケーキ・グランプリでチームレモンと対決したチームいちご。しかし、安堂のミスが原因で、いちごたちは試合に引き分けてしまったのでした。決着をつけるため、3日後に再試合が行われることになりました。今度はチーム戦で、友情をテーマにしたスイーツを作ることになりました。ところが、試合を前に安堂が学園からいなくなってしまったのでした。安堂が学園を辞めてしまうかもしれないと知ったいちごたちは、安堂の実家まで彼を追...

… 続きを読む

2010-02-22 (Mon)

夢色パティシエール #20

夢色パティシエール #20

ケーキ・グランプリでの次のいちごたちの対戦相手は、なんと1年生で唯一勝ち残っているチームレモンでした。相手チームのことが気になって、いろいろと調べてみると、なんとチームレモンはなかなかの強敵でした。レモンは聖マリーのパリ校から編入してきた実力者ですし、レモンと一緒に戦う男の子たちもまるで1年生版のスイーツ王子のようです。そんな中、対戦相手に同じ和菓子屋の名店の息子がいることを知った安堂は、激しく動...

… 続きを読む

2010-02-15 (Mon)

夢色パティシエール #19

夢色パティシエール #19

バレンタインデーに、いちごが小城美夜とチョコ対決をすることになってしまうお話でした。もうすぐバレンタインデーです。いちごは、ルミと一緒にチョコ作りの材料を買いに来ていました。そんな時、チョコ売り場で美夜と出会いました。安い材料を買っていたのをバカにされたいちごは、バレンタインデーに美夜とチョコ対決をすることになってしまうのでした。しかし、今回はスイーツ王子の助けは借りられません。いちごは、どんなチ...

… 続きを読む

2010-02-08 (Mon)

夢色パティシエール #18

夢色パティシエール #18

樫野家の事情が明らかになるお話でした。階段でこけて頭を打ったいちごは、念のために病院で検査を受けに行くことになりました。しかし、何となく樫野は憂鬱そうです。なぜかと思ったら、なんとその総合病院は樫野一族が経営する病院だったのでした。樫野の家は、代々のお医者さん一家だったのでした。しかし、どうしてもパティシエになりたい樫野は、家族の反対を押し切って聖マリー学園に入学しました。しかし、その時に条件とし...

… 続きを読む

2010-02-01 (Mon)

夢色パティシエール #17

夢色パティシエール #17

いちごはFグループの早見さんから、なぜか嫌われているのでした。ケーキ・グランプリの1回戦は突破したものの、いちごのスイーツ作りの実力はまだまだです。そんないちごを、Fグループの早見さんは嫌っていました。たいした実力もないのに、編入早々Aグループに入れられて、スイーツ王子に助けられているいちごがうらやましかったのでした。対して、早見さんが所属するFグループの男子は、全くやる気がありません。そんな中で...

… 続きを読む

2010-01-25 (Mon)

夢色パティシエール #16

夢色パティシエール #16

いよいよケーキ・グランプリの第1回戦です。どうしてもローズウォーターを生かしたケーキが作れなくて、思いあまった花房はお父さんの残してくれたローズウォーターを沼に投げ込もうとしました。それを身を挺して守ったのは、いちごでした。いちごと樫野が沼に飛び込んだおかげで、ローズウォーターの瓶が沼底に沈まなくてすみました。もうバラのパウンド・ケーキ作りを諦めると言い出す花房を、いちごはいきなり平手打ちにしまし...

… 続きを読む

2010-01-18 (Mon)

夢色パティシエール #15

夢色パティシエール #15

なんとかケーキ・グランプリの予選を突破したいちご。しかし、最初の対戦相手は、嫌味な3年生のチーム市松だったのでした。前回の予告でわかっていましたが、いちごは何とか予選を突破することができました。そんないちごたちの最初の対戦相手は、何かといちごたちをバカにするチーム市松でした。最初の課題は、チームで家族をテーマにした4つのパウンドケーキを作ることでした。いちごは子供向け、樫野は大人向け、そして安堂は...

… 続きを読む

2010-01-10 (Sun)

夢色パティシエール #14

夢色パティシエール #14

いよいよケーキ・グランプリが間近に迫ってきました。グランプリで勝ち残るために、いちごはスイーツ王子たちに特訓してもらうことになるのでした。樫野がいちごに課したのは、体力作りでした。何はなくても、お菓子作りには体力が必要なようです。それで疲れ切ってしまったいちごですが、本当の特訓はこれからでした。スイーツ王子3人が、それぞれに自分の得意な科目をマンツーマンで指導してくれます。普段は甘い安堂や花房もこ...

… 続きを読む

2009-12-27 (Sun)

夢色パティシエール #13

夢色パティシエール #13

いちごがバニラに連れられて、スイーツ王国へと行くお話でした。あれ!?、今たしかスイーツ王国はラビリンスの管理下にあるんじゃあ^^;と思ったら、それは別のアニメのお話ですね。(笑)冬休み、みんなは帰省しますが、いちごだけは学園に残ってスイーツ作りの練習に励むことになりました。そんな時、バニラがスイーツ王国に帰ることを知ったいちごは、バニラの魔法で精霊サイズになって一緒にスイーツ王国に訪れることになりました...

… 続きを読む

* by のらりんはうす
こんにちは。
今週はフレプリがなくて残念でしたが、夢パティとクロスゲームはありましたね。
来週は逆になるところが(^_^;)

息抜き回と思いきや、今後の伏線満載で侮れませんでしたね。
ちびいちごちゃんがとっても可愛かったです(^-^)

悪ガキトリオはナルシーがスマッシュヒットでしたw
カッシー、アンディー…そうきたか!って感じで(笑)

ハニー様がコロッと騙されちゃったのが意外でした。
あとはやっぱりマロンちゃんですね~
誰に付く精霊か一目瞭然でした(笑)

魔法使いのおばあさんにもらったスプーンは重要アイテムのようで、今後のスイーツ作りにどう影響していくのか楽しみです。

いせかい * by カカオ
スイーツ王国ってまんまアレとかぶりですけれど、夢パティは2008年9月発売のりぼん掲載第1回で出ていますので、こちらが先です。

アニメではこちらが先なのにも関わらず名称を変えざるを得ない、と思っていたのにそのまんまで。りぼん派として、困るところです。

* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。

>のらりんはうすさん

来週は、フレプリはあって夢パティとクロスゲームがないんですよね。年末年始は、定期的に見ている作品は、3日のフレプリまで全部お休みで寂しいです。(;_;)

今回は番外編かと思ったら、作画のレベルも高かったですし、内容的にも面白かったですよね。精霊いちごが可愛かったのもよかったですし、悪ガキトリオも笑えました。

マロンちゃんですが、この先レギュラーになるんでしょうかね。スイーツ王国には、可愛いキャラがたくさんいたので、どんどん聖マリー学園にやって来て欲しいです。(^^;

いちごが今回手に入れたスプーン、重要アイテムなんですね。これが今後のお話でどう活用されるのか、楽しみです。

>カカオさん

なんと、スイーツ王国は夢パティの方が先なんですね! フレプリの方がパクった!?というか、偶然かぶっちゃったんでしょうけど。(^^;

まあ、来年になればフレプリは終了しますから;_;、自動的に問題解消ですね。

Comment-close▲

2009-12-20 (Sun)

夢色パティシエール #12

夢色パティシエール #12

いちごたちが、チャリティーで販売したケーキを買ってくれたジャズミュージシャンのために、恋人探しをしてあげるお話でした。アバンは、いちごからの手紙を受け取ったアンリ先生から。いろいろと大人の事情があるのでしょうが^^;、いちごの手紙を持ったまま微動だにしない先生がちょっと怖いです。(笑)聖マリー学園では、クリスマスの恒例となっているチャリティーでのケーキ販売が行われます。そのためのケーキを、いちごたちは...

… 続きを読む

2009-12-13 (Sun)

夢色パティシエール #11

夢色パティシエール #11

今は仲良しのスイーツ王子の3人。しかし、そんな3人も入学した時からうまくいっていたわけではありませんでした。今回は、そんなスイーツ王子の出会いが描かれました。樫野と安堂は、昔からの幼なじみでした。2人は念願かなって聖マリー学園に入学することができたのでした。そこで彼らが最初に出会ったのは、花房という女生徒にバラの花を振りまく気障な少年でした。樫野はそんな花房と寮が同室になってしまいましたが、シンプ...

… 続きを読む

アニメ夢パティ11 * by カカオ
「りぼん読んでる?」レポート&レビューのカカオです。トラックバックありがとうございました。

確かに今回はいちごの出番が少なすぎ。しかも、その出来事を聞いていちごに何か伝わったものがあったかどうか・・・?ちょっと一息つきすぎてた感がありますね。

* by 横溝ルパン
はじめまして。こちらこそコメント&TBありがとうございました。

スイーツ王子たちの過去もいいですが、できれば主人公であるいちごが、それを聞いて何か行動を起こしたり、心境の変化があったりするお話だとよかったですよね。
何となく今回は、番外編のような気がしてしまいました。

* by のらりんはうす
こんにちは。
今回はいちごの出番が(^_^;)

スイートスピリッツがトリオで登場だったのが意外でした。
バニラだけいませんでしたが、何やってたんでしょうね(笑)
樫野だろうがおかまいなし、思いっきり上から目線のショコラがいいキャラしてました(笑)
樫野の肩にちょこんと乗ったときは可愛かったですね(≧▽≦)

ラスト、いちごちゃんの作ったマドレーヌに厳しい批評、花房と安堂はソフトでしたけど、食べたときの表情の曇り方が(笑)

…プッチンプリンのCMにすっかりハマってます。
「うまくプッチンできたらアンリ先生みたいになれるかな」
…それむり(笑)

* by 横溝ルパン
こんにちは。またまたありがとうございます。

今回は、いちごはいてもいなくてもよかった感じでしたね。(^^;

スイーツ・スピリッツの中では、上から目線のショコラがいい味だしていますよね。その一方で、キャラメルが中の人の演技が今ひとつで^^;、セリフを聞いていると噛みそうでドキドキ感があります。(笑)

プッチンプリンのCM、続いていますね。パティシエールを目指す女の子が、できあいのプリンを食べてちゃダメな気がするんですけど・・・。(^^;

Comment-close▲

2009-12-06 (Sun)

夢色パティシエール #10

夢色パティシエール #10

スイーツ王子たちに厳しいことを言われたいちごは、学園を抜け出して自宅に帰ってきてしまいました。美夜との勝負に勝って調子に乗ったいちごは、この調子でケーキ・グランプリも楽勝だと思い込んでしまいました。しかし、グランプリはいちごが考えるほど甘いものではありませんでした。珍しくスイーツ王子全員から厳しいことを言われたいちごは、落ち込んでとうとう自宅に帰宅してしまったのでした。帰宅したいちごを、家族は温か...

… 続きを読む

* by のらりんはうす
こんにちは。
ヒカルさんのインパクトが強烈でしたw
でもすごくいい人♪

今回は「思いやり」が印象的なとてもいいお話でしたね。
スイーツ作りが初めてのなつめにいちごちゃんはやさしく丁寧に教えてあげてましたし、
いちごママンはさすが親だなあと思いました。

びっくりだったのがいちごちゃんとバニラがプッチンプリンのCMに出ていたことでした。
夢パティバージョンのパッケージが出るかも?

個人的にはとても気に入っている本作ですが、視聴率的には大苦戦のようです(泣)
朝7時というのはネックなのかなあ…
「プロ」のイメージが強いのかもしれませんね。

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

ヒカルさんのインパクト、強かったですね。スキンヘッドのパティシエ・・・。いたらちょっと怖いかも。(^^;

聖マリー学園で修行しただけあって、いちごがなつめの前でお姉さんらしいところを見せられたのがよかったですよね。そして、最後にちゃんといちごを学園に送り届けるお母さんも、ナイスな行動でしたね。(^^)

いちごとバニラ、プッチンプリンの宣伝に出ていましたね。前回のプリン対決のおかげでしょうかね!?(笑)

私もこの作品、とても気に入っているのですが、視聴率はそんなに低いんですね。(;_;)
ストーリー展開も王道を行っていますし、小さな子供向け作品として、とてもよくできた作品だと思うんですけど。

Comment-close▲

2009-11-29 (Sun)

夢色パティシエール #9

夢色パティシエール #9

アンリ先生のことをバカにされて、いちごは小城美夜とプリン対決をすることになってしまいました。ところがなんと、いちごはこれまでにプリンを作ったことがなかったのでした。しかし、いちごは諦めません。スイーツ・スピリッツやスイーツ王子たちに教わって、必死でプリンの作り方を覚えます。そんないちごに対して、小城美夜は最高級の材料を揃えて、万全の体制で勝負に挑みます。そして、ついに対決の時がやって来ました。しか...

… 続きを読む

2009-11-22 (Sun)

夢色パティシエール #8

夢色パティシエール #8

新キャラ・小城美夜が登場するお話でした。ルミが大阪に帰宅することになり、いちごは寮で1人きりです。そんないちごに、樫野は幽霊が出ると脅かします。この場面、樫野がいちごが1人なのを確認したのは、夜這いをかけるためかと思ってしまいました。(^^;翌日、いちごはBグループの女の子たちに誘われて、森へ胡桃を取りに行きました。しかし、例によってはそれはBグループの罠でした。いちごは1人森の中に取り残されて、遭難...

… 続きを読む

2009-11-15 (Sun)

夢色パティシエール #7

夢色パティシエール #7

りんごちゃんのために、一生懸命ケーキのデザインを考えたいちご。しかし、そのデザインをBグループのりえたちに真似されてしまいました。残された時間は1時間。いちごたちは、別のデザインを考え出すことができるのでしょうか!?デザインを盗んだことで、かなこはりえたちを問い詰めます。しかし、残念ながら彼らがデザインを盗んだ証拠がありません。そんなかなこを励ましてくれたのは、ルミでした。ルミはデザインを盗まれても...

… 続きを読む

* by のらりんはうす
こんにちは。
今週は夢パティもフレプリもとってもいいお話でよかったですね。
昨日はほんとすがすがしい1日でした。

主役のいちごちゃんのアイディアに負けずおとらずのサブキャラの活躍が印象的でした。
ルミちゃんは久々の大活躍。今回の影の功労者でしょう。かなこちゃんのヒッチハイクには恐れ入りました(^_^;)

保育園でも挑発を続けるいじわるガールズに樫野がキレそうで焦りましたが、安堂が冷静でしたね。園児たちにドロドロを気づかれずにすんでよかったです。

りんごちゃん、とっても思いやりがあって、お友だちを大切にするよい子ですね。
みんなと笑顔で楽しくケーキを食べるシーンはジーンと来ました。

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

今週は、フレッシュプリキュア、夢色パティシエール、共にいいお話で泣かされました。(/_;)
いつもは日曜日はクロスゲームを先に見るのですが、今回は前回のピンチをいちごがどう切り抜けるかが楽しみで、予定を変更して早めに視聴してしまいました。

主役のいちごのがんばりもよかったですが、男前なルミ、かなこのヒッチハイクなど、サブキャラががんばっていましたよね。特にかなこのヒッチハイク・シーンは、気持ちが入っていてよかったです。

今回特に良かったのは、いちごたちがBグループに嫌がらせをされても、それを園児たちの前では見せなかったことですね。まずは子供たちに喜んでもらうことが最優先という姿勢は、職人だなあと思わせるものがありました。

そして、みんなと仲良くなれた後のりんごちゃんの行動もよかったですよね。自分が寂しい思いをしたことがあるから、同じように寂しい思いをしている友達の気持ちがわかるという流れがよかったです。

Comment-close▲

2009-11-09 (Mon)

夢色パティシエール #6

夢色パティシエール #6

いちごだけでなく、スイーツ王子にもそれぞれのスイーツ・スピリッツがついていました!樫野がいちごのケーキを褒めたことから、樫野にショコラというスイーツ・スピリッツがいることが判明しました。ショコラは、樫野と同じくちょっと口が悪いところがあるスイーツ・スピリッツでした。(^^;さらに、安堂にはキャラメル、花房にはカフェというスイーツ・スピリッツが一緒にいることがわかりました。スイーツ王子全員に、それぞれの...

… 続きを読む

2009-11-02 (Mon)

夢色パティシエール #5

夢色パティシエール #5

相変わらずいちごは、厳しい樫野には怒られてばかりです。そんな中いちごは、樫野に認められるために、自分の実力以上のケーキを作ろうとするのでした。いきなりアンリ先生に褒められているいちご。・・・と思ったら、なんと実習中のいちごの妄想でした。(^^;そんないちごの集中力のなさを、いきなり樫野に怒られました。しかし、腹を立てても、樫野の作るチョコレートケーキは素晴らしいのでした。そんな樫野に負けないように、い...

… 続きを読む

2009-10-26 (Mon)

夢色パティシエール #4

夢色パティシエール #4

いちごが安堂の実家の和菓子屋でお手伝いをすることになりました。ところが、千之介の弟の一太は、ケーキなんか大嫌いだといちごたちを追い返そうとするのでした。聖マリー学園では、高等部の生徒たちが運営するサロンがありました。そこでは、高等部の生徒たちが作ったスイーツを食べることができるのでした。おいしいお菓子がいっぱいあって、いちごは大喜びです。そこでいちごは、サロンを取りまとめる生徒会長・天王寺麻里とい...

… 続きを読む

2009-10-19 (Mon)

夢色パティシエール #3

夢色パティシエール #3

聖マリー学園に入学して少し経ちましたが、相変わらずいちごは失敗ばかりです。パティシエールを目指す学校ですが、お菓子作りだけをやっていればいいのではありませんでした。普通の学校と同じように、一般教養科目がある他にパティシエらしくフランス語の授業まであります。そんなレベルの高い授業についていこうと、いちごは必死です。しかし、何をやってもいちごは失敗ばかり。そんないちごはちょっとホームシック気味のようで...

… 続きを読む

2009-10-12 (Mon)

夢色パティシエール #2

夢色パティシエール #2

とうとう聖マリー学園に入学したいちご。しかし、そこでいちごは生徒たちのレベルの高さに驚かされるのでした。そんないちごの前に、スイーツ・スピリッツが現れました。聖マリー学園は、人里離れた森の中にありました。その建物は、まるでお城のようでいちごは大はしゃぎです。そんないちごを迎えに来てくれたのは、寮で同室になる加藤ルミでした。ルミは入り口にある銅像について説明してくれました。この学校には、その姿を見た...

… 続きを読む

* by のらりんはうす
こんにちは。
今回は妖精の「魔法の力」でお菓子作りがうまくならなかったのがとてもよかったと思います。
スパルタバニラは意外でしたがw

魔法や道具に頼らず、自分の力でステップアップしていくのは、作品ジャンルは違いますが、キテレツ大百科を思い出しました。(ご存じなかったらすみません)

これからいちごがバニラと一緒にどんな創意工夫を見せてくれるのか楽しみですね。

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

いちごの前にスイーツ・スピリッツが現れましたが、スピリットはあくまでアドバイスするだけで、実際にお菓子を作るのはあくまでいちごという展開はよかったですよね。この作品を見ているちびっ子も、いちごみたいに本気でがんばればパティシエールになれると思ってくれるでしょうしね。(^^)

キテレツ大百科は、遙か昔に原作は読んだ覚えがあるのですが、どんな作品だったかあまり覚えていません。すみません。(^^;

これからいちごが努力してどんなパティシエールになってゆくのか楽しみですね。

* by るる
>今回は妖精の「魔法の力」でお菓子作りがうまくならなかったのがとてもよかったと思います。
それでも1日もたたずに上達するのはおかしい気がする

Comment-close▲

2009-10-04 (Sun)

夢色パティシエール #1

夢色パティシエール #1

新番組、お試し視聴第2弾です。パティシエールを目指す女の子を主人公にしたお話ですね。主人公の天野いちごは、スイーツが大好きな女の子です。しかし、ピアノが得意な妹のなつめと違い、いちごには何の才能もありません。そんなある日、なつめの出場したピアノ・コンクールに出かけたいちごは、その帰りにスイーツフェスティバルをやっているのを見つけました。そこを訪れたいちごは、食べていたスイーツの中に懐かしい味がする...

… 続きを読む

* by のらりんはうす
こんにちは。
こちらも遅コメで失礼します。
いかにも「りぼん」のマンガといった感じのストーリーでした。
「なかよし」のしゅごキャラ!
「ちゃお」のめちゃモテ委員長に続くヒットになるか、期待しています。

りぼん作品はとにかくわかりやすさ第1というのが印象的。トントン拍子に進むストーリーという感想は言い得て妙で、りぼんの伝統といっていいと思います。やはり読者の年齢層が低いのを意識してると思いますね。

作品制作はプロのパティシエの監修が入るなど、相当気合いが入ってますね。

余談ながら、お菓子ものでは、どれみ3期が大ヒットで、
DXクッキングレンジにはたまげました。
いわゆる作品中一番高いおもちゃ(笑)だったのですが、ちゃんとお菓子作りが出来るすぐれもので、それなりに売れたと思います。
夢パティでも実用性のあるおもちゃが出るかもしれませんね。



* by 横溝ルパン
こんにちは。またまたありがとうございます。

このところしゅごキャラが自分の好みから外れてしまった感じだったのですが、そんな心の隙間をこの作品の楽しさが埋めてくれた感じでした。(^^)
「りぼん」原作ということもあるのでしょうが、とにかく物語がわかりやすくてサクサク進むのが気持ちいいですね。主人公のいちごも好印象でしたし、これからが本当に楽しみです。

どれみはいまだに視聴したことがないのですが、そのオモチャで実績があるということは、この作品のオモチャも期待できるかもしれませんね。
お菓子の描写に力がはいっているので、見ていると甘い物が食べたくなるのは困りものですが。(笑)

Comment-close▲