日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


あっという間に「ツルネ」も最終回です。

マサさんの不在というピンチを乗り越えて、風舞高校は本戦へと進みました。本戦での風舞高校は、それまでとは見違える勢いがあり、ついに決勝戦進出を決めました。そして愁たち桐先高校も、決勝戦への進出を決めました。でも、嫌味な双子ちゃんの片方が、なにか不調を感じている様子です。

そして風舞と桐先との決勝戦が始まりました。決勝は、どちらも一歩も譲らないレベルが高く緊迫したものになりました。
そんな中、湊は周りを見ながら、ただ弓を射ることだけを考えていました。ところが愁は、これまでの湊への思いが邪魔をして最後の最後で意気込みすぎてしまいました。

結果、優勝したのは風舞高校でした。そこに、病院から抜け出したマサさんが姿を見せました。マサさんは、お祖父さんの友人と話をしたことで、お祖父さんに対する思いが吹っ切れたようです。というわけで、最後はすべて丸く収まって、めでたし、めでたしでした。(^^)

湊たちの心の動きを中心に、とても丁寧に作られた作品だと思いました。欲を言えば、最後の風舞と桐先の対決はもう少しじっくり描いてもよかったんじゃないかと思いました。
マサさんの事故に動揺しつつ、風舞高校の弓道部は団体戦を戦います。

団体戦の予選が行われる日に、祖父のことを聞きに出かけたマサさんが現れません。話を聞きに行く途中で、マサさんは事故を起こしていたのです。しかし、マサさんが無事なのか、たいしたことはないのか、みんなが一番知りたい情報はわかりません。

弓道部員が動揺することを知りつつも、弓具店のおじさんはマサさんのことをみんなに伝えました。それはマサさんが、今日のために発注していた、お揃いのハチマキを届けたかったからです。弓道部員のみんなと顔を合わせて、あえてマサさんのことは黙っておくという選択は、おじさんにはありませんでした。

そして団体戦が始まりました。湊たちは、これまでマサさんから教えられたことを思い出しながら矢を放ちます。ところが、矢は思うように的に当たってくれません。そんな中、湊はいつも感じたことのない怖さを感じていました。そして湊は、自分がなぜ落ちなのか悟りました。団体戦の一番最後に矢を放つ落ちだからこそ、湊のところからは他のメンバーの様子がよく見えたのです。

みんなマサさんの教えに忠実であろうとして、それが逆にプレッシャーとなっていました。今、自分たちに必要なのはマサさんの教えを忘れることだと、湊は気づいたのです。湊の真意がわからず、最初は海斗がケンカ腰の態度でした。しかし、湊が絶対に譲らなかったことで、海斗もその意味に気づきました。

運よく風舞高校は、ギリギリのところで予選落ちを免れていました。しかし、同点だったもう1つの高校との勝負に勝たなければ、本戦に進むことができません。しかし風舞高校のメンバーは、いつも以上の実力を発揮することができました。湊が気づいたことが、全員の弓を変えたのです。

こうして風舞高校は、なんとか団体戦の本戦に出場することができました。そしてマサさんのケガも、たいしたことがないようです。というわけで、風舞高校は大きな試練を乗り越えました。湊たちが次に愁たちと戦う時、どんな結果が待っているのでしょうか。(^^)
マサさんの事情が明らかになるお話でした。

昼休みに体操着を取りに弓道場へ行った湊は、そこでマサさんとトミー先生が話をしているのを聞いてしまいました。マサさんは最初、コーチの話を断るつもりでした。しかし、それを引き受けたのは、復讐のためだというのです!

それを知って湊は悩みますが、すぐに静弥が様子が変なことに気づきます。そして湊は、みんなにマサさんの行っていたことを話しました。それを知ったマサさんは、自分の事情を打ち明けました。

マサさんのお祖父さんは、弓道の世界でも達人として知られていました。しかしマサさんは、そんなお祖父さんと対立していたのです。マサさんはお祖父さんの指導方針に反発していました。でも、とうとう2人は和解することなく、お祖父さんは亡くなりました。

湊がマサさんと出会った時、マサさんが一万射を目指していたのは、それで弓道をやめるためでした。しかし、その途中でマサさんは湊と出会いました。かっての自分と同じように、早気に悩む湊との出会いが、マサさんを再び弓道に向かわせたのです。

湊とマサさんには、共通の知り合いがいました。それは、湊に初めて弓道を教えてくれた西園寺先生です。西園寺先生は、愁のお祖母さんかと思ったら、愁も先生の弟子だったんですね。(^^;

西園寺先生の家の前で、湊とマサさんはばったり顔を合わせました。湊は弓道を再開した報告に、マサさんはお祖父さんのことをもっと知るために、西園寺先生のところを訪れたのです。西園寺先生は、マサさんにお祖父さんが親しくしていた友人を教えてくれました。

しかし、マサさんはその人と会うべきか迷います。おまけに、その人と会えるのは弓道部の試合の行われる前日でした。
そんなマサさんの背中を押したのは、湊たちでした。いつでも会えると思っている相手が、突然もう二度と会えなくなることもあるという言葉に押されて、マサさんはようやく覚悟を決めました。

こうしてマサさんは、お祖父さんの話を聞きに出かけました。そして大会当日。その日には帰ってくるはずのマサさんが、なぜか姿を見せません。なんと途中で自動車事故を起こしていたのです!
マサさんは命に関わるような状況なのでしょうか。そして、マサさんの事故の知らせを聞いた湊たちは、どうなるのでしょうか。

西園寺先生のところで話を聞いた時から、マサさんは車の運転中も考え事をしていたので危ないなあと思ったら、本当に事故が起きてしまいました。次回がどんな展開になるのか気になります。
今年最後に見るアニメは、この作品にしようと決めていました。(^^)

いよいよ瞳美が、未来に帰る時がきました。魔法が発動するまでの間に、瞳美は魔法写真美術部の仲間と思いを伝え合います。胡桃とあさぎが泣いてしまった時、見ているこちらもほろりとしました。そして最後は、唯翔とのお別れです。

しかし、唯翔との別れは意外にもあっさりしたものに・・・と思ったら、瞳美の方からみんなに伝えたい思いを語ります。
その時、急に魔法が暴走しました。魔法の渦に飲み込まれそうな瞳美を唯翔が追います。そして唯翔は、瞳美の心の中にいました。

そこで唯翔は、自分の本当の思いを、瞳美が好きだということを、きちんと瞳美に伝えました。それは瞳美も同じでした。
瞳美は魔法を使うことに、唯翔は絵を描くことに、自分から壁を作っていました。しかし2人が出会ったことで、その壁が壊れたのです。

そして瞳美に色が戻りました。最後の最後で、瞳美は唯翔たちと同じ色を見ることができました。こうして瞳美は、未来へと帰って行きました。来た時と同じように、なぜか時間移動はバスでした。そして瞳美は、再び自分がいた場所へと帰ってきました。

そこで瞳美は、お祖母さんの琥珀と再会しました。昔からずっと琥珀は、魔法は人を幸せにするためにあると言っていました。しかし、そんな琥珀が自分の身内は魔法で幸せにすることができませんでした。そんな琥珀の思いを痛いほど知っている瞳美は、過去に行けたことを幸せだと伝えました。

そして琥珀は、魔法写真美術部の仲間たちが残したタイムカプセルを瞳美に見せてくれました。そこには、懐かしい写真がたくさん残されていました。そして子供の頃に、瞳美が読んでいた絵本。それはやはり、唯翔が描いたものでした!
絵本の内容は、魔法写真美術部の仲間たちを動物に例えたものでした。その内容に将とあさぎ、千草と胡桃が一緒になったらしいことがほのめかされていましたね。(^^)

最初は黒と白しか知らないペンギン=瞳美でしたが、最後には仲間と美しい虹を見ることができました。本の背表紙のペンギンが、虹色に描かれていたのもよかったです。

そして瞳美は、未来で元気に暮らしています。これまでとは違い、積極的に人と関わるようになりました。写真美術部は、瞳美が入部したことで、まほう写真美術部として蘇りました。

1つわからなかったのは、瞳美がお墓参りをしていましたが、あれは誰のお墓だったのでしょうか!?
最初は琥珀の両親やお祖母さんかと思いましたが、まさか唯翔がすでに亡くなっているのでしょうか。それだとちょっと悲しすぎるかも。(;_;)

というわけで、最後まできっちりと、きれいに締めくくられた作品でした。今年もいろいろな作品と出会いましたが、最後に出会うことができたこの作品が、自分の中ではベスト1でした!
登場人物の心の動きを丁寧に描く脚本と作画、そして何よりも美術が印象的な作品でした。またキャストでは、瞳美役を演じたのが‎石原夏織さんだったのが驚きでした。これまで元気な女の子を演じられることが多いイメージだったので、抑えたトーンでの演技が新鮮でした。

最後に、こんな素敵な作品を生み出してくださったスタットとキャストの方々に感謝です!(^^)
毎週この作品を見ることで、元気をもらえました。本当にありがとうございます!!!
「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」も最終回です。

唐突に、かえでがいなくなり、花楓が帰ってきました。家族にとって、花楓が帰ってきたのはうれしいことです。
その一方で、咲太は消えてしまった"かえで"のことを思って号泣します。そんな咲太の前に、再び現実ではありえない、咲太より年上の牧之原翔子が姿を現しました。

咲太が本当に落ち込んだ時、翔子は助けに来てくれるみたいです。雨に打たれてずぶ濡れだった咲太は、翔子のおかげで無事に部屋へと帰りました。しかし翌朝、咲太が目を覚ますと、翔子はメッセージを残して消えていました。そして咲太は、麻衣から連絡があったことを知りました。

咲太の様子を心配した麻衣は、忙しいスケジュールを縫って咲太のところに顔を出しました。しかし、翔子からのメッセージを目にした麻衣は、そのまま立ち去ってしまいました。のどかに言われて、咲太はその日が麻衣の誕生日だったことを思い出しました。

そして今度は、咲太が麻衣のところに駆けつけました。そして咲太は、これまでの経緯を麻衣に伝えることができました。
花楓は、元の記憶を取り戻した代わりに、"かえで"であった頃のことは完全に忘れていました。そんな花楓に、咲太はあらためて麻衣を紹介するのでした。花楓は有名人がお兄さんの恋人と知って、本当に驚いています。

というわけで、いろいろと謎はまだ残っていますが、とりあえず物語は締めくくられました。最初に作品のタイトルを知った時は「なにこれ!?(^^;」と思いましたが、実際に視聴してみたら予想外に面白かったです。第2期もあるといいなあ。
「やがて君になる」も今回で最終回です

侑はこよみと一緒に、生徒会劇のラストを変更しようとしています。しかし、前後のつじつまを合わせなければならないので、変更作業はかなり難航しています。この喫茶店の場面、人物を変えて、燈子と沙弥香、理子先生と都という形で繰り返し描かれていたのが印象的でした。

姉の果たせなかった生徒会劇を演じる。そのことに燈子は迷いがありません。しかし、その目的を果たしてしまった後、自分はどうなるのか。それを考えると燈子は不安になってしまいます。そんな時は、侑に連絡したくなりますが、タイミング良く侑の方から燈子を誘ってくれました。

そして2人は、一緒に水族館に行きました。水族館や帰りの電車での2人様子は、本当にラブラブなカップルという感じですね。しかし侑は、これから燈子に辛い思いをさせることになるかもしれない劇の変更を実行しようとしています。

こよみから頼まれて、劇の題名を考えていた侑は、「君しか知らない」というタイトルを思いつきました。
というお話はこれからというところで、ひとまず最終回になってしまいました。(^^; 2期に続くとは思いますが、できれば最後まできっちりと完結させて欲しかったなあ。
湊と静弥の互いを思う気持ちに、思わず涙。(;_;)

愁に言われたこと、そしてマサさんから言われたことが、静弥を迷わせていました。雨に濡れて帰宅した静弥は、熱を出して寝込んでしまいました。大会前に部長の静弥が不在になって、なんとなく部の雰囲気もギクシャクしています。

それを打開するために、マサさんは自分の神社で配られるお札を取りに来いと言い出しました。当日、湊は静弥も誘いましたが、まだ熱が下がらず一緒に行くことができません。その代わりに、桐先高校弓道部のメンバーが顔をみせました。
相変わらず、桐先高校の双子は何かと湊たちを挑発してきます。

そんな中、湊は静弥が弓道への気持ちで悩んでいることを知りました。幼いころ湊が弓道を始めた時、静弥も誘いました。しかし、どういう事情があったのか、静弥は湊と一緒に練習に参加することを許されませんでした。それでも静弥は、中学で弓道部に入部して、湊と一緒に弓道をするのを楽しみにしていました。

そして湊が早気になった時も、きっと湊が帰ってくると弓道部で待ち続けました。そんな静弥が、今は弓道への思いを問われて迷っています。そんな静弥に、湊は今度は自分が待つと伝えました。その言葉を聞いて、ようやく静弥は迷いを吹っ切りました。

愁は、弓道を究めようとすることしか頭にないみたいですね。それを否定しませんが、大好きな友達と一緒にいるために弓道をすることも、十分にありだと思います。頂上を目指すのにも様々な道がありますし、全員が頂上を目指す必要もないですから。
「アニマエール」も今回で最終回です。

いよいよチア大会の本番がやって来ました。大会には、前回に登場した根古屋姉妹のチームも出場しています。そのチームには、ひづめの元チームメイトもいて、それぞれの反応が気がかりです。でも、なんとかひづめも元チームメイトも、相手が変わったことを感じ取りました。

そんな中、こはねはひづめのためにも今回のチアを成功させなければと、いつになく緊張しています。そして、こはねの最大の武器の笑顔もこわばってしまいました。そして、こはねたちのチアが始まりましたが、やはりこはねの動きが硬いです。

そしてこはねは、途中でこけそうになりました。それをひづめががっちりとキャッチ。会場の他のチームも、こはねたちを応援してくれます。それでようやく、こはねはいつものチアを思い出すことができました。大会の結果は予選落ちでしたが、まだ出来たてのチア部なので実績はこれからですよね。そして成績を残すよりも、こはねたちが楽しくチア出来ることが一番大切ですしね。(^^)

というわけで、最後までゆる〜い感じと、元気なチアを楽しむことができました。内容的には続けられそうですし、第2期もあるといいなあ。(^^)
瞳美が未来に帰る前に、みんなで文化祭をがんばるお話でした。

文化祭が終わる日に、瞳美は未来に帰ることになりました。みんなそれぞれ、心の中に思うところはありますが、それでも一緒にいられる今を大切にしようと文化祭をがんばります。いつもは財布のひもが固い胡桃も、今回はみんなにおそろいのTシャツを用意する大盤振る舞いです。(^^;

魔法写真美術部の絵の中に入ることができるイベントは、大盛況です。イベントに来てくれたお客さんに、あさぎは自分の撮ったウサギ写真のポストカードを販売します。勇気を出して売り込んでみたら、ポストカードは好評でした。これをきっかけに、あさぎがもっと自信を持てるようになるといいですね。

そして唯翔にも、彼の描いた絵を好きだと言ってくれる女の子たちが現れました。それから、前に個展を開いていた唯翔の先輩・朝川砂波さんも、今回のイベントを見にやって来てくれました。

忙しい文化祭の合間に、あさぎは瞳美が唯翔と2人きりになれる時間を用意してくれました。でも、2人はお互いの思いを伝え合うことができません。思いを相手に伝えても、すぐに別れが待っているだけに切ないです。(;_;)

そして文化祭は終わり、瞳美が帰る時がきました。その最後に、瞳美と琥珀は魔法で花火を打ち上げました。
いつもは色が見えない瞳美ですが、この時の花火にはみんなと同じ色が見えました。この世界にやって来て、魔法に対する瞳美の気持ちが変化したからでしょうか。

そして別れの魔法が始まります。この日のために、古本屋のオーナーは瞳美を未来に帰すための道具を準備してくれました。未来に帰ろうとする瞳美の心には、1つだけ心残りがありました。それは唯翔への思いです。

次回でいよいよ最終回。どんな形で物語が締めくくられるのか、とても楽しみです。
今回すでに泣きそうな展開だったので、次回は号泣してしまいそうです。(/_;)
かえでの事情が明らかになるお話でした。

イジメに遭ってかえでから消えたのは、それまでの花楓(かえで)の記憶すべてでした。病院で意識を取り戻した時、花楓の記憶は完全に消えていたのです。

それでも両親は、花楓を花楓として接しようとします。その過程で、母親の心は壊れてしまいました。そんな中、咲太だけで、今目の前にいるかえでと向き合いました。その結果、かえでは咲太にだけは心を開いたのです。急に花楓の記憶がなくなった周囲もショックですが、それ以上にかえで本人が一番不安を感じていたのです。

かえでが咲太のことを慕うのは、咲太だけが記憶をなくした後の自分自身をそのままで肯定してくれたからでした。
そんな咲太と一緒に、かえでが学校に通うための努力を続けます。この時のスクールカウンセラーとのやり取りが、とても心に残りました。

かえでに出来るのが学校の保健室に通うことであっても、それはかえでにとって学校に通っていることになると、カウンセラーの先生は言ってくれました。生徒は1人1人違うのだから、それに学校が合わせる。この考え方は、特別な事情を抱えた生徒だけでなく、すべての生徒にもっと浸透すべき考え方だと思いました。

今回のお話で一番悲しかったのは、それまで咲太と一緒にいたかえでが、花楓が記憶を取り戻したことで消えてしまったことです。(;_;)
視聴者が知っているかえでは、元々の花楓ではなく"かえで"なので、唐突に"かえで"がいなくなってしまった寂しさを感じました。
自分の知っていた姉と、他の人が知っていた姉が違うことを知って、燈子は動揺しています。皮肉なことに、そんな今の燈子の心境は、生徒会劇の記憶を失った女の子と重なり、燈子の演技に真実味を与えました。

合宿が終わった後、珍しく侑が燈子を自分の部屋へと連れ込みました。侑の部屋では、燈子は甘えん坊モードです。この場面、ドアがチラチラ画面に映ったので、家族の誰かが燈子と侑がキスしているところを目撃してしまうんじゃないかと、ドキドキしました。(^^;

燈子が帰宅した後、侑は大きな決断をしました。燈子がこのままではいけないと、侑は考えたのです。そして燈子を救うために、劇の内容の変更をこよみに頼みました。

唐突な侑の頼みを、こよみは聞き入れてくれました。そして侑は、こよみに結末の違和感の理由を話します。劇を見ている観客は、記憶をなくした女の子が実際はどんな人物だったのか知りません。本当に納得できる結末は、舞台を通して観客が知った主人公なのだと侑は伝えました。

この変更で、侑は燈子を姉の呪縛から解き放つことが出来るのでしょうか。次回でいよいよ最終回。その結末が気になります。
白色彗星が、ヤマトの前に現れるお話でした。

先日の戦いで、艦内にいるスパイがヤマトの位置を知らせているのではという疑惑が生まれました。山本はキーマンと桂木透子の接触に不審を感じて、桂木にカマをかけました。桂木の正体は、ガトランティスの巫女・サーベラーでした。

ヤマトのクルーはサーベラーを追い詰めようとしますが、サーベラーは巧みに逃げ回り簡単には捕まりません。そんな中、突如としてヤマトの前にガトランティスの本拠地である巨大白色彗星が現れました。ヤマトはその本拠地に引き込まれそうになります。

この危機を救ったのは、ガトランティスが白色彗星を操作するために、もう1人のサーベラーを生み出したことでした。
2人のサーベラーは、それぞれが自分こそが本物だと精神的に共鳴して主張し合います。サーベラーは、普通のガトランティス人とは違い、純粋体と呼ばれる特異な存在らしいです。

混乱したサーベラーは、周囲の艦隊にも影響を与えます。ヤマトはガトランティスの本拠地で、敵の艦隊群に取り込まれますが、それが幸いして攻撃を受けずにすみました。そして大帝がサーベラーを殺した隙を突いて、ヤマトは何とか白色彗星から脱出したのでした。

う〜ん、やっぱり今回も何がなんだかわからないお話でしたね。(^^;
続きが気になるので、次回以降も視聴は続けますが、感想はパスする方向になりそう。
「BANANA FISH」も最終回です。

ゴルツィネを人質に、フォックス大佐に立ち向かったアッシュ。しかし大佐はゴルツィネに反逆して、アッシュとバナナフィッシュを自分が独占しようとします。

そしてアッシュは再び囚われの身となり、仲間達も大佐の部下達の攻撃に苦戦します。大佐はバナナフィッシュのデータと、麻酔で眠らせたアッシュを連れて、国立精神衛生センターを爆破して逃走しようとします。

しかし、それをアッシュは許しません。麻酔を打たれながらも、アッシュは大佐の部下を倒して、逆襲に出たのです。一方、シンとブランカはそんなアッシュの支援に向かいます。その間に、他の仲間達は捕まっているマックスたちの救出に向かいます。

そして仲間たちは、マックスたちの救出に成功しました。一方、ヘリポートから逃走しようとしたフォックス大佐を、重傷を負ったゴルツィネが阻止します。そしてアッシュは、フォックス大佐と対決することになりました。傷を負ったアッシュは、フォックス大佐に苦戦します。

それでもなんとか、アッシュはフォックス大佐を倒しました。しかしとどめを刺さなかったために、シンを救おうとしたアッシュは大佐の反撃に遭いました。そんなアッシュを救ったのは、なんとゴルツィネでした!
これまでアッシュと凄絶な殺し合いを繰り広げてきたゴルツィネですが、それはアッシュへの深い思いからだったんですね。重傷を負ったゴルツィネが、管理パスワードを変更したり、アッシュを助けたりと、活躍しすぎな気はしましたが。(^^;

こうしてバナナフィッシュをめぐる戦いは終了しました。戦いの後、シンはユエルンのところに赴きました。ユエルンがしたことは許せないですが、それでもシンには彼を殺すことはできませんでした。混乱したチャイニーズ勢力をまとめるためにも、ユエルンが必要だったのです。

そして英二は、日本に帰国することになりました。しかし、そんな英二の前にアッシュは顔を見せません。それはアッシュが、英二のことを大切に思っているからでした。そんなアッシュの気持ちまでくみ取った上で、英二はアッシュに手紙を託しました。

それを読んだアッシュは、空港へと向かいます。ところが、アッシュを目の敵にしていたラオが、アッシュを襲いました。
死を悟ったアッシュは、空港には向かわずに図書館へともどります。そこで英二の手紙を読みながら息絶えたアッシュは、とても幸せな笑顔でほほえんでいたのでした。(;_;)

というわけで、「BANANA FISH」の完結です。アッシュの死は、なんとなく予想していましたが、実際にそれが描かれると、やはり辛かったです。(;_;)
作画やストーリーのクオリティーの高い作品でしたが、精神的につらい描写も多くて見るのが辛くなることもありました。それでも、最後まで見終えることができて本当によかったと思いました。
「異世界居酒屋」も今回で最終回です。

ゲーアノートや常連客のおかげで、「のぶ」は危機を乗り越えることができました。さらに先帝のお許しも出て、これからラガーも問題なく販売できるようになりました。そしてゲーアノートを通して、先日行われた北方三領邦との会議の様子も知ることができました。

「のぶ」にやって来た先帝は、そこで会議で北方三領邦の顔を立てた上で自らの優位を示すヒントを得ていました。そのおかげで、会議は無事に終了したのでした。

ゲーアノートは、エーファ貸してくれたハンカチを見て驚きました。それには先帝と関わりのある者しか使うことのできない紋章が刺繍されていたからです。ゲーアノートは、エーファを王室に関係あるお姫様だと誤解しました。そして大将やしのぶは、姫を守るための護衛だと思い込んだのでした。(^^;

最後のエピソードでは、さまざまな常連さんが「のぶ」に顔を出してくれました。ブランターノ男爵が上質なエールを持ってきてくれて、常連客に大盤振る舞いしてくれたのです。そのエールを飲んだしのぶと大将は、そのおいしさに驚きました。そして、これからはよりアイテーリアにあったメニューを提供していこうと考えるのでした。

というわけで、最後までほんわかした雰囲気で楽しく視聴できました。「異世界食堂」という似た作品がありましたが、それとは違う方向性で面白かったです。うっかり夜中に視聴すると、夜食が食べたくなるところは共通してましたが。(^^;
こはねは、高所恐怖症を克服するためにがんばってます。でも、いきなり無茶するのは、よくないですよね。
暴走しがちなこはねを制止する、お母さん役の宇希がたいへんそうです。(^^;

でも練習のかいあって、ダブルベースサイスタンドだけでなく、ショルダーストラドルも出来るようになりました。これは、宇希がこはねを肩に乗せて支える技ですが、宇希に変なスイッチが入ってたのがちょっと心配。(^^;

それでも海辺で行われたイベントでは、水着にスニーカーという微妙な衣装ではありましたが^^;、会場を沸かせることができました!

そしてチア部は、再び大会に向けての動き始めます。休み中にバイトして、今度はチアショップでおそろいの衣装を購入することになりました。そこでひづめは、元の仲間で双子の根古屋姉妹と出会いました。ひづめの過去のトラウマが再来かと心配しましたが、今のひづめは昔とは違っていました。

根古屋姉妹のチームも、ひづめたちと同じ大会に出場するので、どんなチアをみせてくれるのか楽しみですね。
本戦出場が決まり、風舞高校弓道部は気合い十分です。とはいえ、海斗は気合いばかりが先行するので、空回りしてる感じですが・・・。(^^;

湊のお母さんが事故で亡くなった時、湊も一緒にケガをしていました。その後の経過を見るために、今でも湊は静弥のお父さんの診察を受けています。とはいえ、あくまでも念のためということで、後遺症があるとかではないようですが。

そんな中、静弥の湊へのラブラブぶりが発覚!
初めて出会った時に、湊からもらったおかしの箱を、静弥は今でも大切に持っていたのでした!(^^;
静弥のこういう行動って、友情を越えて湊に恋してる感じですね。そして湊が慕っているマサさんのことを、静弥は好きになれないみたいです。こんな調子で、これから大丈夫なのかな!?
唐突に別れの時がやってくるお話でした。(;_;)

魔法写真美術部は、文化祭の準備に向けて大忙しです。絵の中に入る魔法、危険そうな気がしましたが、よくOKが出たなあ。(^^;

そんな時、瞳美に異変が起きました。本人も自覚のないまま、一時的にこの世界から消えてしまったのです。さいわい、すぐに元の世界に帰ってこられましたが、それを知った琥珀は未来の自分がかけた時をさかのぼる魔法が、ほころびかけていることに気づいたのでした。

この不安定な状態が続けば、いずれ瞳美は時の間(あわい)に引き込まれてしまいます。瞳を守るために、琥珀は瞳美を元の世界に帰す決断をするのでした。しかし、そのためには大きな魔法力が必要となります。それを補うために、琥珀はたくさんの力を集めた星砂を必要としていました。

琥珀から瞳美のことを聞かされた魔法写真美術部は、激しく動揺します。そして瞳美も、ようやくこの世界になじんできたのにと、寂しさを隠せません。しかし、瞳美を救うには現実を受け入れて、彼女を元の世界に帰すしかないのです。
そして魔法写真美術部のメンバーも、星砂集めに協力することになりました。

それでも瞳美の気持ちは、まだ揺れていました。何よりも心にあるのは、唯翔のことでした。まほう屋の窓から外を見ていた瞳美は、唯翔の部屋の灯りを見つけました。そこに向けて、瞳美は折り紙の飛行機を飛ばします。それに唯翔は、気がついてくれました。

そして瞳美は、2つめのメッセージを書いた紙飛行機を飛ばします。しかし、なぜか飛行機は狙いをはずれて違う方向へと飛んでいきます。そんな飛行機を、瞳美は追いかけました。そして瞳美は、会いたかった唯翔と顔を合わせました。唯翔もまた、瞳美と会いたくて瞳美のところに向かっていたのです。

そして瞳美は、自分の思いを唯翔に伝えました。その思いは、唯翔も一緒でした。せっかく2人の思いがつながったのに、瞳美に残された時間はわずかです。2人の思いの行方と、無事に瞳美が未来に帰ることが出来るのかが気になります。

というわけで、本当に突然別れの時がやって来てしまいました。(;_;)
これまで瞳美たちの日常を丁寧に描いて、お互いの関係が深まってゆくところがしっかり描かれていたので、この別れは本当に辛いですね。時を超えた先で、瞳美と琥珀たちは再会することが出来るのでしょうか!?
麻衣が咲太と一緒にいるところをスクープされましたが、麻衣の適切な対処でなんとか切り抜けられました。
そんな中、咲太に翔子から会いたいと手紙が届きます。それは中学生の翔子が送ったものではなく、未来の翔子から送られたもののようです。しかし、これは突然かえでの知り合いが現れたことで、実現しませんでした。

かえでは、引きこもりから抜け出そうとがんばっています。麻衣の協力もあって、最初は電話に出られるようになるところから、そして少しずつ外へ。そしてついに、咲太や麻衣、のどかと一緒に海に出かけられるまでになりました。しかし、そこで思わぬ事実が明らかになりました。かえでは、それまでの記憶を失っていて、かっての知り合いが目の前にいても、それが誰なのかわからないのです。(;_;)

今回は、かえでを支える咲太のお兄ちゃんぶりと、かえでのがんばりに思わず涙でした。
少し体調が回復したので、簡易感想しておきます。(^^;

生徒会劇の練習のため、侑たちは合宿に入りました。昼間の練習は順調でしたが、こよみは物語の結末に不満がある様子。
そして夜は、侑に燈子、沙弥香の3人になったことで微妙な雰囲気に・・・。侑と燈子だけだったら、もしくは沙弥香と燈子だけだったら、どんなことになってたんでしょうか。(^^;

そして劇の指導のために、理子先生がOBを連れてきました。その人は、燈子の亡くなったお姉さんのことを知っていました。しかしそれは、燈子の知っている姉ではありませんでした。燈子のイメージとは違い、生徒会でのお姉さんは完璧とはほど遠い人だったのです。

その事実を知った燈子は、これまで自分が近づこうとしていたお姉さん像を見失って混乱するのでした。現実の方が、こよみの書いた脚本のように、同じ人間の様々な一面を見せ始めるのが面白いですね。
復活したデスラー総統が、再びヤマトを狙うお話でした。

ヤマトに屈辱的な敗北を喫したガトランティスの第八機動艦隊は、大帝ズォーダーの命令を無視してヤマトを追撃しようとしています。その前にデスラーが現れて、デスラー砲で艦隊を発射します。その攻撃で、あっけなく艦隊は消滅しました。

そしてデスラー総統は、宿敵ヤマトを狙います。デスラーの側には、ガトランティスのお目付役としてミルという少年がつけられていました。ミルは精神感応を使い、デスラーの行動を大帝に報告しています。

その間にも、ヤマトはテレザート星を目指しています。テレザート星に近づくにつれ、星の状況がよりわかってきました。テレザート星の周囲は、航海するのが難しいだけでなく、すでに大艦隊が展開しているようです。

しかも、真田の解析によれば、テレサは反物質に似た性質を持つエネルギーかもしれないのです。それが事実なら、ヤマトがテレザート星にたどり着いても、テレサと触れ合うこともできない可能性があります。

そんな中、ヤマトは敵影をキャッチできないまま、突然攻撃にさらされました。それは瞬間物質移動装置を使った、デスラーの攻撃でした。そしてヤマトを取り囲むように、全方位から攻撃が行われました。それをヤマトは、なんとかワープで切り抜けます。

ところがヤマトは、以前にも迷いこんだことのある次元断層に入り込んでしまいました。しかもその場所は、波動エンジンにとって、エネルギーが過剰供給されるところでした。波動エンジンの爆発を避けるために、ヤマトは補助エンジンしか使うことが出来なくなりました。

そこにさらに、デスラー総統が追い打ちをかけました。そしてヤマトは、古代アケーリアス文明の遺跡らしい円筒形の天体へと入り込みました。その中は、さらに複雑に異空間が存在していました。しかしそれを上手く利用すれば、ヤマトは再び元の宇宙に戻ることが出来そうです。

そんなヤマトに、デスラー総統の放ったデスラー砲が迫ります。ヤマト絶体絶命と思いきや、逆にそのエネルギーを推進力として利用して、加速したヤマトはワープしたのでした。

デスラー総統が、ヤマトをそんな空間に誘い込んだのは、お目付役としてミルの力を無力化するためでした。それと呼応するかのように、デスラーに忠実な赤い艦隊が次々とワープアウトしてきました。これでデスラー総統の完全復活という感じですね。

というわけで、復活したデスラー総統のこれからの行動が気になります。でも、テレザート星云々の説明とか、次元断層とか、コスモウェーブとか、いろんな用語が飛び交って今ひとつ何が進行しているか分かりづらかったです。(^^;
仲間を救うために、アッシュが再びゴルツィネに戦いを挑むお話でした。

撃たれて重傷を負った英二は、一命を取り留めました。しかし、犯罪者として追われているアッシュは、英二と一緒にいることが出来ません。アッシュも傷を負っていましたが、ブランカが傷の手当てをしてくれました。そんなブランカに、アッシュは怒りを爆発させます。英二に余計な疑いがかからないために、アッシュは英二と会うことができません。

チャイニーズ勢力では、シンが仲間を救い出すためにアッシュに協力を申し出ました。しかし、そんなシンのやり方が、ラオは許せず、シンたちの前から立ち去りました。ラオからしたら、アッシュは共にユエルンに手を貸した仲間を情け容赦なく殺した憎い相手でしかないのです。

シンは協力する代わりに、交換条件を持ち出しました。それは全てが終わった後、自分とアッシュが1対1で戦うことでした。アッシュは、その提案を受け入れました。シンが死を覚悟で、仲間を救おうとしていることに、アッシュは気づいたのです。

一方、ユエルンの元に戻ったブランカは、ユエルンの過去を聞かされました。ユエルンは幼い頃に、母を目の前で殺されていたのです。その憎しみが、今もユエルンを駆り立てています。そして愛する者を国家に殺されたブランカも、悲しみを抱えて生きています。そしてブランカは、ユエルンの元から去り、アッシュに力を貸します。

ゴルツィネとの対決前に、ブランカは英二が入院している病院にアッシュを連れて行きました。そこでアッシュに、英二と最後の別れをさせようとしたのです。英二は眠っていましたが、アッシュの別れの言葉を聞いて目を覚ましました。

しかし、2人が一緒にいられる時間は、あまりにわずかでした。アッシュが何かしようとしていることを察した英二は、警察の手からアッシュを守って、アッシュを送り出しました。

そして戦いが始まりました。国立精神衛生センターへの襲撃に先立ち、アッシュはメディアを通じてゴルツィネの悪行を暴露する記事を発表させました。その対応のために、センターから出来たゴルツィネをアッシュたちは襲撃しました。

そしてアッシュは、ゴルツィネを捕らえました。ゴルツィネを人質に、捕まっている仲間たちを開放させようとします。
ところが、ゴルツィネに雇われたフォックス大佐は、アッシュの言葉を聞こうとしなかっただけでなく、雇い主であるゴルツィネを撃ち殺したのです。

マックスを尋問した時に、フォックス大佐はバナナフィッシュのことを知っていました。そして、それを今度は自分が利用しようと考えたようです。ゴルツィネという切り札を失ったアッシュは、フォックス大佐にどう立ち向かうのでしょうか。
いよいよ次回で最終回、物語がどんな形で終わることになるのか、とても気になります。
今回は、前回から続く「のぶ」の危機と、先帝(?)がやって来るお話でした。

ご禁制のラガーを販売しているとして、ピンチに陥った「のぶ」。そして、バッケスホーフとの対決の日がやって来ました。その判断を下すのは、徴税請負人のゲーアノートです。ゲーアノートは、輸送業者を細かく調べて、何樽からのラガーが国内に持ち込まれたことを突き止めていました。

バッケスホーフは、それみたことかとあざ笑います。しかし、持ち込まれたラガーのどれもが、「のぶ」には運び込まれていないことも判明していました。その上、その1つはバッケスホーフ商会に持ち込まれたことが明らかになりました。
それを聞いてうろたえるバッケスホーフを、ゲーアノートはさらに追い詰めます。

ご禁制のラガーの味を、なぜバッケスホーフが知っていたかをゲーアノートは問題にしたのです。バッケスホーフは、何とか言い逃れようとしましたが、ゲーアノートの鋭い追求にあって、待機していた衛兵たちによって逮捕されたのでした。
こうして「のぶ」は、危機を免れることができました。

後半では、先の事件のこともあり、「のぶ」はしばらくビールの販売を自粛しようとしていました。そこにヨハンが、老人を伴ってやって来ました。老人は「のぶ」のビールを楽しみにしていました。それを知った大将は、お客さんに喜んでもらえるならと、ビールの提供を再開しました。

生が出せるようになり、しのぶは一気に元気が出ました。お客さんがおいしそうにビールを飲んでいる姿が、しのぶは本当に大好きなのでした。

そして大将は、老人の注文に合わせてさまざまな料理を提供します。その1つのカレーの煮付けを、配膳しようとしたエーファが落としてしまいました。老人はダメになった料理よりも、エーファを気遣ってくれました。そして自分の持っていたハンカチを、エーファに差し出しました。

なかなかの食通らしいこの老人は、どうやら先帝みたいですね。この人に認められたということは、「のぶ」のこれからは安泰かな。(^^)
漫研の応援と合宿のお話でした。

チア部に、漫研から応援の依頼が来ました。漫研で何を応援するのかと思ったら、入稿まで残り1日で必死に頑張っていたのでした。寝落ちしそうな部員を起こすのが一番の目的でしたが、難しい作画のモデルになったりと意外と活躍してました。漫研の部室に置いてあったマンガを読んだせいで、こはねに変なスイッチが入ってましたけど。(^^;

そんな漫研の頑張りを見たことがきっかけで、チア部は上を目指すために大会への出場を考えます。でもそれは、ひづめのトラウマを思い出させるのでは!?と、花和は心配します。しかし、今のひづめはベストを尽くせばそれでいいと考えるようになっていました。

そして集中的に練習するために、ひづめのコネを使って合宿をすることになりました。合宿と聞いて、部員たちのテンションもチア以外の方向で上がっています。そしてひづめは、合宿での目的がもう1つありました。何となく距離を置かれている気がする花和と、もっとお近づきになりたかったのです。

途中いろいろと誤解はありましたが^^;、最終的にはひづめと花和の関係も多少は向上しました。そして、海で行われる地元のイベントに参加することになりましたが、うまく場を盛り上げることができるといいですね。
いよいよ男子・団体戦の開始です!

個人戦は満足できる成果を上げられなかった風舞高校弓道部ですが、団体戦ではと海斗を中心にリベンジに燃えています。
マサさんは、そんな部員たちをリラックスさせようとしますが、部員たちの空回りは止まりません。その上、出場辞退する学校が出たことで、風舞高校は宿敵(?)の桐先高校と一緒に弓を射ることになりました。

そして試合が始まりました。目に入るところに桐先高校がいるせいか、風舞高校の選手たちは緊張してしまい、いつもの実力を出すことができません。そして最初の試合では、風舞高校は惨憺たる結果に終わったのでした。

次の試合までの休憩中、風舞高校の選手たちはそれぞれに自分を責めていました。そこに遼平がお世話になった、弓具店の店主が現れました。試合の途中で、遼平は弓の弦が切れてしまったのです。しかし遼平は、前日にそのお店で新しい弦を買っていたのです。

新しい弦に変えた方がいいと思っていても、遼平は使い慣れた弦の方が安心できると思い、試合前に弦を張り替えなかったのです。試合では、それが裏目に出てしまいました。そんな遼平に、店主はもっと自分の腕に自信を持っていいと励ましてくれました。

そして個人戦に続いて、不本意な結果だった海斗も落ち込んでいました。そんな海斗に、七緒が声をかけます。七緒は海斗を挑発するようなことを言っていますが、それは海斗のことを考えてのことでした。七緒が弓道を続けているのも、海斗を見守りたいという気持ちからでした。

その話を七緒から聞いた湊は、自分は何のために弓道を続けているのか考えました。湊が弓道に打ち込んでいるのは、幼い日に聞いたツルネに魅了されたからでした。それこそが、湊が何よりも弓道に求めていることでした。

そして試合の続きが始まりました。そこでは、風舞高校の選手たちは実力を発揮することが出来ました。中でも一番驚かされたのは、早気に悩まされていた湊がついにそれを克服する兆しが見えたことです。まだ理想のツルネではありませんが、湊のツルネはそれまでとは違って聞こえました。

そして風舞高校は、なんとか本戦へと進むことが出来ました。試合の後、静弥の前に愁が現れました。愁は、自分のライバルになれるのは湊だけだと思っていました。幼い日に一緒に弓道の指導を受けた日から、愁は湊のまっすぐさに影響されてきたようです。

さらに愁は、静弥は弓道を愛してないと断言しました。その言葉に、静弥はショックを受けました。静弥が好きなのは、弓道ではなく湊だと、愁には見抜かれていたのです。

というわけで、湊も復調して風舞高校弓道部のこれからが楽しみになってきました。(^^)
瞳美が琥珀と、絵の中に入る魔法を実現させるお話でした。

将との一件以来、瞳美とあさぎの関係はギクシャクしています。あさぎとの関係を修復したくて、瞳美は勇気を振り絞りました。そんな瞳美に、あさぎも応えてくれました。あさぎも今回の件では、瞳美は何も悪くないと理解はしていたのです。しかし、頭ではわかっていても、瞳美と顔を合わせると、つい素っ気ない態度をとってしまっていたのです。

瞳美が勇気を出してくれたおかげで、ようやくあさぎも自分の本当の気持ちを瞳美に伝えることができました。こうして瞳美とあさぎのギクシャクした関係は、なんとか修復されたのでした。とはいえ、2人の女の子を泣かすことになった将は、自分がその原因だと気づいていませんでしたが。(^^;

そして文化祭の時期が近づいてきました。魔法写真美術部は、文化祭での作品発表に向けて忙しくなりました。それを見ていた琥珀は、魔法部としても何か出来ないかと考え始めました。そして琥珀は、絵の中に入る魔法を文化祭で披露したらどうかと思いつきました。

それは以前、瞳美が唯翔の絵の中に入ったことがアイディアの源でした。その魔法を実行するのを、琥珀は瞳美に任せました。前にそういう体験をしたことのある瞳美には、そういった魔法の才能があると考えたのです。こうして瞳美は、琥珀と一緒に絵の中に入る魔法の練習を始めました。

そしてついに、最初に決めた時間だけ絵の中に入る魔法を使うことが出来るようになりました。その成果を、瞳美と琥珀は魔法写真美術部で披露します。そのための絵は、みんなからのアイディアをもらって唯翔が描きあげていました。

そして瞳美たちは、絵の中へと入り込みました。そこでは瞳美も、他の人たちと同じように色を見ることが出来ました。唯翔と2人で絵の中を探検する瞳美でしたが、金色の魚を見た後で2人ははぐれてしまいました。そして唯翔は、石像になった瞳美と、固く閉ざされた扉をみつけました。

扉を開けて中に入ると、そこには幼い時の瞳美がいました。瞳美は絵を描いていましたが、お姫様と女王様の間には真っ黒く塗りつぶされていました。唯翔は、さまざまな絵を描いて、お姫様と女王様が一緒になれるようにしてあげようとしましたが、どれも瞳美を納得させるものではありません。

そして時間が切れて、瞳美たちは元の世界に戻ってきました。唯翔は、絵の中で見たことを瞳美に話しました。それを聞いた瞳美は、自分のお母さんのことを唯翔に話しました。月白の家は、代々続く魔法使いの家柄です。ところが、なぜか瞳美のお母さんだけは、魔法を使うことが出来なかったのです。

そんなお母さんを喜ばせようと、幼い瞳美はいろいろな魔法を使ってみせました。しかし、それが結果的にお母さんを追い詰めてしまうことになりました。そしてある日、お母さんは瞳美の前からいなくなりました。それ以来、瞳美はお母さんの気持ちを思いやることができなかった自分を責め続けていたのです。

話を終えた瞳美に、唯翔は瞳美は悪くないと言ってくれました。そしてその言葉に、瞳美は救われたのでした。

というわけで、あさぎとの関係も修復されて、物語に新しい動きがありました。絵に入る魔法をきっかけに、ようやく瞳美の事情が少しわかりました。瞳美が魔法を嫌っていたのは、お母さんのことがあったからなんですね。
絵の中に入る魔法は楽しそうですが、一歩間違えば絵から出られなくなりそうで^^;、ちょっと怖いですね。
麻衣とのどかの入れ替わりが、解決するお話でした。

母違いの姉の麻衣と、のどかの体が入れ替わり、互いを入れ替えた生活が続いています。CM撮影中に、プレッシャーから過呼吸で倒れたのどかは落ち込んでいます。そんなのどかに、咲太は肩の力を抜いて自分らしくすればいいと教えます。

あらためて再開されたCM撮影では、12回の失敗はありましたが、のどかは何とか撮影をクリアしました。しかし、それはますますのどかを落ち込ませただけでした。

一方、のどかの代わりを務める麻衣は、スイートバレットのライブに向けて頑張っています。麻衣からそのチケットを渡された咲太は、のどかを連れてライブを見に行きました。

そこでは麻衣が、ライブ中の仲間のミスまでフォローする、完璧なライブを行っていました。そしてライブ終了後に発表される、次のライブのセンターには麻衣が選ばれたのです。それを知ったのどかの母は、のどかに見せたことのない様子で喜んでいます。

耐えきれなくなったのどかは、咲太と海に向かい、そのまま自殺しようとします。そんなのどかを、咲太は強引に連れ帰りました。そして咲太は、麻衣が隠していた大切なものを、のどかにみせました。それは幼いのどかが、憧れのお姉ちゃんに出した手紙でした。

口ではのどかを嫌いと言っていた麻衣ですが、本当はのどかが大好きだったのです。幼い頃から芸能活動をしていた麻衣を支えたのは、そんなのどかの手紙と期待だったのです。のどかが麻衣の本当の気持ちを知ったところに、麻衣が現れました。

そして、2人は元の姿に戻りました。これで万事愛でたし、めでたしと思いきや、のどかが麻衣の姿をして咲太と一緒にいたところを、スクープされていたのです。これからの麻衣の芸能活動は、どうなってしまうのでしょうか。

メインの物語が進行する裏側で、自宅に引きこもっているかえでに変化が生まれています。引きこもりを脱して、かえでは再び学校に通うことが出来るのでしょうか。
生徒会劇のために、夏休みの合宿が行われることになるお話でした。

こよみに執筆を依頼した、生徒会劇の脚本が書き上がりました。こよみは読ませるのが恥ずかしそうでしたが、それを読んだ生徒会メンバーの評判は悪くありません。

演じる人をイメージして、こよみは脚本を書きました。主役の記憶を失った女の子は、燈子をイメージしたものでした。劇の中では記憶を失った女の子に、様々な人が全く違う彼女の過去を話す形で進行するようです。

燈子の恋人として登場するのは、男の子ではなく女の子で沙弥香をイメージして作られました。学校内で2人を夫婦と呼ぶ人たちがいることから着想したようですが、思いっきり真実を突いているのが凄いですね。(^^;

文化祭が近づくと、生徒会活動が忙しくなって練習時間の確保が難しくなるため、燈子は独断で夏休みに合宿をして劇の稽古をする手はずを整えました。

その一方で先日の体育倉庫の一件以来、侑と燈子の間はちょっとギクシャクしています。燈子は、ちょっと強引にいきすぎたと反省して、ちょっと我慢して侑と距離を置こうとしています。そんな燈子の様子に、侑は気がつきました。そして侑の方から、大丈夫だと言ってあげることで、ようやく燈子は安心したのでした。

そして夏休みになりました。侑は、中学時代に同じソフトボール部員だった菜月と出会いました。菜月は、侑の覚めた様子に、器の大きさを感じていました。本当は同じ学校に誘って、ソフトボールを続けさせたかったようですが、結局それは言い出せませんでした。

生徒会活動で忙しそうにしている侑を知って、菜月は自分の見たかった侑の姿を見られたと思いました。菜月は、心がいっぱいで、余裕がないくらい何かに打ち込んでいる侑を見たかったのです。

そして夏合宿の日が近づきます。燈子の父は、燈子が生徒会劇をすることを快く思っていません。亡くなったお姉さんになろうとするのではなく、燈子には燈子らしい生き方をして欲しいと思っているからです。

しかし、今の燈子には、自分がお姉さんの代わりになることしか頭にありません。燈子がお姉さんにこだわるのは、お姉さんが事故に遭った原因が自分にあると考えているからのようです。そんな風に病んでいる燈子の心が、救われる日が来るのでしょうか!?
テレザート星を目指すヤマトの前に、謎の宇宙ホタルが現れるお話でした。

大帝ズォーダーの究極の選択を、幸運に恵まれて乗り越えたヤマト。しかし、その出来事が古代に与えたストレスは、小さなものではありませんでした。表面的には平静を装っている古代ですが、佐渡先生の見立てでは心身共に大きなダメージを受けているようです。

それでもヤマトは、テレサの呼びかけにこたえて、テレザート星を目指します。そんなヤマトの前に、不思議な赤い宇宙ホタルが現れました。小さな光る宇宙ホタルは、瞬く間にヤマトの艦内に広まりました。そしてホタルの光を見ていた人たちに、異変が起きました。

宇宙ホタルには、人を幻惑する力があったのです。それが原因で、古代と空間騎兵隊の斉藤が乱闘寸前になりました。その上、宇宙ホタルは波動エンジンにも悪影響を与えました。その危機を救ったのは、佐渡先生から渡された殺虫剤を散布したアナライザーでした。殺虫剤を浴びた宇宙ホタルは、たちまち活動を停止して消し炭のようになりました。

危機を乗り越えたヤマトに、再びテレサからのメッセージが届きました。テレサからのメッセージは、親しい人の姿をとって現れました。そこで古代は、沖田艦長から励ましの言葉をもらいました。それは何よりも、古代を力づけるものでした。
そしてヤマトは、予定通りテレザート星を目指します。

これで終わりかと思ったら、ガトランティスにデスラー総統の姿が!
大帝ズォーダーは、デスラーの持つ執念という感情に興味を持って、彼に便宜を図ります。艦隊を手に入れたデスラーは、今度はどんな形でヤマトの前に現れることになるのでしょうか。

宇宙ホタルのエピソードは、なくてもいいんじゃ!?と思いましたが^^;、ようやくデスラー総統の登場ですね。
アッシュをかばって、英二が撃たれるお話でした。

仲間を人質に取られて、アッシュもフォックス大佐に捕まりました。そんなアッシュを、英二は助けようとしますが、大佐の部下は統制が取れていて隙がありません。マックスたちが国立精神衛生センターに連行されていく中、アッシュだけはフォックス大佐の元に残されました。

フォックス大佐は、アッシュに手を組まないかと誘います。今はゴルツィネの下で働いている大佐ですが、ゴルツィネがアッシュたちを狙う詳しい理由は知りませんでした。しかし、その裏に大きな秘密が隠されていることに大佐は感づいたのです。そこで大佐は、アッシュを取り込もうとしました。

しかしアッシュは、その申し出を断りました。そんなアッシュを大佐は痛めつけて、屈辱を与えて自分の言いなりにしようとします。しかしアッシュは、断固として大佐に屈しません。そして大佐は、部下たちにアッシュを任せて立ち去ります。

そこに1つのチャンスが生まれました。大佐が残した吸いかけのタバコの火を使い、アッシュは自由を奪っている縄を焼き切りました。そしてアッシュは、大佐を部下たちを殺して反撃に出ます。外からアッシュの様子をうかがっていた英二たちは、このチャンスを利用して攻撃を仕掛けました。その奇襲が成功して、アッシュは無事に救い出されました。

アッシュが逃げ延びたことを知ったユエルンは、再びアッシュの弱点である英二を狙おうとします。しかしブランカは、そんなユエルンの命令には従いませんでした。そこでユエルンは、チャイニーズの中に潜ませたラオたちを使ってアッシュと英二を狙います。

その頃、国立精神衛生センターに連れ込まれたマックスは、アッシュが最後の切り札として残した情報の隠し場所を聞き出すために、痛めつけられていました。自白剤を使われて、マックスは口を割ってしまいましたが、それより先にアッシュが情報が保管されていた貸金庫からデータを救い出していました。

そんなアッシュたちを、ユエルンに従うチャイニーズたちが狙います。英二と一緒にいる時が、アッシュが一番油断しているからです。彼らに襲撃された時、英二はとっさにアッシュをかばい撃たれました。アッシュも銃弾を受けましたが、英二を傷つけられた怒りが、それを上回りました。

英二を傷つけた男たちに、アッシュは怒りの弾丸を連射します。その時のアッシュは、恐ろしい野生の獣のように怒りに燃えていたのです。アッシュをかばった英二は、意識を失う前に彼が無事だったことを何より喜びました。英二はこのまま命を落としてしまうのでしょうか。そして何よりも大切な英二を傷つけられたことで、これからアッシュがどんな反撃に出るのか気になります。
その後の「ARIA」が描かれる、「ARIA The AVVENIRE」を視聴しました。

物語は灯里がアイの先輩となり、アイがゴンドラの練習をしているところから始まります。本編は、3部で構成されていますが、それぞれの冒頭に牧野由依さんが歌う、第1期〜第3期のOP主題歌が使われていて胸熱でした。

第1部では、灯里がアイに、現役時代のアリシアの誕生日にまつわるエピソードを、アイに聞かせます。そして今も多忙な
アリシア、晃、アテナの3人が、偶然に勢揃いする瞬間をアイが目撃します。

第2部は、アイが姫屋とオレンジプラネットの新人と仲良くなるお話です。3人は、アイのケット・シー探しに協力してくれて仲良くなりました。そんなアイに、灯里はケット・シーとの最後の出会いの話をしてくれました。

第3部は、アイたちが忙しい先輩たちのために、みんなで顔を合わせられる機会を用意するお話でした。このエピソードには、灯里たちが一人前になった時の回想シーンがあるのですが、そこでアテナさんの歌とセリフが聞けたところで、涙腺崩壊してしまいました。(;_;)

アテナさんの声を担当された川上とも子さん、そして歌を担当された河井英里さん、どちらも残念ながらお亡くなりになってしまいました。しかし、ご本人がいなくなっても、"作品"という形で今もその素晴らしさに触れることが出来るのはうれしいことですね。

というわけで、本当に久しぶりにARIAの世界を堪能できました。(^^)