日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


双葉と光が、お互いにあだ名で呼び合うようになるまでのお話でした。

教室の中で、双葉は孤立した存在でした。本当は友達と一緒にお弁当を食べたり、話をしたりしたいのに、どうしてもそれができません。自分は一人がいいと双葉は思い込もうとしますが、やはり寂しさは残ります。そんな双葉にいつも声をかけてくれるのは、光だけでした。

不思議なことに、双葉は光になら自分の不安を打ち明けることができました。そして双葉は、光から思いがけないことを聞きました。いつも明るく元気な光ですが、双葉と同じように人と話すのは苦手だというのです。光の場合は、双葉とは違い不安になるのではなく、自分のいいたい言葉を見つけ出すのが苦手なのでした。

そして光は、双葉を満開の桜のトンネルが見られる場所へと連れて行きました。この町のことを知らない双葉に、こんな素敵な場所があると教えて勇気づけてくれたのです。そして光は、お祖母さんから教わったことを教えてくれました。
「今日を不幸だと思う人は、いつでもどこでも不幸」でも、「今日を幸せだと思う人は、いつでもどこでも幸せ」。これは本当に名言だと思いました。

落ち込んでいたりすると、つい物事の悪い面ばかりが見えてしまいます。でも、ちょっと視点を変えてみれば、そんな中でもささやかな幸せを見つけることってありますよね。幸せなののも、不幸なのも、全ては自分の心ひとつ。そう思うと、何だかちょっぴり元気が出ますね。(^^)

そしていよいよ、部活の仮入部を決める日がきました。光は既に入部する気満々ですが、双葉はあくまでも仮入部が目的です。2人でダイビング部の部室に行くと、そこにいたのは先週光と激しいバトルを繰り広げた火鳥先生でした。
火鳥先生は、ダイビング部の顧問でした。2人が入部&仮入部したいことを伝えると、火鳥先生は最初の課題としてダイビングのために必要な勉強をするようにすすめました。

水深によって気圧が変わり、それがダイバーの体にさまざまな影響を与えること。そして、それにどう対処したらいいかを双葉は学びます。耳抜きの方法を教わったり、深いところから水の上に出る時の注意点を学びます。でも、火鳥先生が教えるのは、あくまで基本的なことだけ。そして、その先は双葉自身に考えさせます。水の中で最後に頼れるのは、自分自身だけなので、火鳥先生はあえてこういう教え方をしたのかもしれませんね。

そして光のアドバイスもあって、双葉はちゃんと自分で答えにたどり着くことができました。光の手をとって喜び合ううちに、双葉はいつの間にか光のことを「ぴかり」とあだ名で呼んでいたのでした。こうして双葉と光は、ますます親密な関係になりました。(^^)

というわけで、光と双葉の百合百合な関係が、さらに深まるお話でした。(^^;
その一方で、ゆったりとした作品に流れる空気が心地いいですね。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/9819-a4a47f86

アニメまとめてプチ感想(リルリルフェアリル・あまんちゅ・RINNE2期)
リルリルフェアリル~妖精のドア~ 第25話 校外学習伏線エピ、カブトとクワにスポット。 人間界のゲームに感激の二人、リトルフェアリルを魔法でゲームの世界に。 ちょっとやりすぎ、ひとりよがりはいけません。 反省シーンがちゃんとあるのが良いね。 後半はアイドル路線への布石か、フェアリル界のアイドル、スターくん登場。 全力応援のさくらちゃんがほほえましい。 スターくんとさくらちゃんが...

2016.07.27 19:27 | のらりんすけっち

あまんちゅ! 第3話「わくわくと幸せのコツのコト」
あまんちゅ! 第3話「わくわくと幸せのコツのコト」です。 『あまんちゅ!』は『A

2016.07.26 23:04 | 藍麦のああなんだかなぁ

あまんちゅ! 第3話 「わくわくと幸せのコツのコト」 感想
双葉のぼっちめし…

2016.07.26 21:02 | キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記

あまんちゅ! TokyoMX(7/24)#03
第3話 わくわくと幸せのコツのコト 未だクラスに馴染めないテコ。ランチも話しかけようとするが出来ずに1人。そんな彼女に声をかける光。駐輪場でも声を掛けて一緒に下校する。実は感情や気持ちを伝えるのが苦手な光、ホイッスルで伝えようとする。テコには直ぐには伝わらない。いつも待っているテコは毎日が不安だらけ。ダイビング部の仮入部も不安だった。 光が向かった先は桜並木で綺麗だった。今日が幸せなら、いつ...

2016.07.26 20:53 | ぬる~くまったりと