日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


まどかとユリカノの体が入れ替わってしまうお話でした。

ディセルマインの怪しげな実験のせいで、まどかとユリカノは体が入れ替わってしまいました。しかし、それは周囲にはわかりません。2人が入れ替わったことで、混乱はさらに拡大するのでした。それに加えて、ユリカノはまどかだと思ったムギナミに無理矢理助けられ、まどかはユリカノだと信じるディセルマインの部下たちに救命ポッドで脱出させられてしまいました。

その間にも、レ・ガリテ艦隊に謎の結晶が広がっていました。まどかを探すランは、結晶に押しつぶされそうになりましたが、地球から駆けつけたウォクスに救われました。そして同じく真空の中に放り出されたムギナミも、自分のウォクスに助けられたのでした。

さらに地球からは、キリウスたちがユリカノを救うためにやって来ました。しかし彼らは、レ・ガリテから出てきたオービットに囲まれて苦戦しています。それを救ったのは、まどかの体を借りたユリカノでした。ユリカノとして覚えた知識はまどかの体でも使えるようで、レ・ガリテのオービットを盗み出したユリカノは優秀なパイロットとしての実力を発揮してキリウスたちを守ったのでした。

しかし、まどかの顔で急に自分はユリカノだと言っても信じてもらえません。そこでユリカノは、自分がユリカノだと明かすために恥ずかしい過去をしゃべることになったのでした。(^^;

一方、救命ポッドに入れられたまどかは、とりあえず非常食を食べていました。そんな時偶然、まどかは通信機のスイッチを入れてしまいました。その通信は、まどかの独り言を周囲の艦隊中に放送することになったのでした。
ユリカノの体を借りたことで、まどかはユリカノの記憶の一部も共有したようです。そしてディセルマインとヴィラジュリオが争うことで、ユリカノが苦しんでいたことを知ったのでした。

2人はこのまま当分体が入れ替わったままなのかと思いましたが、意外とあっさり元に戻りました。思いを伝えたユリカノは、光となって消えていったのでした。また輪廻の向こう側の世界にいってしまったのでしょうか!?
そんなユリカノに、まどかはまた会おうと約束するのでした。

こうして再びディセルマインとヴィラジュリオが対面することになりました。ユリカノの心情を知って、2人は少しは素直になれるでしょうか。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/7463-1cbf2543

輪廻のラグランジェ Season2 第6話 鴨川にも届け・・この声
輪廻のラグランジェ シリーズ 第19話 (OVA 鴨川デイズを含んだ話数カウントです)

2012.08.16 07:22 | しるばにあの日誌

輪廻のラグランジェ season2 第5話・第6話
先週、オリンピックの影響で放送がお休み、今週2話連続です(´□`;) 「鴨川にも届け、この声」 工工エエエエェェェェェ(゚Д゚;)ェェェェエエエエ工工 ユリカノってばランのお...

2012.08.15 21:40 | 日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w)

輪廻のラグランジェ season2・第6話
「鴨川にも届け、この声」 ディセルマインによる実験の最中の暴走。その結果、ユリカノの肉体が出現し、まどかとユリカノの精神は入れ替わる。だが、肉体と精神の入れ替わりに気

2012.08.15 20:17 | 新・たこの感想文

輪廻のラグランジェ season2「第6話 鴨川にも届け、この声」/ブログのエントリ
輪廻のラグランジェ season2「第6話 鴨川にも届け、この声」に関するブログのエントリページです。

2012.08.15 18:50 | anilog

輪廻のラグランジェ Season2 第6話 『鴨川にも届け、この声』 ムギナミ拳法は強かった。
燃えよムギゴン。ジークンドーに合気道っぽい動き。ムギナミは格闘術もお手の物。美人で巨乳でウォクスも苦もなく操作。何でも卒なくこなす娘さんです。 そして肝心のまどかとユリ

2012.08.15 17:31 | こいさんの放送中アニメの感想

「輪廻のラグランジェ season2」第6話
歯食いしばれ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201208130002/ 輪廻のラグランジェ season2 1 (初回限定版) [Blu-ray]バンダイビジュアル 2012-09-21売り上げランキ

2012.08.15 16:38 | 日々“是”精進! ver.F