日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


メイドインアビスも、今回で最終回です。今回は、ナナチとミーティのあまりにも残酷な過去、そして復活したリコにナナチも加えての冒険の始まりです!

前回、火葬砲を撃った後でレグが意識を失わないのが不思議でしたが、ナナチからミーティを殺して欲しいと伝えられた後で、ちゃんと意識を失ってました。ナナチのレグの連れ帰り方がけっこう雑だったなあ。(^^;

そしてレグは、ナナチとミーティの凄絶な過去を知りました。元々ナナチとミーティは、地上の街で浮浪児として生きていました。その頃の2人は、リコと同じ年頃の普通の子供でした。ナナチは盗みや恐喝ができず、ゴミとして捨てられたものを漁って生きていました。そんなナナチが憧れていたのが、ゴミとして捨てられていたアビスのことを書いた本でした。それを読んだナナチは、奈落の底に憧れを感じていました。

そんなナナチの前に、ボンドルドという白笛が現れました。彼は大勢の子供たちを集めて、第5層にある彼の前線基地へと連れて行きました。その中に、ナナチにとって大切な存在であるミーティもいました。ミーティは奈落の底に憧れていました。そして、その相棒としてナナチを選んでくれたのでした。

第5層で暮らしていたある日、ナナチはボンドルドが恐ろしい実験を行っていることを知ってしまいました。なんとボンドルドは、集めた子供たちを利用して第6層の呪いがどのようなものであるのか人体実験をしていたのです。そしてナナチは、ミーティと一緒に第6層へと送り込まれました。そして再び第5層へと引き上げられます。その時に及ぶ呪いは、ボンドルドの作った装置のせいで、ナナチの分もミーティに送り込まれるようになっていました。

その結果、ナナチはぬいぐるみのような姿になり、ミーティは不定形生物のような姿になってしまったのです。(;_;)
しかしミーティの悲劇は、それだけではありませんでした。二重の呪いを受けたミーティは、殺しても死なない体になっていたのです。それを確かめるために、ボンドルドは何度もミーティが死ぬような実験を繰り返していたのです。

それを知ったナナチは、ミーティを連れてボンドルドの前線基地から逃げ出しました。そうして今の隠れ家を見つけて、そこでナナチはミーティを殺してあげる方法を探していたのです。ナナチの行動は残酷なようにも見えますが、それはミーティを永遠の苦しみから救うためでした。死なないとはいえ、体を傷つけられればミーティは苦しむのです。そして、もしもナナチがミーティを殺せなかったら、その後も永遠にミーティは苦しみ続けることになってしまいます。(涙)

リコを救ったナナチの高度な治療技術は、そうしたミーティを殺すための試行錯誤の過程で身につけたものでした。そして、ナナチはミーティの傷が治らなかった唯一の方法である、全てを焼き尽くす火葬砲の光ならミーティを殺すことができるからこそ、レグにミーティを殺して欲しいと頼んだのです。

ナナチの事情を知っても、さすがにレグもすぐにはミーティを殺す決断はできませんでした。しかし、ミーティのことを本当に大切に思っているからこそ、ナナチがミーティを殺して欲しいと頼んだことを理解して、ついにミーティに火葬砲を放ちます。この場面、火葬砲を撃とうとしたレグを、一度ナナチが止めるのも、ナナチのミーティへの深い思いが感じられました。(;_;)

こうしてミーティは、レグの火葬砲でようやく死ぬことができました。そしてレグが火葬砲の後の眠りから目覚めると、リコが先に目覚めていました。元気そうなリコの姿を見るのは、本当に久しぶりな気がして胸がいっぱいになりました。(;_;)

そしてリコは、自分が意識を失っていた間の話をしました。そこでリコは身動きもとれない苦しい状態でした。そんなリコの支えになってくれたのが、ミーティらしき人の存在だったのです。そしてミーティがレグに葬られた時、リコは夢の中で憧れを目指して進んでゆくミーティの姿を見ていたのでした。

やがてリコの傷も癒えました。もっとも完全に直ったわけではなく、左手は親指以外は動かせなくなっていました。一時は腕の切断まで考えたことを思えば、これでも凄いことです。そしてさらに凄いのは、こんな目に遭いながらもリコはさらに先に進むことをやめようとはしないことです。数多くの探窟家が、そしてミーティが持つ未知のものへの憧れ。それが今もリコを前に進ませます!

先を目指すにあたり、リコたちはナナチの隠れ家で冒険の準備を整えます。そしてついに、リコたちはさらに先へと進みます。その前にリコは、孤児院の仲間へのメッセージを気球に乗せて送ります。気球は途中でマルルクに発見されて修理されて、さらに上へとのぼります。そしてついに、気球はナットたちのところまで届きます。この気球でメッセージを地上に送る場面で締めくくったのは、冒険の始まりの場所に物語がいったん還った感じで、とても上手いなあと思いました。

そうそう。ナナチたちを酷い目に遭わせたボンドルドは、前線基地にいながらミーティが死んだことを知ったようです。それを知るための装置が、ナナチやミーティには仕掛けられていたのでしょうか!?
アビスの呪いも恐ろしいですが、それ以上に恐ろしいのが人間だというボンドルドを見ていると思います。

というわけで、リコたちの冒険はまだまだ続くというところで、ひとまずの最終回となりました。
最初は作画のきれいさやキャラの可愛さに驚きましたが、それに合わないブラックさも抱えた作品で驚きました。この続きも、ぜひ第2期として放送して欲しいです。(^^)

ルパンさん、いつもお世話になります^^
どうしてナナチはレグにそんなことを頼んだのだろう?今までミーティの世話をしていたのに・・
と思ったら、こんな過去があったのですね><。
オーゼンは不愛想で悪そうな雰囲気だったのに本当は(たぶん)やさしい情のある人。
それに対してボンドルドはやさしそうに語り掛けながら残酷で怖い!
(だけど森川さんのこのしゃべり方好きだったり^^;)
人間てわかりませんね++;

コメントついでにお知らせなのですが、
なんとgooブログが11月27日でトラックバック機能終了だそうですーー;
その頃までにfc2移転を考えています。
よろしかったら引っ越し後も相互リンクをお願いします m(_ _)m

2017.11.01 18:30 URL | ハトはは #HuBhO90w [ 編集 ]

こんばんは。こちらこそお世話になります。

ナナチとミーティの凄絶な過去には、本当にただただ涙でした。(;_;)
特にナナチが、自分がいなくなった時のことまで考えたからこそ、レグにミーティを殺してと頼んだと分かった時に、ナナチのミーティに対する愛情の深さを感じました。

そういえば、オーゼンもかなり悪そうな雰囲気でしたが、結局いろいろと世話を焼いてくれて、いい人でしたね。(^^;
ボンドルドは優しそうな語り口と、行動の残酷さのギャップが酷いですね。今回はボンドルドとリコたちの出会いはありませんでしたが、この後で絶対に出会いそうですね。その時を考えると、楽しみというより怖いです。(^^;

それから、入れ違いでハトははさんのブログにおいで、おいでしちゃったんですが^^;、FC2への移転お待ちしています!
一応10年以上使ってるので、基本的なことで何かわからないことがあれば、少しはお役に立てると思います。(^^;
そして、こちらこそお引っ越し後も相互リンク、よろしくお願いします。(^^)

2017.11.01 21:43 URL | 横溝ルパン #- [ 編集 ]

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/10326-ff4a5f1a

メイドインアビス 第13話(終) 『挑む者たち』 ナナチとミーティの過去...もう嫌な予感しかしない。
既に結果が出ている訳で。ミーティがああなっちゃった過程を見せられる、見る前から身構えちゃいますね。貧民街で明日をもしれぬ生活をしていたナナチ。パッと見気弱そうな銀髪の少年ですね。ボンドルドによって同じような境遇の少年少女が大量に集められると。こんな生活が続くなら…と応募したナナチ。 貧民街だけに同じこと考えた人多かったんでしょうね。かなり多くの少年少女がゴンドラに乗せられて、い...

2017.10.30 12:10 | こいさんの放送中アニメの感想

メイドインアビス BS11(9/29)#13終
最終話 第13話 挑む者たち ミーティを殺してくれとレグに頼むナナチ。 極北の地セレニを白笛ボンドルドが訪れ子供たちの希望者を募った。 アビスの謎を解明するための協力者として子供たちを集めた。 深度1万3千mの深界5層に移動する。 そこでナナチはミーティと仲良くなりコンビになる。 奈落文字が読めるナナチ、誰も読めないので捨てていた本を  拾って学んでいた。 深界5層でボンドルドは子供たちを利...

2017.10.30 04:21 | ぬる~くまったりと