日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ひなたがいじめのターゲットとなった理由が描かれました。(;_;)

今回のお話は、視聴前から辛いお話になるだろうなあと思っていましたが、本当に辛かった。(;_;)
でも、そこで描かれたひなたの行動や零や川本家の人々の温かさに、涙なしでは見られないお話でした。

ひなたは現在中学3年生ですが、最初にいじめのターゲットになったのはひなたの幼なじみの友人・ちほちゃんでした。
クラスの班分けで決められたグループの中で、ちほちゃんがいじめのターゲットになってしまったのです。ちほちゃんは、おっとりとした優しい女の子でした。そこに徐々に悪意が襲いかかります。

ちほちゃんだけがのけ者にされたり、掃除を1人に押しつけられたり、宿題を押しつけられたり、いじめはどんどんエスカレートしていきます。それを見かねて、ひなたは自分が正しいと信じた行動に出ます。その一方で、いじめの事実を先生にも伝えます。しかし、先生はそれをいじめだとは認めてくれません。

周囲は、これ以上ちほに関わると、次はひなたがターゲットになると逃げ腰です。そしてついに、ちほちゃんは学校を休むようになり、さらには別の学校へと転校することになったのです。ちほちゃんを守れなかったことを、ひなたは悲しみます。ところが、いじめの当事者はそれをあざ笑います。

それに耐えかねたひなたは、ついにそのグループの首謀者につかみかかりました。それがきっかけとなり、今度はひなたがいじめの標的にされたのです。自分が泣いていると、モモにも悲しい思いをさせてしまうと、ひなたは家から飛び出します。その後を、零が追いかけます。

ようやくひなたに追いついた零は、ひなたの中に救いを見いだしていました。かって自分がいじめられていた時、誰も助けてくれる人はいませんでした。しかし今、記憶の中の傷ついた零に手をさしのべるかのように、ひなたがいじめられた子を助けようとしてくれたのです。そんなひなたを、零は自分の全てをかけて尽くすと誓うのでした。

そして翌日、学校帰りのひなたを零が待っていました。零は調べたいことがあるからと、図書館にひなたを誘います。そこでひなたには和菓子の本を、零自身は植物や昆虫の本を読みました。そうするうちに、ひなたは零が見ている本のテントウムシの箇所を見て、どうして漢字では天道虫と書くのかと不思議に思います。

そんなひなたに、零は実際にテントウムシをひなたの手にのせて見せてあげました。そんなひなたの手から、テントウムシは太陽に向かって飛び立ちました。それを見たひなたの顔に、少しだけ笑顔が戻ります。

そして零とひなたは、一緒に川本家に帰りました。そこには事情を聞いたお祖父さんが待っていました。お祖父さんは、ひなたのやったことは何も間違っていない。いじめのターゲットにされることを恐れず、ちほをかばったひなたの勇気を褒めました。そして正しいことをしているのだから、胸を張れと元気づけてくれたのでした。この場面のお祖父さん、本当にかっこよかったです!

ひなたのいじめ問題が、どんな形で決着するのかまだわかりません。しかし、ひなたにこの家族と零がいる限り、絶対に大丈夫だと思わせてくれる内容でした。(;_;)

とっても重たいエピソードでしたが、ひなたの味方となってくれる人たちの温かさに救われました。
モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)尾原和啓さんの「モチベーション革命」を読み終えました。最近体調が悪くて、読書がはかどらなかったので^^;、久しぶりに本を読み終えた感じです。

この本では、50,60代の世代と若い人たちの間では、仕事に対する価値観に大きな差があることを指摘しています。
年配の方達は、物がない時代を経験しているので、自分の周りに物がたくさんあったり、高級なものを持つことに価値を見いだします。しかし、若い人たちは物が十分足りている中で育ってきたので、物自身よりも自分にとっての価値を大切にしていると指摘しています。

それを踏まえて、これからの時代はロボットのように働く人ではなく、自分の好きを仕事に出来る人の時代だと著者は主張します。その背景としてロボットやAIの発達によって、これまで人間でなければできなかった仕事の領域が、ロボットやAIに置き換えられるようになっていることをあげています。

そんな時代にチャンスがあるのは、今までのようにがむしゃらに働くことに価値を見いだしてきた世代ではなく、自分の好きなことなら打ち込める世代だと書かれています。その上で、好きなことを仕事にするための方法として、異なる個性が集まったチームを作ることや、ネット上で可視化されて始めた信頼の重要性などについて解説されています。

この本を読んでいて、これが当たり前の世界になったらいいなあと思いました。私自身が社会人になってから、休日出勤や残業を美徳のように考える風潮や、本当は出たくないのに付き合いで参加する飲み会に辟易した経験があるからです。(^^;
今回は、大統領になった旅人の博物館がある国と、嘘つきたちの国のお話でした。

キノと同じような旅人が大統領になった国で、キノとエルメスは博物館を見学していました。その国の住人は、博物館をキノたちに誇らしげにみせますが、いろいろと勘違いしていることも多くて、キノたちは苦笑いするしかありません。

その国では、キノと同じように旅人だった人が定住して大統領になっていました。その人もキノと同じように、モトラドに乗って旅をしていました。その人はすでに亡くなりましたが、相棒のモトラドは博物館の奥深くに大切に保管されていました。しかし、モトラドの願いは大切に展示されることではなく、自由に大地を走り回ることでした。

キノには、そのモトラドの夢をかなえてあげることは出来ませんでしたが、あちこち旅する生活に憧れる旅館の子供が、もしかしたらモトラドを救ってくれるのかもしれません。

後半は、横暴な君主に支配されていたけれど、住人が革命を起こした国です。その国の入り口で、キノはこの国から去った恋人を待ち続けている青年と出会いました。町の人たちと会って話を聞いたキノは、実は青年が待つ恋人は、お忍びで青年のもとを訪れていた王女だったこと。そして、革命派のリーダーだった青年は、自らの手で彼女に手榴弾を投げつけて殺してしまったことを知りました。

その青年に、献身的に尽くす家政婦さんがいました。彼女は旅人としてこの国にやって来て、青年の世話することになりました。しかし彼女の本当の姿は、革命の前兆を知って国外へと逃げ延びていた王女=青年の恋人だったのです。一度は国外に逃げ延びた王女は、悩んだ末に青年の元に帰ってきました。青年は彼女が自分の恋人だとは気づいていないようですが、彼女はそれでも十分に満足なのでした。

これで終わりかと思ったら、キノが出国しようとした時、青年が追いかけてきました。青年はキノに伝えたいことがあったのです。心が壊れてしまったように見えた青年は、実は正気でした。彼は家政婦が恋人だと知りつつ、正気を失ったふりを続けていたのでした。というわけで、キノがこの国で出会った人たちは、みんな嘘つきだったのでした。

今回、タイトルが「嘘つき達の国」だったので、最初に登場した国がその国なのかと思って戸惑いました。(^^;
最初の国が何の国なのかわかるように、サブタイトルを2つにしてもよかったんじゃないかなあ。