日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ねねが、青葉の会社のデバック要員としてやって来るお話でした。

大学生のねねは、長期の夏休みに突入です。一方、社会人の青葉は仕事が忙しくてお休みどころではありません。
そんな中、ねねはイーグルジャンプがアルバイトを募集しているのを見つけました。青葉の職場を見たいこともあり、ねねはそのバイトに応募したのでした。

ところが、いきなり初日から遅刻で^^;、うみこに目をつけられてしまいました。その上、仕事よりも青葉のことが気になって、かなり落ち着きがありません。そんなねねを、うみこは他社から送り込まれてきたスパイではないかと疑ったりしました。

そして青葉の方が先に、ねねが会社にいるのを見つけてしまいました。でも、ねねが自分を心配してやって来たことを察して、ねねに見つけられたふりをしてあげるのでした。そんな2人に、りんが釘を刺しました。2人が友達なのはわかりますが、あくまでも会社はお仕事をするところですから。(^^;

青葉は、ねねをコウやゆん、はじめ、ひふみにも紹介しました。そして事件発生です!
冷蔵庫にあるおやつを自由に食べていいと言われたねねは、コウが買っておいたプリンを食べてしまったのです。楽しみにしていたプリンがなくなっていて、コウは大騒ぎしています。さらに、職場内に泥棒がいるのはチームワーク的に問題があると判断したりんは、社内メールを使って犯人に出頭するように命じました。

ねねはそれを見て自首しようとしますが、事態が大事になっていると勘違いして、素直に食べたことを言い出せなくなってしまいました。翌日、ねねは同じプリンを買って、ごめんなさいメッセージと共に冷蔵庫に置いておきました。そんなねねの様子を見て、りんはプリンを食べたのがねねだと知ったのでした。

いろいろとダメダメなねねですが、デバッグの仕事ではこれまでの世界観を踏まえたチェックをしていて、その仕事はうみこにも評価されていました。これが後の2期につながっていくんですね。

というわけで、トラブルメーカーねねのお話でした。(^^;
青葉はしっかり者という感じですが、ねねは想像以上の困ったちゃんでした。特にコウのプリンを食べちゃった事件では、いくら職場の人からおやつを食べていいと言われても、せめて誰かに「プリンをもらっていいですか?」くらいは聞こうよと思ってしまった。(笑)